document.write(''); [釣行記]秋田・男鹿地磯のアオリイカエギング好機到来 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

秋田・男鹿地磯のアオリイカエギング好機到来

浅沼貴博 2019年9月25日配信   【秋田】

2019年秋のアオリイカシーズン到来。年によって好不調の波のあるターゲットだが、今季は東北日本海側各地で順調にスタート!大きいもので胴長15cm以上に成長し、これからシーズン本番を迎える。

岩手の浅沼貴博さんが秋田男鹿半島の最新の状況をレポート。

男鹿半島の地磯でエギング




 
 
 

シーズン序盤の秋田県男鹿半島に釣行!

今季初のエギングに男鹿半島の地磯へ釣友と釣行してきました。

当日はシーズン初期でアオリイカは小型が多いものの、成育状況は良好な個体も。サイズは胴長10~17センチ程と例年並み。

初期は胴長15センチをリリースとキープの基準としているが、当日の釣果は20杯で、キープとリリースは半々といった具合。

シャローエリアではエギを追尾するイカの数も多く見えたので、イカが成長するこれからは期待出来そうな状況でした。

朝マヅメは順調に釣れ始めたが・・
3号のエギを使用してアオリイカを狙った

日に日にイカが成長するこれからが盛期

この日は朝から昼までの半日ほどの釣行。朝マヅメは1投1杯のハイペースで数釣りを期待したのだが、昼近くになると青物が回遊。イカの反応が悪化し、タフなコンディションとなり苦戦し釣行終了。

当日はシーズン初期でアングラーが多く、地磯のポイントは混雑していたのでポイント移動もできず。同じポイントで投げ続けなければならない状況となり、1投1色や1色1杯のエギのカラーローテーションや、アクションに変化をつけたりして対応。反応のあるラインや根周りをタイトに攻めて攻略して釣果を上げた。

■ライン:「 VARIVASアバニ エギングマックスパワーPE X8 0.8号
原糸1本1本を超緻密に編み込んだ、VARIVASエギングPEのフラッグシップモデル。過酷な条件下でキャスティング~シャクり続けても安定した性能を発揮できる高耐久設計。
■ショックリーダー:「 VARIVAS アバニエギングリーダー フロロチタンコート2号、2.5号
高性能フロロカーボンにチタンコートとスーパータフコーティングのダブルコーティングを施し、耐摩耗性を高めたショックリーダー。岩場や海藻帯などのラインブレイクを軽減。



エギはヤマシタの「エギ王シリーズ3号」
ロッドはヤマガブランクス「メビウス88L」、「メビウス85ML」
リールはシマノの3000番を使用。ラインメンテナンススプレーの「PEにシュッ!」を吹きかけておけば、ライン表面にフッ素の保護膜を形成してスベリを良くして、ラインの耐久性も向上できる(PE用となっているが、ナイロン、フロロにも効果あり)


モーリス(MORRIS) ラインコーティング剤 バリバス PEにシュッ! 100ml
モーリス(MORRIS) (2010-08-08)
売り上げランキング: 2,462


シャローには新仔が多く、イカがさらに成長するこれからにも期待できそうだ
※スパイクシューズやライフジャケットは自身を守る為にも必須アイテム。
※ゴミは必ず持ち帰る事。
※乱獲は避け小型はリリースするなど、エギングを末永く楽しむための心掛けもお忘れなく。


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

PROFILE:浅沼 貴博

岩手盛岡市在住のワカサギフリーク。結氷前から地元岩洞湖のほか桧原湖などにも遠征している。夏場はアユがメイン。トラウト、エギングなども得意とし、年中色々な釣りを楽しむ。モーリスフィールドスタッフ



※取材・テキスト/浅沼 貴博
 
 
PR