document.write(''); 2020年02月02日ヤリイカが4杯釣れた釣果情報です|光洋丸(新潟寺泊港)|釣りTiki東北
釣果速報 船釣り
船釣りの釣果を全て網羅!カレイ船、ヒラメ船、一つテンヤなどなど。
  • 釣行日時
  • 20/02/02
  • 地域
  • 新潟  寺泊港
  • ヤリイカ
  • 一人当たり  0 - 4匹
  • スルメイカ
  • 一人当たり  0 - 9匹
  • アマダイ
  • 一人当たり  0 - 3匹

延長リレー便ヤリイカ&スルメイカ⇒アマダイ釣り
釣果
(ヤリイカ&スルメイカ実釣2時間30分)
ヤリイカ 4~0杯 船中12杯
スルメイカ 9~0杯 船中36杯
(アマダイ釣り)
アマダイ 3~0匹 船中12匹
その他
レンコダイ、マダイ、ウッカリカサゴ、オニカサゴ、ベラ、キジハタ、アジ、ハナダイ、ウスメバルなど
***************************************************************************
本日は近海のリレー便。
スルメイカとヤリイカからスタートだが朝の凪が悪いため、7時に出船。

浅場はうねり強く、深場に入りやや落ち着いたが、それでも風は強めで凪は決して良くない。
潮は当初1ノット程度で流れたが、アタリは乏しく。陽が少しさしはじめてからようやくポツンポツンとイカが見えた。

期待したヤリイカは少なく、スルメイカの方が内容的には多かった。ただ、僚船情報では場所によってはヤリイカばかりのところもあったようです。

2時間30分ほどでイカを切り上げ、アマダイに移動したが、こちらも朝までの凪の悪さのせいか喰いは渋い。川の水濁りと底潮の濁りのせいか、漁礁の上も魚の反応はあまりない。

暫らく流してから大移動。ようやくポツポツと魚のアタリが出始めたのは14時頃より。15時沖上がりの予定の為、ラスト一時間しかない。
流すたびに1匹2匹とアマダイは見えたが、型は小振りが多かったようです。
せめて時化後2日位経過していればよいのだが、今日の場合は時化の中日ということもあり釣果は伸び悩みました。

PR