document.write(''); [イベント情報] がまかつ新製品展示予約会【報告】 - 宮城県 -結果:釣りTiki東北

[宮城県] (結果) がまかつ新製品展示予約会【報告】

春の恒例イベントとなっている「がまかつ新製品展示予約会」が、3月6日(日)、仙台のサンフェスタ卸町会館において行われた。この日は竿、ウェア、仕掛け、などなど多数の展示品を手に取って確かめられる年に一度のチャンスということで、多ジャンルの釣りファンが東北各地から集結。用意されたカタログが午前中には無くなる人出となった。また、当日予約特典の竿のネーム入れも、がま竿フリークには大好評。ゲストに招かれた、がまかつテスター陣の講演会、豪華景品が当たる大抽選会などの企画も大きく盛り上がった。

【イベントの模様】
先着プレゼント
週末釣り倶楽部&釣り河北ブースでは携帯メルマガ会員様限定の「先着プレゼント企画」を実施。開門1時間前から並んでくださった方も多数。釣り河北を見てご来場くださった皆様、ありがとうございました!
俯瞰
新製品に触れられる展示コーナー、講演会や抽選会を行うイベントコーナー、がまかつ特約店の予約コーナー、いずれも朝から大盛況となった
船テスター陣
コラムや釣行記でもおなじみのフィールドテスター、伊藤育男さん、菅野順也さん、川村志信さんの3人による講演タイム。東北のカレイ釣りを中心とした船釣り談義に、コアなファンも熱心に耳を傾けていた
船ロッド
がま船コーナーのオススメ商品。菅野さんが持っている「タイドスターヒラメ」は、抜群の感度、食い込み性、バットパワーを兼ね備えたヒラメ竿。真ん中の伊藤さんが推す「鰈幻」は、特に流し釣りで威力を発揮する、高感度設計のカレイ竿最高モデル。川村さんの持つ「カレイ競技SPECIALⅡ」はかかり釣り、流し釣りのどちらも扱いやすいバランスに優れた1本

風景
上)がまかつの原点である、ハリ、仕掛けの新製品ももちろん充実。下)各ジャンルの竿が一堂に並べられ、実際に手に取って見れる貴重な機会になった
野嶋さん
アユ釣りの名手として有名なフィールドテスター野嶋玉造氏は、がま鮎競技V5などについて解説。サービス精神旺盛な野嶋さんの熱弁にアユ釣りファン以外にも多くの人が足を止めていた
池田さんと佐藤さん
イベントブースでは週末釣り倶楽部総監督のGFG池田正義さんより、新レポーター佐藤敦子さんのお披露目が行われた。「釣り経験の全く無い初心者ですが、きっと釣りにはまってくれるはず。今後の成長にご期待ください!」と池田さん
抽選会
来場者の一番の楽しみは午前、午後2回の大抽選会。大型液晶テレビをはじめとする豪華景品が多数用意され、当選者を選ぶ池田さんの右手にイベントブース中が注目した

久保野テスター
がま磯センティオ、がま磯枯冴でのやりとりを実演するフィールドテスターの久保野孝太郎氏。実釣再現マシーンを上手く利用して、さながら実釣中のように解説していた
栄健さん
山形在住のがまかつLuxxeスタッフ鹿野栄健さんのおすすめ商品は、ロックフィッシュロッドの「岩鬼FⅡ」。中でも手に持っているB78Hは、東北の大型根魚に対応するパワーとショアで有利なレングスを備えた1本だ
池田さん
人気の磯釣り実釣体験マシーンに池田さんが挑戦。「こんなのまだまだ!これからこれから!」というスーツ姿でのちょっと大げさ(?)なパフォーマンスに、歓声ではなく笑いが起こってました


登録日:2011/03/07
 
 
PR