document.write(''); ヤマメの釣果|岩手の釣り|フィッシングチームHUNTER'S|2018年03月01日
釣果速報 淡水
渓流、河川、湖沼の釣果を掲載。トラウト、アユ、ワカサギ、バスはコチラ!
  • 釣行日時
  • 18/03/01
  • 地域
  • 岩手
  • ヤマメ
  •  
  •    

待ちに待った、解禁日!

今年も行って参りました。
毎年楽しみにしている、渓流解禁のお祭り。


岩手県の解禁日は、毎年、3月1日。

楽しみは、
少し前から始まっているのです...

それは、
解禁日に使うミノーを作るところから。

どんなフォルムにしようか?

どんなカラーにしようか?

どんな動きにしようか?

現場での魚の反応を想像したり、
昨年の渓魚の写真を見返しながら、
ニヤニヤと考える時間も楽しいのです。笑

今年は、
少しだけ丸みを持たせたボディに、
木目とアワビで艶っぽく。

こう言った、
自由な発想やカラーリングは、
ハンドメイドならではの魅力のひとつ。

決して、
全てが思い通りに作れるわけではありませんが、
自分で作ったルアーで釣った1匹は格別です。

ましてや、
解禁というお祭りの最中なら、なおさら...

さて、
準備も楽しんだところで、解禁日を迎えました。

向かうのは、
岩手県沿岸南部を流れる河川。

今年は、
沿岸部も雪が少し多いですね。

おまけに、
雨に風と生憎のコンディション。

この時期はショートバイトが多いため、
追ってきた魚をサイトで掛けていけないのは、
わたしにとって厳しい条件となります。

そんな状況ですが...

ファーストフィッシュから飛ばす、
同行の御二方。笑

私には、
運がなく、
無念のフックアウト...

それでも、
頑張って釣っていくと、
わたしにも嬉しいファーストフィッシュ!

可愛いサイズながら、
錆の残った綺麗な越冬個体。

サイズに関係なく、解禁フィッシュは、
自然と笑顔にさせてくれますね♪

流れの中にある石の前でターンさせると、
ミノーに向かって飛び出してきました。

同行の方々も、
この時期では珍しく、
流れの中でのヒットが多い模様。

その後も、小振りながら、
流れの中や、この時期に実績の淵や落ち込みでのバイトが続きます。

水温は例年と同様ながら、
多少の濁りにより活性が上がり、
流れの中でも反応してきたのではと推測。

ひと通り釣り終えたところで、
徐々に強くなる濁流を気にしつつ、
午後に備え、昼食タイム。

生姜焼きやカツカレーを食べて、
気合いを入れますが...

濁りが強過ぎると判断し、
午後の部は断念。

初日は、
ハンドメイドミノーにこだわって釣りましたが、
カラーで反応に差が出ているように感じる場面が多々みられました。

その点を踏まえ、
翌日の釣行に続きます。


ロッド:アークストリーム ASS-50 / Valley hill
リール:セオリー 1003 / DAIWA
ライン:アプロード GT-R トラウトエディション 4lb / サンヨーナイロン
ルアー:ハンドメイドミノー 5cm

  •           
  • PR