document.write(''); 2017年07月12日に大槌漁港・大槌周辺地磯・サーフでヒイカが30杯釣れた釣果情報です|美嘉丸(御箱崎釣具店)(岩手大槌港)|釣り河北
釣果速報 陸っぱり
防波堤、磯、サーフの釣果を掲載!投げ釣り、磯釣り、サビキ釣りはこちら。
  • 釣行日時
  • 17/07/12
  • 漁場・釣り場
  • 大槌漁港・大槌周辺地磯・サーフ
  • ヒイカ
  • 多い人で  30匹
  • ヤリイカ
  • 20 Cm
  •  
  • メバル
  • 10 - 20 Cm
  •  
  • ヒラメ
  • - 60 Cm
  •  
  • クロソイ
  • 20 - 36 Cm
  • 一人当たり  1 - 5匹

大槌漁港では、エギングでヒイカが安定。常夜灯周辺が好ポイントとなり多い人で20~30ハイほど。ここに胴長20㎝前後のヤリイカも数匹混じる。日ムラはるも割合はヒイカ8に対しヤリイカ2。ヒイカは先週よりもサイズアップ。ライトなタックルでのやり取りは手ごたえ十分。メバリングは全体的に低調。10㎝~20㎝が全体的にポツポツ。ウキ釣り(エサはアミエビ・オキアミ)では、ウミタナゴ15㎝~20㎝が1人10~20匹。サイズがやや小ぶりになった。一方、大槌周辺のサーフでは、ルアー釣り(ソフトルアー)で低調だったヒラメが復調。60㎝を筆頭に数匹上がった。リグはジグヘッド、テキサス。ワームはシャッド系の4インチ。ロックフィッシュは、アイナメがトーンダウン。やや深場に実績あり。ナイトクロソイは順調で20㎝~30㎝が1人1~5匹の釣果。水温も安定し警戒心の薄れたのかスイッチが入り良型が連発。36㎝の良型も上がった。猛暑が続くこれからの時期は、ナイトゲームが熱い

PR