document.write(''); 2019年01月30日ヤリイカが4杯釣れた釣果情報です|光洋丸(新潟寺泊港)|釣りTiki東北
釣果速報 船釣り
船釣りの釣果を全て網羅!カレイ船、ヒラメ船、一つテンヤなどなど。
  • 釣行日時
  • 19/01/30
  • 地域
  • 新潟  寺泊港
  • ヤリイカ
  • 一人当たり  0 - 4匹
  • アジ
  • 6 - 12匹

近海延長リレー便ヤリイカ⇒メバル五目&根魚釣り
釣果
ヤリイカ釣り
ヤリイカ 4~0杯 他スルメイカ
サビキ&根魚五目釣り
アジ 21~6匹位 中アジが多かったです。
ヒラメ船中2枚 1.2k 1.0k
ウスメバル 16~5匹
クロソイ 2~0匹 船中8匹
キジハタ 4~0匹 船中9匹
ウルメイワシ 多い人で30匹位
その他
ウッカリカサゴ、シキシマハナダイ、コダイ、良型ホウボウ、特大ウマヅラハギ、エゾメバル多数

今日はリレー便で出船。最初はヤリイカからスタートしたが浅場は水濁り強くヒット無し。
それはそうだ。昨晩まで時化続けていたから急に水がきれいになるわけがない。

オモリを100号に変えて水深の深いところへ入る。
開始と同時に2杯ヤリイカが見えたので流れていれば当たりだすかと思ったが、これが大外れ。
再び大移動。3回目のポイントが一番良かったが、もともと7時出船だったため、移動時間も含めて当たりやすい時間帯を逃してしまったようだ。

10時頃には、アタリはほぼ無くなったため、メバル五目に切り替える。
やや下げ潮だが、船の向きが安定しない。濁りも少なからずある為、喰いは思っていたより渋い。
そして、メバルよりもアジの方が良く当たる。

なかに小振りのアジも混ざる為、クロソイやキジハタの姿も見られた。
お昼頃になり、陽もさしてきて活性は高まる。

ウルメイワシの群れがやってきて落とす途中で入れ掛かり。天麩羅に程よい大きさの為これはうれしい。
そして、釣れたウルメイワシで落とし込みも楽しめた。
アジや、キジハタがまだ釣れるということは水温がきっと高いのだろう。例年はアジの姿が見えなくなりようやくウスメバルの活性が高まる。

いつもとは違う雪の状況だから今年もなかなか魚の到来が読めないが、時化が速く落ち着いてくれるのを願うばかりです。

PR