document.write(''); 2019年02月09日ウスメバル(アカガラ、オキメバル)が80匹釣れた釣果情報です|光洋丸(新潟寺泊港)|釣りTiki東北
釣果速報 船釣り
船釣りの釣果を全て網羅!カレイ船、ヒラメ船、一つテンヤなどなど。
  • 釣行日時
  • 19/02/09
  • 地域
  • 新潟  寺泊港
  • ウスメバル(アカガラ、オキメバル)
  • 多い人で  80匹
  • クロソイ
  • 一人当たり  0 - 7匹

近海延長便メバル五目&根魚釣り
釣果
ウスメバル 多い人で80匹以上(サビキ中心の方で)
コアジ多数
クロソイ 7~0匹 船中21匹 1K超え多数
キジハタ 6~1匹 船中16匹 良型多数
ウッカリカサゴ 船中12匹
ヒラメ 船中1枚 1.5K
マダラ 船中1匹 3k
その他
良型アジ、ウマヅラハギ、ウルメイワシ、マダイなど

今日はメバル五目の延長便。

昨日の時化を考慮して7時頃の出船...................................
とにかく今日は寒い。雪が舞う極寒の釣りスタート
開始早々は、空も暗く魚の反応もぱっとしなかったが幾度か流し変えているうちに徐々に釣れ出す。
ウスメバルは少ないが、コアジがとにかく多い。そして陽が高くなるにつれ大型のクロソイも釣れ始める。

開始から2時間以上経過してようやくウスメバルの活性が上がり始めた。
このウスメバルは、付け餌やアミコマセ無しでも剥げ皮の仕掛けだけで普通に喰ってくれる。但し、サバ短やイカ短を付け餌に付けた場合に比べ型が小さいことが多い。

そして、最近の海の状況としてアジも同じタナに混在している。大型のアジならよいが中・小サイズのアジが多い為、サバ短が針に付いていると逆にアジは喰いが落ちる。

従って、アジを釣るときはアミコマセに付けエサ無し、ウスメバルを釣るときはアミコマセに付けエサ有りといった感じで同時乗船のお客様の魚の釣れ具合を見ながら状況判断すると良いと思います。

ウスメバルのサイズは大きくても23cm程度。塩焼き唐揚げサイズです。脂が乗ってきたので大部ふっくらとしてきました。
一方アジは、小振りな物が多い為、主に泳がせ用の餌として考えてください。でも全ての針に掛かってくることも多いので唐揚げ南蛮漬けなど食用としても重宝しそうだ。
コアジが多数、そしてその日によってイワシ(カタクチイワシ、ウルメイワシ)もたくさん混ざるので、クロソイやキジハタの活性もこの季節にしては異常に高い。

12時頃まで同じポイントでやっていたが、潮が止まり反応がめっきりと少なくなったところで大移動。
そして移動先でもウスメバルのラッシュ!!
しかも、最初のポイントよりサイズアップ。

結局サビキ中心でメバル狙いの方は最高で80匹以上は釣れたようです。又、今日は今季初めてマダラが混ざりました。産卵で丘に入ってきた真鱈が春先に向けてメバル五目の釣行時に良く釣れます。思わぬ大物も現れるので今後ますます楽しみです。

PR