document.write(''); 2019年08月12日アジが釣れた釣果情報です|光洋丸(新潟寺泊港)|釣りTiki東北
釣果速報 船釣り
船釣りの釣果を全て網羅!カレイ船、ヒラメ船、一つテンヤなどなど。
  • 釣行日時
  • 19/08/12
  • 地域
  • 新潟  寺泊港
  • アジ
  •  

近海延長便サビキ&根魚五目釣り※泳がせ釣り
釣果
アジ 30位~6匹
ヒラメ 2~0枚 船中7枚 4.5k 3.8k 3.0k  他2k前後が4枚
クロソイ 2~0匹 船中7匹 1.5K~2.0kサイズでした
マトウダイ 2~0枚 良型サイズです
その他
キジハタ、サバ、マエソ、カタクチイワシ、ウマヅラハギ、レンコダイ、ハナダイ

夜便アジ釣り
釣果
サバ 多い人で10匹位
アジ 多い人で8匹位
レンコダイ 5~1枚
コイワシ多数 
アカイカ 1~0杯

午前便は近海延長便サビキ&根魚五目釣りに出船
凪良く、朝から餌アジポツポツと釣れてよい感じだ。カタクチイワシやマイワシの子供が針にかかるため、そのままにしておくとキジハタやクロメバルなどの姿も見える。大体だが、アジは9時30分頃までは釣れることが多い。それ以降は気温の上昇とともに移動してしまう。

後半泳がせ釣りとサビキを並行で行うために移動。そして、前半にヒラメが5枚。ここ最近よく釣れるマトウダイが2枚、良型のクロソイなども混ざり良い感じだが11時を回り北の風に変わり始めて喰いが落ちる。その後移動しながら、最後に再び掛け上がりのポイントで2k台ヒラメが2枚ヒット。後半に北風が吹くとアタリが途絶えがちになるため、ここ最近は前半が勝負のようだ。

夜便はアジ釣りだ。
イワシのベイト高く、魚探にはびっしりと反応が映る。
しかし、アジの集まり悪く後半まではほぼコイワシ釣り。

イワシはよく見ると3種混ざり。カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシ...............
魚が釣れだすまで暇なため、20m前後水深で1号ハリス幹2号くらいの小針の仕掛けで遊ぶのも楽しい。こんな小さいやつでも片栗粉付けて油で揚げて塩コショウを振って食べるととても旨いのだ。そして、ここで釣れるコイワシは根魚釣りの付けエサとして万能だ。
もし、付けエサ用にストックしたい場合は、釣れたらすぐタッパや袋に入れてクーラーにしまいます。

後半になりようやく強い当たりが見え出したが、アジではなくサバだ。それもしめさばに程よい大サバ混ざり。結局最後までアジは空振りでしたが、なぜか、レンコダイがそこそこ混ざりました。台風の時化後、海が変わるので今後期待です。

PR