document.write(''); [釣行記]唐桑半島の釣り場[滝浜・笹浜・半造・巨釜・馬場] | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

唐桑半島の釣り場[滝浜・笹浜・半造・巨釜・馬場]

編集部 更新日 2020年8月10日   【宮城】

唐桑半島の漁港や磯を取材しました。こちらでは唐桑半島先端の御崎岬より岩手県側(広田湾側)の滝浜漁港~馬場漁港までを紹介します。
[関連釣行記]唐桑半島の釣り場 御崎岬・御崎観光港(長浜)
[関連釣行記]気仙沼大島の防波堤釣り場をガイド(気仙沼大島大橋利用)

※最近、釣り人の増加により釣り場へのゴミの放置や近隣の住民の方とのトラブル等が目立っています。漁港、岸壁で釣りをする時は必ずゴミを持ち帰り、迷惑にならない駐車スペースを探すなど、周囲とトラブルなどの無いように気を付けて楽しみましょう。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー

[関連]

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[1]波路上

[関連]

気仙沼周辺の堤防釣り場ガイド[2]川原、松岩





 
 
 

滝浜漁港

砂利浜と防波堤からなる小漁港で公衆トイレもある。根が点在し、アイナメ、ソイ、ドンコなどを狙える。防波堤先端付近は季節によりイカやサバ、イナダの回遊もみられる。
取材時は防潮堤の工事中。入り口や駐車スペースが変わることがあるので、現場の指示に注意。

漁港と道路の間に防潮堤や水門などが出来るようだ
漁港の船置き場。駐車は邪魔にならない場所へ
両側を砂利浜と磯に囲まれ、周辺は根魚が好む地形
公衆トイレは利用できる状態だった


笹浜漁港

半造からつながる磯と隣接、1本の防波堤からなる小漁港。海岸沿いは宮城オルレのコースにもなっている。両側の海岸は砂利浜で、アイナメ、ソイの根魚やカレイなどがターゲット。

砂利浜と岩場が隣接する
駐車スペースは防波堤付け根に2、3台程度
観光名所の半造と隣接
オルレの遊歩道は海岸沿いと山側の迂回路が用意されている

半造

巨釜と並ぶ唐桑半島の景勝地。レストハウス(休業)駐車場から磯周りへの遊歩道がある。磯場はアイナメ、ソイなどを狙うことができるが、歩道から岩場は足場が悪くライフジャケットやスパイクの装備は必須。

半造の駐車場。レストハウスはシャッターが閉まり、お休み中のようだった
歩道にはカモシカの親子が・・
宮城オルレのコースにもなっている

巨釜(おおがま)

前田浜を挟んで半造と並ぶ景勝地。遊歩道が整備され、磯釣りのポイントにもなっている。

巨釜半造マップ
駐車場
公衆トイレ
周囲は歩道があり、目の前は広田湾の外洋が広がる

馬場漁港

県道気仙沼唐桑線のT字路を御崎岬側へ進んですぐの漁港。防波堤周りでアイナメ、ソイの根魚やカレイ。夏スルメイカ、冬ヤリイカの回遊実績もあるが、駐車スペースがほとんど無いため周辺住民の迷惑にならぬよう配慮が必要。

右手の防波堤。民家や船揚げ場の邪魔にならぬよう注意
港内は砂利浜になっている
左手の防波堤付近もアクセス道路沿いのスペースは限られている
 
 
 

石浜漁港

唐桑半島では比較的に規模の大きな漁港で、左右の岸壁、防波堤ともにサビキ釣りや投げ釣り、ルアーなどで多魚種を狙える。車を横付けできる岸壁が広く、ファミリーでサビキ釣りなどを楽しむのにも良い。
[関連]2018年取材時の石浜漁港の様子

[関連]

初めての防波堤釣りガイド!



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

 
 
PR