document.write(''); [釣行記]宮城の船ヒラメ秋の最盛期!活きエサ銀兵活用法を解説 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城の船ヒラメ秋の最盛期!活きエサ銀兵活用法を解説

菅野 順也 2019年10月 3日配信   【宮城】

ヒラメ釣り最盛期の仙台湾沖。ここに来て餌の活きイワシが不足という問題が発生。代わりに活躍中の活き餌「銀兵」で確実に釣るテクニックはいかに?



 
 
 

亘理沖のヒラメ船は型、数狙えるハイシーズン

「今年も6月よりヒラメ船がシーズンインして、日に日に数型共に良くなってきました。始めは食いが疑われていた代わりの活き餌もお客さんに受け入れられていますよ」と山川大海船長がにこやかに梶を握る。亘理港より午前5時に出船した第五大海丸は航程1時間ほどで水深30メートルのポイントへ到着。

活き餌の銀兵(ぎんぺい)はとても元気で、手で掴むのもやっとなほど。手元で海水のバケツに入れても全く変化なくスイスイ泳ぎ回る。

マイワシと同じように、親バリは上顎に孫バリは腹ビレ又は尻ビレに装着。ウロコは簡単には剥がれないので、マイワシほど取り扱いに気を使わなくOKだ。

ヒラメ釣りでは釣れる魚に針の大きさとハリスの太さを合わせるのではなく、使用する餌に合わせるのが鉄則。銀兵のサイズには親バリ5号、ハリス4号がベストマッチ。ヨレやキズに注意すれば4号のハリスで大判にも十分に対応できる。

銀兵のサイズは10~12cmくらい。今回は3本チラシ仕掛けを使い、親バリは上アゴに、3本チラシの一番下のハリを臀ビレの付け根に装着した。チラシ針の使い方は人それぞれだが、この方法が仕掛けトラブルも少なく確実性が高い
がまかつ「ヒラメ3本チラシ仕掛(仕掛)」 ハリ掛かり率の高い3本チラシ針仕様のヒラメ釣り仕掛け。刺さりの良いナノスムースコートのチヌR針を使用している
がまかつ(Gamakatsu) ヒラメ3本チラシ仕掛 替え鈎 HS-030 5-4.
がまかつ(Gamakatsu)
売り上げランキング: 248,886
「ヒラメ3本チラシ仕掛」には替え針仕掛けもあり

エサを海底に送り届けたら、「ゴツゴツ、ガツン」と、一投目からアタリが伝わり、一発でハリ掛かりした。

銀兵の体長は10センチ程と小型なので飲み込みまでの時間は早い。高活性の証しで何度かリールから道糸を引き出した。開始早々の嬉しい62センチ、本命が上がった。

1投目から62cmのヒラメが釣れてきた

銀兵の性質を知って上手に使いこなす!

銀兵は回遊性よりも底生性に近い魚で、底に沈めると岩陰や砂底に潜り込む性質がある。ヒラメにアピールするのと同時に根掛かり防止のために棚は若干高めに設定。

常に泳ぎ回る魚でもないので、こまめな誘いはとても重要。竿一本分くらい大きく持ち上げてから、ゆっくりと落とし込んで弱った小魚を演出するのがおすすめ。

ロッドは手持ちで操作。銀兵使用時はリール1回転から1回転半くらいを目安に、高めのタナで誘いをかけるのがコツ
菅野さんが序盤で使用したのはがまかつのヒラメ竿「がま船 シーファング ヒラメ MH270」。食い渋り時にも効く食い込み性と操作性のバランスが良く、手持ちの釣りで底の様子が手に取るように分かるオールラウウンドモデル


続いて同行した小6の息子にもアタリがきた。やはり食い込みが良く、待たずにすぐにハリ掛かりして52センチをキャッチ。

最近は撮影担当も務めている息子さんも52cmを釣り上げた
がまかつ「がま船 シーファング ヒラメ ライト ML240
操作性と感度性能を備えたライトヒラメモデルML240を使用。軽快なライトモデルで小学6年生でもしっかりと手持ちの釣りを満喫!


当日乗船していた他のお客さんも銀兵を使いこなして次々にヒラメを釣り上げた。40~50センチ級の小型も多かったが、76センチや、2キロ級の大型クロソイも登場。

ヒラメのほかに良型のソイも釣れた
ヒラメの食いは活発!
うれしい76cmの釣果

波風の出てきた後半はタックルをチェンジして対応

当日の海は前半凪模様だったが、後半は風が強まり海も荒れてきた。

私はヒラメ竿からマダイ竿へチェンジ。胴調子で揺れをかわして自然に食わせるのが目的だ。タックル変更後すぐに68センチを追加。

タックルをチェンジして68cmを追加
がまかつ「がま船 シーファング マダイ 50-300
UDグラスをカーボンマテリアルにコンポジットした細身軽量設計により手持ちの釣りでの操作性としなやかさを両立。本来マダイ用のため使いこなすには若干の慣れが必要だが、船の揺れをかわして自然にヒラメに食わせることができる
ムーチングアクションも特長の一つで、負荷が掛かると気持ちのよい曲がりで大型魚の引きにも対応


そして、納竿時間30分前に強烈なアタリがきてハリ掛かりと同時に一気に走った。大型のワラサか?と思うほど何度も引き込みを繰り返して当日最大の82センチが浮上した。

強烈な引きをみせた82cm

山川船長によれば「今後入手可能となれば、またイワシを使用します。ヒラメの魚影はとても濃いので今が狙い目ですよ」とのこと。

当日、竿頭の釣果は9枚で申し分ない数。私は計7枚のうち4枚が60センチアップ。棚や誘いのちょっとしたテクニックで、銀兵使用で大判ヒラメが釣れることを証明できた。

絶好調の亘理沖のヒラメ釣り。好季はまだまだ続く
山川大海船長。鳥の海沖で漁業を続けてきたノウハウと実績で安心、満足の釣果を提供!ヒラメ船は10月上旬現在、最大90cm超も上がる絶好季。季節に合わせてカレイ、根周りもお任せ
[遊漁船情報]大海丸
■亘理町・荒浜漁港(鳥の海)出船
■予約、問い合わせTEL0223-23-1238・090-2795-8087


良型のヒラメが数釣れる季節。いっぱい釣れたらカルパッチョやマリネ風など色々な調理法で楽しめるのも盛期ならではの贅沢だ


PROFILE:菅野順也

カレイ、ヒラメ、メバル、マダイ、深海などの船釣り中心にワカサギや渓流など多様な釣りをこなすオールラウンダー。がまかつフィールドテスター、山豊テグスフィールドテスター、マルキューフィールドスタッフ、スポニチAPC、日本魚検定(とと検定)2級取得。福島市在住



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※今回使用した活きエサ「銀兵」は仙台港キリンビール工場前のつりえさ倶楽部マリン 仙台新港店(宮城県宮城野区)で入手可能。興味のある方は気軽にお問い合わせを! つりえさマリン店舗TEL:022-786-3580



※取材・テキスト/菅野 順也
※取材協力/大海丸

 
 
PR