document.write(''); [釣行記]2019南三陸沖タチウオフィーバーを振り返る! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

2019南三陸沖タチウオフィーバーを振り返る!

編集部 更新日 2019年10月24日   【宮城】

2019年の夏から秋にかけて宮城沿岸の各地でタチウオが好調に釣れている。ここ数年、東北でも釣れるようになってきたタチウオだが、今季の追波湾はフィーバー状態!南三陸町歌津から出船する大隆丸を取材してきた。





 
 
 

2019年8~9月小松悟さんの釣果

今季タチウオ絶好調の追波湾。シーズン序盤は大型サイズが多くドラゴン級が連発。指5本弱がアベレージで、ハヤブサフィールドスタッフの小松悟さんは指6本サイズも釣り上げている。

2019年9月、小松悟さんがキャッチした指6本サイズのドラゴン級タチウオ!
小松さんは8月下旬からタチウオを釣り上げている


歌津沖タチウオジギング動画


歌津の大隆丸で出船 タチウオ好調の追波湾へ

早朝4時、「南三陸ハマーレ歌津」敷地内にある店舗に集合。船長より直近の釣況入手
辺りがうっすらと白めいてきた午前5時、大隆丸が停泊している伊里前漁港を出船
漁港より30分程度の航程で漁場到着。少々、風がある中スタートフィッシング!!

歌津の伊里前漁港を出船した大隆丸は今季、タチウオがよく釣れている追波湾へ。まずは水深60mからスタートした。

タチウオジギング初挑戦のみなせちわさんにファーストヒット

今回は東京湾のタチウオ船には何度も乗っているが、タチウオジギングは初挑戦というハピソンガールのみなせちわさんが同行。牧野船長と小松悟さんのレクチャーの甲斐あってかファーストヒットはみなせさんに。

朝一の時合いに入ったか?みなせちわさん初ゲット
船上でもポツポツとロッドがしなる光景が
みなせさんが使用した「鉄ジグ・スイムライダーショート」のNEWカラー。センターバランス、左右非対称の鉄素材がショートジグでは演出できない安定した水平姿勢を作りバイトを誘発
「IRON HOOK Type 太刀」。太刀魚の鋭い歯による破断リスクを最小限にするデビルライン、メタルコアラインを使用した太刀魚専用アシストフック
ショックリーダーはサンライン「システムショックリーダーFC」の40lb
タチウオゲームでは鋭い歯からリーダーブレイクを防ぐ歯切れ防止ファイティングリーダーはマスト。「デビルリーダー」(ネイチャーボーイズ)
釣況を聞いた他釣り船が続々ポイントへ集結
タチウオの外道でカガミダイ、サワラも釣れてきた

小松さんがタチウオジギングの基本を解説

タチウオジギングに通っている小松さんに基本テクニックを解説してもらった。

着底したらワンピッチ(1シャクリにリール1回転程度)で巻き上げながら、棚を探ってくる。その時の状況に合わせ、ハーフピッチ等でスピードに変化をつけるのが通常の釣り方。

アタリがなかったり、フォール中に反応があった場合はフォールも取り入れるが、フォール中はアタリを取りきれずにブレイクしたり、ジグロストが多くなることもあるので場合によりけり。詳しくは動画で解説してもらった。



今回、レクチャー等でお世話になった小松悟さん
小松さんが使用したハヤブサ「ジャックアイスイッチ」。ハイピッチからスローピッチまで対応するニューコンセプトジグで、アクション次第でマルチに活躍する
小松さん自作のアシストフック。フロント、リア用とあるが、今回はフロント用のみ使用してリアはトレブルフックを選択
リアはトレブルフックを5連サルカンで接続。シンプルで絡みづらい
朝一の時合いが遠のき船上は我慢の釣りへ。アタリがまったく無くなった。船長いわく「10時半頃からまた時合に入るのが毎度のパターン。そろそろ時合いに入るかもよ」

10時半の時合いに突入!みなせちわさんにドラゴン級がヒット

船長の読みが的中。みなせちわさんのロッドが大きくしなる。上がってきたのは、みなせさんの指で5本のドラゴン級
ドラゴンキャッチシーン
みなせさん愛用の小物をちょっと紹介!!まずはハピソン「計測グリップミニ」。魚ばさみタイップのフィッシュグリップに計測アプリ用のマーカー付き
ハピソン「充電式ヒートカッター」はラインのカットや、焼きこぶが簡単にできる。船上でも楽ちん
ハピソン「計測グリップ」。タチウオのような大型魚を安全かつ確実にホールドできる
タチウオの群れに当たったのか、はたまたスイッチが入ったのか。先ほどの静かだった船上が一気に盛り上がる

理由は不明だが、牧野船長の言うパターン通りに10時半位から時合い突入。10時半から1時間くらい釣れ続くこともあるが、この日はちょっと短く30分程度で終了。それでも気づけば全員安打でタチウオフィーバーを満喫することができた。

今回お世話になった大隆丸船長の牧野さん。気さくで物腰の柔らかい名船頭だ。現在は青物ルアー、マダラ、メガラ等で好評出船中。店舗にはレンタル品も常備しており、これから始めたいがタックルが無いといった初心者の方にも十分対応いただける
遊漁船案内:大隆丸
店舗は国道沿いの南三陸ハマーレ歌津に隣接。近くの伊里前(いさとまえ)漁港から出船する。
■TEL:0226-36-3732



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/ハピソン、ハヤブサ、大隆丸
 
 
PR