document.write(''); [釣行記]いろいろ狙えるルミカ「メタルジャッカー」活用術 | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

いろいろ狙えるルミカ「メタルジャッカー」活用術

編集部 2020年8月20日配信   【青森】

2020ルミカ・サポーターアングラー募集キャンペーン」キャンペーン対象アイテム「メタルジャッカーシリーズ」のモニター釣果を紹介します。

「メタルジャッカー」、「メタルジャッカーSJ」、「メタルジャッカーMicro」、「メタルジャッカーRAIZIN」を駆使し、6月から8月上旬までの間にメバル、アジのライトゲームからフラット、シーバス。ショアジギングの青物までバリエーション豊かな釣果が上がっています!





 
 
 

メタルジャッカーシリーズの特長とモニター商品のバリエーション紹介

「メタルジャッカー」はメタルジグのボディ内部にスリットを装備し、このスリットにケミホタルシリーズなどの発光体やラトルスティックを装着し、光や音で魚にアピールできるメタルジグ。光が効果的なナイトゲームやマヅメ時、ラトル音に興味を示すターゲットなど、様々なシーンで使用できる。

モニター商品のうち最もスタンダードな「メタルジャッカー」は20g、30g、40gの3サイズ。主にショアジギングで青物やロックフィッシュ、フラットフィッシュ、シーバス、タチウオなど色々な魚種を狙える。センターバランス設計で、アクションはスローフォールからジャーキングでのヒラ打ち、鋭いダートなどと多様。ケミホタル25やルアーライト25、ルミコ、ラトルスティック25を使い分けられる。

メタルジャッカー

スロージギングモデルの「メタルジャッカーSJ」は幅広ボディ、ゆらゆらとスローなフォーリングが特長。食わせの間を取ることができ、特にロックフィッシュなどに有効なアイテム。サイズは標準モデルと同じ20~40gで、ケミホタルとラトルスティックも25サイズが適合する。



メタルジャッカーSJ

5g、7g、10gと軽量なモデルの「メタルジャッカー Micro」はメバリング、アジングなどのライトゲーム用のメタルジャッカー。発光体は最小クラスの「ちもとホタル」が適合。発光体を外した場合でもスリット部を通る水流が複雑な波動を生み、アピールになる構造になっている。



メタルジャッカーMicro

夏のフラットフィッシュ盛期に活躍

最初の釣果は、宮城沿岸で初夏から絶好調が続いたフラットフィッシュ(ヒラメ、マゴチ)。石巻の仲村勇人さんは出勤前の時間に石巻サーフで50UPのマゴチをキャッチ!濁りの強い条件下でラトルスティックのアピールが効いたそうだ。
2020年06月19日仲村さんのマゴチ釣果

メタルジャッカーSJ アカキングロー 30g + ラトルスティック25
メタルジャッカーSJ クロエビ 30g + ラトルスティック25

仲村さんは翌20日にも石巻周辺防波堤でマゴチを釣り上げている。この日も濁りがあり、やはりラトルスティックのアピールが良かったようだ。
2020年06月20日仲村さんのマゴチ釣果

チームのメンバーと防波堤からねらった
メタルジャッカー ブルピンスラッシュ 30g + ラトルスティック25

MICROはアジングで手返しのよさを発揮

7月3日は青森の河島さんが「メタルジャッカーMICRO」の5gでアジをキャッチ。河島さんはアジングは何度もやっているものの、ジグで釣ったのは初めてだったそう。発光体は使用しなかった。貫通穴が生む波動でバイトを誘うことができるので、メタルジャッカーMicroはアジングにもかなり有効なアイテムだ。
2020年7月3日河島さんのマアジ釣果

メタルジャッカーMicro シルバーゼブラ 5g
河島さんがアップしているYouTube動画

メバリングなど夜のライトゲームの万能選手

「メタルジャッカー・マイクロ」はメバリングなどあらゆるライトゲームに使用可能。スリットを空にした状態では乱水流でアピールし、スリットに「ちもとホタル」を装着するとナイトゲームなどで威力を発揮する。8月5日、仲村さんはナイトゲームでメバルのほか、オウゴンムラソイもGET!
2020年8月5日仲村さんのメバル、ソイの釣果

メタルジャッカーMicroでメバリング
メタルジャッカーMicro ブルピン 7g + ちもとホタル
メタルジャッカーMicroで黄色斑が鮮やかなオウゴンムラソイ
メタルジャッカーMicro ブルピン 7g + ちもとホタル

100gのRAIZINで竜飛周辺磯のショア青物キャッチ!

ウエイト80~210gの「メタルジャッカー RAIZINはオフショアジギング向けのモデル。河島さんは青森県竜飛周辺磯のショア青物ゲームに使って、見事にワラサをキャッチ!フルグローやシルバーゼブラ、フルレッドと色々なカラーにヒットしていて、時間帯によりグローやシルバーなど使い分けるのも重要。
2020年7月29日津軽半島、龍飛周辺のワラサ釣果

メタルジャッカー RAIZIN シルバーゼブラ 100g
メタルジャッカー RAIZIN フルレッド 100g + ラトルスティック37
メタルジャッカー RAIZIN フルグロー 100g

ケミホタル類より明るい!ルアーライトが登場

2020年8月11日、ルミカXtradaシリーズに高輝度発光体の「ルアーライト」が新登場。この「ルアーライト」は従来のケミホタルやルミコ等の2~6倍(カラーにより異なる)の明るさを実現。発光時間はケミホタル類よりも短く、短時間の釣行やマヅメなど明るい時間帯の釣行で、速いアクションでもしっかり光をみせてアピールできる。グリーン、オレンジ、ブルー、ピンクの4色をラインナップ。メタルジャッカーシリーズやワインド用ワーム、カスタムシンカーなどの集魚力アップに期待できる。
ルアーライトをルミカショップで購入

ルアーライト25

ルミカサポーターの釣果、レポートは今後も掲載予定。カスタムシンカーによるエサ釣りの釣果も報告が集まり次第、紹介させていただく予定です。



◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/ルミカ
 
 
PR