document.write(''); [釣行記]宮城県田代~網地島ディープロックでBigクロソイを狙え! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

宮城県田代~網地島ディープロックでBigクロソイを狙え!

尾形慶紀 2020年2月24日配信   【宮城】

冬場のシーズンにも有望な大型クロソイ狙いのディープロック。今季も田代・網地島周辺で50UPを複数キャッチしている尾形慶紀さんに釣り方を紹介してもらいました。




 
 
 

ボートロック用タックルにシンカーは30~50gを用意

宮城県沿岸の本格的なロックシーズンも終わりを迎え、大半のロックフィッシュが深場に落ちる時期となりました。私は、この時期になるとマイボートを出し、水深30m前後の根や漁礁を魚探で探り、いわゆるディープロックフィッシュにシフトチェンジします。

この釣行は、私的にはアフターに入り、水温に合わせて移動した魚を追いかけて釣るというよりは、魚(特にアイナメ)の動きやアフター回復の状況を調査したり、この時期特有のBigなクロソイを求めたりして行っています。

釣り方としては、手返しなどを考えるとジグの方が効率は良いのですが、私はあえてワームでの釣行にこだわっています。

その理由は、アフターの痩せた魚をいたずらに傷付けないこと、Bigなワームを使ってBigな魚の強烈なバイトとファイトを味わいたいことの2点からです。

使用するタックルは、軽くキャストをしてスイミングの釣りをするために7.6fのバレーヒル「サイファリストHRX CPHS-76MH」のスピニングタックル、バーチカルな釣りでフォールでのバイトをとるために7.3fのバレーヒル「サイファリストHRX CPHC-73MH」のベイトタックルの、2つのタックルを主に使っています。

サイファリストHRX」はベイト、スピニングともにちょっと短めな7ft台のMHがボートに適
バレーヒル(ValleyHill) サイファリストHRX CPHC-73MH 41672
バレーヒル(ValleyHill)
売り上げランキング: 462,884
バレーヒル サイファリストHRX CPHS-76MH
バレーヒル
売り上げランキング: 462,725

ラインは、どちらもメインラインがPEの0.8号(サンライン ソルティメイト キャストアウェイPE 12Lb)、リーダーはフロロライン16lb(サンライン ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダー16Lb)を起伏の激しいストラクチャーでの根ずれ防止に一ヒロと長目に結束します。

リグは、主にジグヘッドリグで、ウエイトは水深や潮の流れの速さによって30〜50gを使い分けます。

使用するワームは、サイズが4インチ以上で、カラーはパール系、グロー・ケイムラ系、チャート系で、ソリッドカラーとクリアカラー(ラメ入り)は、天候などに合わせてチョイスし、ローテーションをしています。

形状としてはメインがシャッド系、ミスバイトの後のフォローやよりゆっくりとしたフォールで食わせたい時にはカーリー系を使用しています。

オススメは、ベイトブレスの「T.T.SHAD」(ティーティー・シャッドのTTは、トライアングルテールの略)4〜4.8インチ、「ベタンコカーリー」3インチです。

TT・SHADはその名の通り、三角形のテール形状でリトリーブスピードが遅くしても速くしてもしっかりとテールを振ってくれるとても優れたワームです。

また、ベタンコカーリーは3インチといっても、テールを除いたボディーサイズが3インチになっています。テールまでを入れると5インチ近くあり、偏平形状のボディーは水の抵抗を受けてゆっくりとしたフォールアクションを演出してくれます。

T.T.SHAD
Bait Breath(ベイトブレス) ワーム BeTanCoカーリー3 S351 KHクリアー/レッド
Bait Breath(ベイトブレス)
売り上げランキング: 85,135
ボリュームのあるTTシャッドもモンスタークロソイなら大口でパクリと!

連日、51cmと55cmのクロソイをキャッチ!

今回のこの釣行記は、2020年2月初旬に2日に渡って行ったものです。

この時期は、特に風が強く吹く可能性が高い時期で、入りたいエリアになかなか入れないなど、天候に左右されてしまいます。しかし、潮、風のタイミングがいい時には、Bigサイズが出る確率はとても高いです。

両日ともに午前中は風が強く、なかなか厳しいコンディションでした。風をかわせる場所を選んで、ポイントを変えながら釣っていると、丁度潮が変わるタイミングで、アイナメがポロポロと釣れ出しました。

その周辺に何度も入り直して船を流していると「ドスッ‼︎」という強烈なバイト。

ドラグが「ジィーッ!」と出されていきます。もしかしてタラが掛かったかと思いながら、正に魚とのファイト。起伏のあるストラクチャーにラインが擦れているのが手元に伝わってきました。

ラインのテンションを緩めないようにしながらも無理ができない状況から、やっとのことでストラクチャーから引き離しましたが、最後の最後まで強烈な引きをみせて上がってきたのはGOODサイズなクロソイでした。

1日目には51センチ、2.4キロ。2日目には55センチ、2.5キロのビッグサイズを釣ることができました。

51cm、55cmの釣果を上げている

ディープロックは、まだまだこれからが本番になります。
大きなワームに大きな魚! そして、強烈なバイト&ファイト!
是非、挑戦していただきたい釣りです!

[使用タックル]
◯ロッド
 バレーヒル サイファリスHRX CPHS-76MH(スピニングロッド:ミディアムハード)
 バレーヒル サイファリスHRX CPHC-73MH(ベイトロッド:ミディアムハード)
◯リール
 ダイワ セルテート LT3000-XH
 シマノ アンタレスDC MDXG
◯ライン
 サンライン ソルティメイト キャストアウェイPE 12lb
 サンライン ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダー 16lb
◯ワーム
 ベイトブレス TT・SHAD 4インチ〜4.8インチ
 ベイトブレス ベタンコカーリー 3インチ
◯ジグヘッド
 30〜50g(28g、35gはオーシャンルーラー ボトムアッパーを使用)

OceanRuler(オーシャンルーラー) ジグヘッド ボトムアッパー 35g #4/0.
OceanRuler(オーシャンルーラー)
売り上げランキング: 429,194


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材・テキスト/尾形慶紀

 
 
PR