document.write(''); [釣行記]岩手沿岸北部の堤防釣り場ガイド5 船越半島(浦の浜~大浦~小谷鳥~船越) | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

岩手沿岸北部の堤防釣り場ガイド5 船越半島(浦の浜~大浦~小谷鳥~船越)

編集部 2019年8月14日配信   【岩手】

岩手県山田町の船越半島周辺の堤防釣り場を紹介します。山田湾側の浦の浜、大浦漁港から船越湾側の小谷鳥漁港、船越漁港を回りました。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー



【関連】岩手沿岸北部の堤防釣り場ガイド2019
  • [1]田老(田老漁港~真崎漁港)
  • [2]宮古(蛸の浜漁港~宮古港)
  • [3]宮古南部(神林木材港~リアスハーバー~高浜漁港)
  • [4]山田町(大沢漁港~山田港)




    •  
       
       

      浦の浜地区

      浦の浜海岸に隣接する山田かき小屋のある小漁港。湾奥の砂浜(浦の浜海水浴場)から一帯に砂浜が広がるが、根も点在し、カレイやアイナメに期待できる(牡蠣養殖などの作業中は邪魔にならぬよう注意)



      牡蠣小屋前のスロープ付近
      浦の浜海岸の防潮堤
      スロープ側の岸壁
      漁港作業場前
      湾外側の小堤防

      大浦漁港

      山田湾の南側に位置する入り江を利用した漁港。港内の岸壁は小アジやイワシ、チカなどの小型回遊魚やチョイ投げでカレイ、アイナメなどを狙える。夜のソイやメバル、アナゴなども有望。外海側の防波堤はソイ、アイナメの根魚が着くほか、季節によってイカや青物などの回遊もみられる。

      [関連]

      身近な釣り場・大浦漁港



      細長い入り江状の地形を利用して作られた漁港
      港に入って左手(西側)の岸壁付近
      港内奥側の船溜まり付近
      最奥部には新しいトイレあり
      湾口側(東側)の岸壁付近。岸壁は整備されているが、防潮堤と陸側は工事中
      東側の岸壁から、先端側の漁業関連施設
      付近では防潮堤の工事が行われているので、邪魔にならぬよう気を付けたい

      小谷鳥漁港

      大浦とは陸を隔てた船越湾側にある漁港。北西の風を避けられる地形のため、冬場など他の釣り場がダメな時の逃げ場としてもおすすめ。

      砂浜と隣接し、周辺の底質は砂地に根が点在して変化に富む。カレイやアイナメ。夜のアナゴやソイ、メバルなどのほか、ヒラメの実績もある。

      船越湾に面した、岩礁帯に囲まれた漁港
      漁港の隣には砂利浜が隣接し、こちらも釣り場になる
      向かって左手の外海側の防波堤。先端付近と外海側はテトラ帯になっており危険
      スロープ付近も根魚などが着くポイント
      港内の岸壁も整備されているが、立ち入り禁止のコーンがある範囲には入らぬように
      港内の角にある流れ込み
      砂浜側の防波堤も外海側は足場が高く危険だが、港内側は根魚などを探れるポイント

      船越漁港(田の浜漁港)

      船越半島の南側の付け根付近、田の浜地区にある漁港。山田南インターや船越駅に近くアクセスも良好ながら、国道45号線側は工事中。漁協側も工事中の部分が多いので注意。

      港内、堤防周辺はちょっとした根や堤防の基礎部を探ってアイナメ、ソイの根魚が有望。投げ釣りのカレイ、アイナメやチカ、タナゴなど、足場の良い岸壁から色々な釣りを楽しめる。

      南端の荒神海岸側の公衆トイレ。駐車スペースは数台分あり
      公衆トイレ前は公園化されている
      公園からつながっている堤防
      公園の周辺は人工的な砂浜と海岸が広がっている
      水深の浅い岩礁帯の先は白砂の荒神海岸につながっている
      南側のスロープ付近
      漁協の建物と作業場付近
      漁協前の岸壁
      漁協裏側の一帯は旧防潮堤の前に新しい防潮堤を建造中だった
      新しく作られたトイレ
      防潮堤工事の影響でアクセス道路が複雑になっている。現地の看板に従うようにしよう
      漁港中央の作業場のある岸壁。この広いスペースでは網を干したりするので、竿を出す時は迷惑にならぬよう注意
      中央の岸壁の常夜灯
      漁港右奥(湾奥側)の岸壁。こちらも中央の岸壁と同様に、漁業作業のために広くなっている
      この岸壁の先から出ている小堤防もポイント
      小防波堤からは敷石の周りや、遠投してツブ根、船道周りなどを狙うと良い
      さらに湾奥側はスロープが広がる。湾奥の砂浜に根が点在するポイント
      取材時は漁港の湾奥側から対岸側(国道45号線側)にかけて、防潮堤とかさ上げの工事中だった
      港口は狭いが、エサが豊富なためか入ってくる魚は多い

      道の駅やまだ

      船越、山田方面への釣行時に便利な道の駅。物産では生ウニなども販売。食堂ではワカメラーメンなどの麺類をリーズナブルに提供している。

      物産売り場では口開けしたばかりのウニを売っていることもある


      [関連]

      初めての防波堤釣りガイド!



      【関連】岩手沿岸北部の堤防釣り場ガイド2019
 
 
PR