document.write(''); [釣行記]秋の釣り日和!SENEN MARINEボートミーティング開催 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

秋の釣り日和!SENEN MARINEボートミーティング開催

編集部 2019年11月11日配信   【宮城】

2019年11月3日(日)、仙塩マリーン(塩釜市)主催により毎年恒例の「SENEN MARINEミーティング釣り大会」が行われた。ロックフィッシュにマダイやワラサなどなど、多くの魚種を狙える好季。好天にも恵まれてイベントは大いに盛り上がった。

2019SENEN MARINEミーティング釣り大会紹介動画
アイナメ、ベッコウゾイなどロックフィッシュゲームはシーズン進行が遅れていたが、ここにきてシャローで良型が釣れ始めてハイシーズンに突入!
今季も好調の仙台湾のマダイ。トラフグやホウボウ、カナガシラにワラサなど多魚種を狙える
シーズンは終盤だが、松島湾周辺のシーバスも人気ターゲット
プリプリの秋サバも持ち込まれた


 
 
 

2019SENEN MARINEミーティング釣り大会開催

毎年、秋の恒例行事となっているSENEN MARINEミーティング釣り大会。ルアーとエサ釣り問わずボート釣りのイベントで、アイナメ3尾を対象としたS1(チーム戦)とマダイ、ソイ、ヒラメ、ワラサ、スズキ、ハゼを対象としたS2(個人戦)で釣果を競った。

日の出とともに続々と出船

それぞれのホームの港から出船し、14時の検量締め切りまでに検量場所の浜田マリーナに帰着するというスケジュール。大会開催中の塩釜周辺沖をスズキマリンの23フィートフィッシングボート「JACK」に乗船して取材してきた。

取材艇となった「JACK(スズキ)」。安全性を重視し、ビギナーからベテランまで安心して釣りを楽しめる23フィートフィッシングボート。試乗も可能!
Jack-ジャック公式ページ
快適に釣りをできるスペースと安心感のある舷側の高さを確保している
中根~大根海域で仙塩マリーンレンタル艇を発見
乗船していたのは夏の取材でFAST23艇をレンタルした時のグループ
[関連]

レンタル艇でボートフィッシングに挑戦

夏の取材時にはこのエリアで良型のヒラマサを釣り上げているが、釣れてきたのはイナダ。このサイズのイナダは好調に釣れて楽しめた
塩釜沖イナダヒットシーン
桂島周辺の松島湾内にはハゼ釣りの船が多数みられた。船ハゼも盛期だが、今回の参加艇にハゼを狙った船はいなかった
マリーナに戻ると、女性陣があったかい豚汁と玉こんにゃくを用意してお出迎え
S1参戦しつつ運営スタッフでもある遊漁船アーネスト(佐藤尚行船長)は検量開始時間前に一足先に帰港

仙台湾に散らばっていた参加艇が続々と集結

帰着時間が近付くと、19艘の参加船が続々と港に戻ってきた。ラッピングも様々な仙塩マリーンのボートを紹介!

 

アイナメ、ベッコウ、マダイ、タチウオなど様々な釣果が持ち込まれた

本部に帰着後、持ち込まれたターゲット魚は次々に検量が行われた。ロックフィッシュはスポーニングシーズン盛期で、S1(チーム戦)狙いの船は良型のアイナメを揃えていた。

また、海況に恵まれたこともあり、S2の魚種別表彰狙いでは北は田代島から南は亘理沖までの広い範囲から釣果が持ち込まれた。アイナメ、ベッコウゾイ、クロソイ、メバルの根魚にマダイやワラサ、サワラ、タチウオ、そして大型のトラフグなどなど、バリエーション豊かな魚種をみることができた。

 
検量終了後、スタッフで各賞審議中!

S1(アイナメ)チーム戦は2年連続で遊漁船アーネストが優勝

表彰式の進行はおなじみ齋藤正樹さん。楽しいトークをまじえてイベントを盛り上げた
S1チーム5位 シタモジー 2,310g
「奥松島の沈み根周りで釣りました。去年もそこでいちばん大きいアイナメを釣っていたので、実績のある場所に入りました。水深は7~8mラインくらいでした」
S1チーム4位 ゆかいな仲間達 2,700g
「朝イチから波島周辺のサラシ周りに入ってずっとそこで釣りました。いちばん大きい魚はゲイリーのジャンボグラブにきました。全体釣果は10本くらいでした」
S1チーム3位 ロックボトム 2,920g
「田代島の手前の水深10mくらいのところで釣りました。全部で40本くらいは釣ったんですが、フグが多くてガルプ!を2千円分くらい消費しました!」
S1チーム2位 アルテミス 3,480g
「釣った場所は波島、水深は5mくらいのところです。今年のヒットルアーはエコギアでした。ネタとかでなく本当に、去年のこのイベントでもらったやつを使って釣りました!」
S1チーム1位 アーネスト 3,670g
「場所は七ヶ浜周辺、うちがいちばんガソリンを使ってないのではと思います(笑)。この濁りでも底がみえるくらいの浅場で釣りました。先週みたときに波島側では(卵が)抜けてたんで、七ヶ浜方面の方がいいかなと、メスのまだ卵を持っているやつ狙いでそっちに行きました。プリの魚がいるところで、小さいのは狙わず40~50本くらいは釣れました」
「無条件に釣れるマックスセント。8インチでもアイナメがどんどん食ってきます」
2019年新発売のアブ・ガルシア「Eradicator Rocksweeper (エラディケーター ロックスイーパー) 」このERSC-71EXHダブルスウォードはボートロック用の7'11"。強さがありながら非常に軽く、繊細で、14~21gのテキサスリグの釣りから、ディープロックでの操作性も抜群!

【S1チーム戦結果】
優勝 アーネスト  (佐藤 尚行) 3,670g
2位 アルテミス  (鈴木 敏夫) 3,480g
3位 ロックボトム (太田 英樹) 2,920g
4位 ゆかいな仲間達(渡部  努) 2,700g
5位 シタモジー  (小菅 秀訓) 2,310g
※敬称略

【S2個人戦結果】
シーバス賞 山尾淳(タコ)2,720g
ワラサ賞 奥山英巳(シャイン)2,170g
ヒラメ賞 安倍秀一(FREE STYLE)1,310g
ソイ賞 大竹博美(アルテミス)1,990g
タイ賞 笹渡和也(YFC)2,890g

外道賞(サワラ) 大木功司(ウッドベッカー)2,420g
外道賞(トラフグ) 高野菜央(YFC)3,530g
※敬称略

女性参加者にレディース賞、唯一の少年アングラーにはキッズ賞を用意
今回は小野英逸社長にかわり、今年から塩釜に戻ってきた3代目の小野琢摩専務からご挨拶。これからは社長、スタッフと力を合わせて仙塩マリーンを盛り立てていく

抽選会とジャンケン大会は豪華賞品多数!

表彰のあとは、お楽しみの抽選会とジャンケン大会。こちらも豪華賞品多数で、争奪戦は白熱した。

全員に当たる抽選会
恒例のジャンケン大会。優勝したアーネスト佐藤船長からは優勝賞品のロキサーニパワーシューターが提供されるなど、飛び入り賞品も多数で盛り上がった
恒例の仙塩マリーンドリーム賞
仙塩マリーンの小野江里子さんからの一言で大会は盛況のうちに幕を閉じた




 
 
 

仙塩マリーンをご紹介

[ショップ紹介] 仙塩マリーン
塩釜市のボートショップ・仙塩マリーンでは、ボートの販売、メンテナンスばかりでなく、レンタルボートや各種イベント等にも力を入れている。
■TEL:022-362-2405
ホームページ
フェイスブック


大きな地図で見る
【店舗アクセス】
仙塩マリーンは塩釜市内の国道45号線沿い。向かいにマクドナルドがある交差点に接している。
レンタルボート「YAMAHA FAST23 115馬力」
広くフラットな23フィートの標準的なフィッシングボート
◎1日コース23,000円
◎午前コース19,000円
◎午後コース16,000円
※GPS魚探付き。
※+10%の消費税がかかります。
※要免許ボートは別途ガソリン代
「YAMAHA W23和船F60馬力」
海面が近く、湾内の釣りで人気の和船タイプ
◎1日コース15,000円
◎午前コース13,000円
◎午後コース11,000円
※GPS魚探付き。
※+10%の消費税がかかります。
※要免許ボートは別途ガソリン代
行けるのはちょっとソコまで。免許不要の2馬力レンタルボート
◎1日コース7,300円
◎午前コース4,500円
◎午後コース3,500円
※+10%の消費税がかかります。
※GPS魚探を各艇に装備。
※ガソリン代は初回1リットル分は無料。予備タンク分は別途。
[関連]

ワイワイ楽しい!2馬力ボート釣り会



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/仙塩マリーン
 
 
PR