document.write(''); イワナの釣果|岩手の釣り|フィッシングチームHUNTER'S|2018年03月26日
釣果速報 淡水
渓流、河川、湖沼の釣果を掲載。トラウト、アユ、ワカサギ、バスはコチラ!
  • 釣行日時
  • 18/03/26
  • 地域
  • 岩手
  • イワナ
  •  
  •    

透きとおる岩魚達との戯れ!


大雨後の増水が残り、
釣り場が限られるこの日、
かっぱの里を流れる渓を探索。

おまけに、
各所で大規模な河川工事をしていて、
結構な濁りが入っています...


増水&濁りの影響が少ないエリアを
探して歩き、入渓。

皆、考えることは同じなのでしょう。

雪の上や河原には無数の足跡。

プレッシャーは高いだろうと、
テンポ良く釣り上がっていくと...

ちょっとした落込みから、
一瞬出てきた魚影。

すかさず、
戻ったえぐれの下にルアーを通し、
先程より気持ちスローなアクションで誘い...

透明感のあるキレイな魚体。
嬉しい1匹目♪

釣り上がる最中、
所々で渓に覆いかぶさり、
遡行を邪魔する倒木。

そして、
下に垂れ下がる氷柱。

水飛沫が何日もかけて創り出す、
自分では想像することのできない形。

この時期ならではの楽しみの一つ。

そんな、
景色も楽しみながら釣り上がっていきます♪

プレッシャーも高めなのか、
それほどチェイスは多くありません。

それでも、
木の根っこ下のえぐれや
相対的に水深のあるプールなど、
ココ、おいしいな!というポイントでは
何かしらの反応があるので、ドキドキ。

腹部のオレンジの斑点が蛍光色っぽく、
綺麗で見惚れてしまった1匹。

エメラルドグリーンの綺麗なアイシャドーが、
とても似合っていた1匹。

底質が砂ということもあるのでしょうか、
透きとおる魚体のイワナが多かった渓。

場所によって違った表情をみせる渓魚達、
見飽きることはありませんね。

ふと、
苔に目を向けると、

苔の花が咲き始め、
春の足音が近づいてきているのを感じますね。
(実際には花ではないが...)


タックル
ロッド:Arcustream ASS-50 / Valleyhill
リール:THEORY 1003 / DAIWA
ライン:APPLAUD GT-R TROUT EDITION 4lb / SANYO NYLON
ルアー:7Degree SD-50HW / ANRE'S

PR