document.write(''); 2019年07月09日オキメバルが16匹釣れた釣果情報です|光洋丸(新潟寺泊港)|釣りTiki東北
釣果速報 船釣り
船釣りの釣果を全て網羅!カレイ船、ヒラメ船、一つテンヤなどなど。
  • 釣行日時
  • 19/07/09
  • 地域
  • 新潟  寺泊港
  • オキメバル
  • 23 - 35 Cm
  • 7 - 16匹

沖延長便深場五目釣り
釣果
沖メバル 16~7匹 35~23cm
マダラ 5~1匹 船中17匹
ホッケ 30~6匹
その他
良型オニカサゴ、ムシガレイ、カジカ、アズマハナダイ、カジカ
***************************************************************************
久しぶりに沖延長便深場五目釣りに出船。
昨年は空梅雨の影響で6月以降からホッケ真っ盛りでしたが、今年は雨が多くなかなか活性が上がらず。

今日は久しぶりに沖も青空がのぞいています。
潮の確認のため、100m台水深からスタート!!
季節外れなので沖メバルをあきらめてマゾイやムシガレイでもヒットすればと周辺の反応を見ると、これがまた何故かメバルの反応ばかり!!

サイズは30cmオーバーから25cm前後までばらつきはあるものの、多いと4点かけで釣れてくる。思わぬお土産に皆さん嬉しそう。
1時間程度で深いポイントへ入る予定でしたが、沖メバルの反応が濃いため、結局9時30分までメバルを楽しんで移動。

満を持して入った深場のポイントは60~100m付近に怪しい反応。あ~やっぱり................ベイトをむさぼるM●G●R●がぁぁぁ..........
そこまで落としても、ベイトも魚もいない。

再びメバルに戻るか迷ったが、怪しい反応を避け少し離れたポイントに入れると、ようやくホッケのスタート。
良型のマダラも混ざり良い感じだ。ソウハチカレイは今日は姿を見せなかったが、メバルやホッケ、マダラで大漁まではいかなかったが写真のクーラーボックスのようにそこそこのお土産はできました。

沖メバルの仕掛けいらないよとお客様に行っていましたが、念のため用意してください。(代用で深場と併用のフィッシングゼロのピンクフラッシャー仕掛け又は、ハヤブサの房総フラッシャーでも沖メバルは喰います。房総フラッシャーの場合は枝間が1mと、少し遠いですが、2~3匹掛ける程度には問題はありません)
////////////////////////////
夜便スルメイカ釣り
釣果
スルメイカ 28~1杯 胴長25~20cm
その他
サバ
***************************************************************************
夜便はスルメイカに出船。

波もなく風もなく静かなスタート。
近くにベイトを追っかけている大型の魚がいるため、なんとなく魚群探知機の反応もそれなり.............................

時間になれば釣れるかと待ったが21時を過ぎても浮上せず。タナを下げて単発でポツポツと釣れたが、後半の1時間半はラインがなびき、オマツリ連発。
今日は悪潮に苦しめられました。

PR