document.write(''); [イベント情報] シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会 インストラクター選抜戦 - 全国 -結果:釣り河北

[全国] (結果) シマノジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権大会 インストラクター選抜戦

2016y11m08d_163953137.jpg

2016年10月29日(土)、愛媛県日振島の磯にて、2016シマノ・ジャパンカップ磯(グレ)釣り選手権インストラクター選抜戦が開催された。

全国の名だたるシマノ磯インストラクター(アドバイザー、フィールドテスター含む)17選手による、全国大会出場権4枚のキップをかけた熾烈な戦いが繰り広げられた。

メンバーは、常連のテスターに加え、唯一の女性フィールドテスターである遠藤いずみ選手、そして過去に2度の全国大会を制覇し、今年からシマノ・フィールドテスターの仲間入りとなった友松信彦選手も参加。さらに豪華多彩な顔ぶれ。インストラクター選抜戦で使用した磯はセミファイナル大会同様、宇和島湾内の防波堤を使用した。

普段はエサが入っていないため朝イチは釣れ出しが遅いものの、一旦グレが寄ればコッパの大群。名だたる名手たちはポイントやタナの見極めはもちろん、仕掛けやエサを工夫し、サイズUPを図る。さて、2時間2試合制の競技が終了。ほぼ均一した条件での試合は、かつてない星のつぶし合いが随所に見られた。2試合を連勝したのはわずか2選手のみで、連敗が3選手。なんと、10選手が1勝1敗。

1位は江頭弘則選手、1958年の第1回大会で優勝し通算5回の全国制覇を成した徳島の重鎮。今や大グレ磯師のイメージがありますが、見事にコッパをかわし連勝で6ポイント獲得。2位は友松信彦選手。2試合目の僅差をかわし、初出場で連勝の6ポイント。3位は矢部裕之選手。1勝ですが負けは無く、困難な3人対戦で2位になり1.5ポイントが加味され4.5ポイント獲得。4位は花田欣也選手。3位と同様に4.5ポイント獲得という結果となった。


詳細は下記URLをご覧ください
http://fishing.shimano.co.jp/event/2016/japan_cup/iso/result/selection.html


登録日:2016/11/08
 
 
PR