document.write(''); [イベント情報] 松島湾アマモ場再生会議 平成26年度総会 - 宮城県 -結果:釣りTiki東北

[宮城県] (結果) 松島湾アマモ場再生会議 平成26年度総会


平成26年6月24日(火)、震災で失われたアマモ場の再生を通して、松島湾の環境復興活動を展開している「松島湾アマモ場再生会議」の総会が行われた。平成25年度の活動報告と平成26年度の事業計画を提示した。
 

amamo01.jpg
会場のホテルグランドパレス塩釜にて、開会の挨拶を述べる桑原茂会長。総会の議長を務めた

伊藤栄明副会長が昨年の活動を報告。2013年は11月に300人を集めて「全国アマモサミット2013inみやぎ」を行ったほか、アマモ花枝採取や引き網調査、親子向けのモ場生物観察会など多岐にわたる活動を実施。また、「日本水産工学会特別賞」と「生物多様性アトラクション大賞復興支援賞」を受賞し、「トヨタ環境活動助成」として東京トヨタ倶楽部より300万円を授与されている。

2014年に入ってからも、5月に東松島市の漁業者向けの勉強会を開催。松島湾を空撮し、撮影されたアマモ場の状態を調査したところ、各所でモ場が再生傾向にあり、平成25年度に移植したエリアの定着も確認。今年は新たに里浜への移植活動も開始した。活動3年目となる今季はアマモ場の再生を加速するとともに、一般向けイベントなどを通して周辺市民の環境復興への理解を深める活動も進める予定だ。
 

amamo02.jpg
「アマモ場再生は震災前を超えようという復興活動の一つ。藻場(モ場)の喪失により生態系に変化が生じている中、旧来通りの海を取り戻しましょう」と佐藤昭塩竈市長

 


登録日:2014/06/25
 
 
PR