document.write(''); [釣行記]メタルジグで手軽に狙える仙台港パークのタチウオ | 釣りTiki東北
釣行記
東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

メタルジグで手軽に狙える仙台港パークのタチウオ

編集部 2020年9月 3日配信   【宮城】

2020年8月、仙台新港の釣り公園スリーエム仙台港パークでタチウオが大フィーバー。ショアジギングで2~3本級のタチウオが釣れているということで取材してきた。

[関連]

堤防釣りのルール・マナー

[関連]

宮城沿岸の堤防釣り場ガイド







 
 
 

仙台港パーク釣り公園のタチウオフィーバー

2020年8月下旬、仙台新港近くのつりえさ倶楽部マリン仙台新港店・丹野社長より「いまタチウオがよく釣れているよ」との情報を入手。丹野社長とマリンスタッフのスグルくんに実釣をお願いした。

取材前日の試釣では約20分で5本を釣り上げる快釣っぷり。「日中でも簡単に釣れると思いますよ」とのことで、午後から夕マヅメまでを目安に仙台港パークで竿を出した。



仙台港の湾奥部に設けられた仙台港パーク釣り公園
開園時間は7時から18時。ルール、マナーを守って利用しよう
柵のあるデッキで安心して釣りを楽しめる。取材時に実績のよかった右手奥の方へ

午後2時釣り開始 日中から簡単に釣れてきた!

実釣スタートは午後2時頃。投げ釣りをしていた方の間に入れてもらい、1、2投したところでスグルくんにファーストヒット!が、この魚は惜しくも抜き上げでバラしてしまった。

隣の丹野社長にもヒットするが「あれ?バレた?・・かかってる?」食い上げに対応できずバラし。タチウオは食い上げの動きで急に軽くなることがあるので、常にラインを巻いてやり取りする必要がある。

続けてキャストし、着底、リフト&フォールで探っていると再びヒット!

5投ほどでラクラク1本目をキャッチ
ボトム付近をリフト&フォールで探ると連続して釣れてきた
タチウオはルアーにじゃれてくるのでスレ掛かりも多い
ここのアベレージは指2本から2.5本サイズ
つりえさマリンの丹野社長は船キスロッドを使用。もうちょっと長さのある竿の方が釣りやすいかも、とのことだった
マリンの特価メタルジグに釣れてきた
小型でもタチウオの歯は鋭いので、フィッシュグリップ類はマストアイテム。新港で釣れるくらいのサイズなら大型魚のようにブツブツと切られるようなことは無いが、リーダーがギザギザに傷ついてロストするケースがあるので注意

ジグをチェンジして楽しむ この日はゼブラカラーに連発!

「昨日、釣ったときはフロントアシストのみで釣れたんですけど、今日はリアフック付きを使ったらリアに掛かることが多いみたいですね」とスグルくん。

ここでジグを「ガンガンジグSHOT」20gのゼブラグローにチェンジしてみたところ大当たり!

ガンガンジグ・ショットのゼブラグローカラーに連発!しかも、バランスが良いのかスレ掛かりは全くなくすべてリアトレブルフックに口掛かりしてきた
丹野社長はマリンで売っている2.7mのチョイ投げ用のリールセット竿でも釣り上げてみせた。いろいろなタックルで手軽に楽しむこともできる
スロー系(扁平幅広形状)メタルジグのリアフックにしっかりフッキング。タチウオ定番のグローストライプのほか、ブルーシルバーやゴールドなどを使い分けられると良い

基本はリフト&フォール 止めの時間は長めが◎

「ガンガンジグSHOT」で連発中のスグルくんに釣り方を聞いてみた。基本のアクションはリフト&フォールでOK。日中は浮いていることは少なく、ボトムを取ったら底付近でアクションさせる。取材日はリフト幅は大き目、スピードはゆっくりめの方がよかった。

リフトして止めたところでヒットするケースが多いのでアタリ取りに集中。やり取り中は食い上げて軽くなっても魚が付いている場合があるので、できる限りテンションを緩めず巻き続けるといいだろう。

釣り方の基本を動画で解説


旧型の「ガンガンジグ2」も試し、ガンガンジグのゼブラ系はかなり有効だった
上が旧モデルの「ガンガンジグ2・タチウオモデルUVレッドゼブラ」で、下が2020年シーズンにモデルチェンジした「ガンガンジグSHOT ゼブラグロー」(ともに20gサイズ)。基本設計は同じでどちらもよく釣れたが、ニューモデルはキラキラアシストを標準搭載していてアピール度がさらに高く、刺さりも向上している。価格もリーズナブルなので、みつけたら要チェックなのだ

OceanRuler(オーシャンルーラー) メタルジグ ルアー ガンガンジグII20g UVレッドゼブラ
OceanRuler(オーシャンルーラー) メタルジグ ルアー ガンガンジグ2 20g ゼブラグロー

時間によって回遊?詳細は今後の調査に期待

仙台港のタチウオは突如としてフィーバーしたため、詳細な生態やシーズンは不明なところも多い。取材時は海に向かった右手側がよく釣れていたが、夕マヅメになると港を回遊して全域まんべんなく釣れ出すとの情報もある。また、現在は仙台港パークのある港の最奥部にたまっている状態だが、ベイトの状況などにより港内に散らばる可能性も。

仙台港のタチウオがいつまで釣れ続くかははっきりとはしないが、例年の傾向からすると10~11月まではチャンスがありそう。爆釣が止まってしまう前に狙ってみてほしい。

隣の投げ釣りの方には中型のハゼが釣れていた。シャコエビを狙っている方も。これから秋にかけてハゼやシャコも盛期を迎える
最後にビニールゴミなどを拾って撤収。自分のゴミを残さないことはもちろんだが、積極的に周囲の清掃も心掛けたい

※週末など仙台港パークが大混雑し、違法駐車などのトラブルが多発しています。駐車場(7~18時)が一杯の場合は近隣の駐車場から歩くなどして路上駐車は絶対にやめましょう。また、公園には散歩などで訪れる方もいます。キャスト時に後方に注意を払うなど、マナー、ルールに従った行動をお願いします。



 
 
 

仙台周辺のエサやタックルはつりえさ倶楽部マリン仙台新港店で!

[釣具店情報]つりえさ倶楽部マリン 仙台新港店
仙台周辺の釣り情報、アイテムが揃うほか、活きエサの通販も可能。必要な時、事前にエサを取り寄せておくこともできる。まずはお問い合わせを!
TEL:022-786-3580
今回使ったジグなどは仙台新港店でも取り扱っている(タチウオ人気沸騰中のため売り切れ時はご容赦ください)
お店はKIRIN仙台工場(奥の赤い看板の建物)近く。つりえさの看板が目印


◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/つりえさ倶楽部マリン仙台新港店(仙台市)
 
 
PR