document.write(''); [釣行記]三陸→青森平舘沖 マダイプチ遠征をレポート! | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

三陸→青森平舘沖 マダイプチ遠征をレポート!

佐々木健太郎 更新日 2020年7月21日   【青森】

陸奥湾周辺のマダイが今季も好調だ。すでに産卵後のシーズンに入っているが、連日安定して釣れ続いている。盛岡や仙台、関東からも多くのアングラーが集まるマダイ天国の青森。三陸宮古の佐々木健太郎さんが釣行した時の模様をお届けします!



 
 
 

人生2度目のマダイチャレンジ

色々と忙しくて投稿が遅くなってしまいましたが、6月末に青森県平舘の真鯛釣りへ行ってきました。

人生二度目の真鯛船でしたが、私のような初心者でも釣れちゃうくらい真鯛の魚影が濃いのが魅力な平舘沖の真鯛釣り。

実はこの日、予約していた遊漁船がいざ出船という時に係留ロープをペラへ巻き込んでしまい、前にも後ろにも進めなくなるというトラブルが発生(汗)

他の遊漁船が出船するのを指を咥えて見送り、このまま岩手へ帰らなきゃいけないかも...せめて美味しいラーメンでも食って帰ろうかな。
なんて考えていたところ、休船予定だった「飛鷹Ⅱ」が船を出してくれることに!

1時間半遅れで出船していただき、ようやく真鯛釣りがスターティン。

誰よりも先に落として真鯛にルアーを見つけてもらおうとアブガルシアから発売されているカチカチ玉の140gからスタート。
(カチカチ玉はシンカー部とスカート部が分かれている遊動式なので、カラーやネクタイ形状、ウェイトの組み合わせが自在)

アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 140g+15g カニタコレッド SSKKD140+15-KTRD

右舷側で飛鷹Ⅱスタッフの方が本命をヒットさせていたので、聞いたところメタルジグでボトムからゆっくりただ巻きをしていたところ15mあたりでのヒットしたとのこと。

早速釣り方をマネさせていただき、40gのメタルジグをセットしていたスピニングタックルへ持ち替えチェンジ。

釣り方を観察しているとキャストしてからの斜め引きだったので、同じように試すと一投目から「コツッ」というバイト!
そして即合わせからのすっぽ抜け...
真鯛ってそういう魚でしたね(汗)

早合わせ厳禁を頭の片隅に置き、二投目。
また「コツッコツッ...」とバイト。今度はロッドのベリー部まで重さが乗ったところで巻き合わせ!
一年ぶりに対面した真鯛は色白なべっぴんさん。

パターンをつかみコンスタントにマダイを追加!

ちなみにスタッフさんいわくタングステン製のメタルジグが釣れる理由は比重が高いタングステンは浮き上がりにくく、真鯛のメインベイトの鰯のシルエットに近い「横の姿勢」を保てるからとのことでした。

鉛製のメタルジグでもキャストしてライン角度をつけゆっくり巻くことでタングステン製メタルジグと同等に釣れるとのこと。

【タングステン製メタルジグと鉛製メタルジグ】

タングステン製は浮き上がりにくい
鉛製もゆっくり巻けば対応可能

私はその後もメタルジグでポツポツ追加。

自作フックも抜けることなく一安心。

同船した仲間たちも全員複数枚ゲットです!

ジグヘッドで一つテンヤにも挑戦

日中に差し掛かり魚探の反応も少なくなり、ルアーへの食いが渋くなってきたら一つテンヤへ。

私は一つテンヤを持っていなかったのでジグヘッド仕掛けにエビをセットしたものを使用しました。

今回の平舘沖のポイントは水深が60m程とディープだったのでしっかり底取りをする為に50gのジグヘッドを使用し、ボトム〜3mのレンジの魚だけをリフト&フォールで狙いました。

バイトが出るのはフォール時なのでテンションフォールで微かなバイトも見逃さないようにしましょう。
ロックフィッシュ経験者ならこの釣りは得意かも?

真鯛の食いの状況に合わせてルアーとエビ餌を使い分けるのが釣果アップの秘訣のようですので、ルアー用とエビ餌用の2タックルを持ち込むと色んな状況に対応できると思います。

エビ餌でも食いが渋い時間帯にマックスセント キングテール 8インチでも試したところ、周りがテンヤを使いバイトのない中、ワームにはバイトがありました。

朝の時間帯を逃したのは悔やまれますが、大きな収穫。次回はマックスセントでの展開を考えながら帰路へつきました。

今回は船中20枚と私達としては悪くない枚数でしたが、釣れる時は100枚超えの日もあるそうです。

まだまだ好調に釣れている平舘の真鯛。

アフターが多くなってくる時期ではありますが、今年はサイズが大きい当たり年のようです!
是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

飛鷹IIの須藤船長のブログはこちら↓
飛鷹Ⅱ 飛鷹 釣り船須籐
■船長須藤TEL:090-1525-0020



私のような初心者にも親切丁寧に釣り方等教えてくれますよ。魚探をミヨシとトモに設置してくれるので真鯛のレンジを確認しながら釣りできるのも助かりました。トイレ、キャビン完備なのでファミリーで乗っても楽しめますね。

船宿もあるそうで素泊まりは格安で泊まれるとのこと。私も次回は利用したいと思います!

青森県最高でした!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※画像・テキスト/佐々木健太郎

 
 
PR