document.write(''); [魚種別攻略法] アオリイカ - アオリイカ/海水 - 基本的な道具立て、釣り方を解説:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
  • 海水
  • 【東北の魚種別攻略】

    アオリイカの陸っぱりエギング

    アオリイカ
    アオリイカ
    アオリイカの釣り方にはルアーのエギングと小アジなどを使うエサ釣りがあるが、アオリイカが本格的なターゲットになって10年ちょっとの東北地方では、老若関係なくほとんどがエギングのアングラー。ここではアオリイカのエギング(陸っぱり)について基本的なところをまとめてみた。

    東北の釣り場

    東北のアオリイカ釣り場はほぼ日本海側で、新潟(東北ではないが)の下越地方から山形県の庄内磯、秋田の象潟から男鹿磯、八森周辺、青森の西海岸、津軽半島までズラリと好ポイントが並ぶ。東北太平洋側でも福島、宮城では実績があって、宮城県の七ヶ浜周辺は数は狙えないものの、熱心に開拓しているアングラーが存在する。岩手県でも過去に大船渡などでアオリイカが釣れた情報が確認されている。

    [釣行記]仙台アオリ実態調査継続中!

    シーズン

    アオリイカのエギングには親イカのシーズンと新仔の秋シーズンとが存在する。
    ■親イカシーズン:春から初夏にかけて、産卵のために接岸した親を狙う。本来、1kg、2kg以上の大型を狙えるシーズンだが、東北地方は関東以南に比べて親イカのキャッチ率が著しく低く、ほとんど狙われていない。東北地方は水温上昇が遅いためか、他地域より遅めの夏の入り始めに釣れたりする。
    ■秋シーズン(新仔):エギングのシーズンとしてはこちらがメイン。初夏、浅場の藻場等に産みつけられた卵が孵化、成長し、胴長10cm程度の通称コロッケサイズになったところを狙う。シーズン初期のイカは群れやすく、またスレていないため釣りやすいが、本格的にシーズンに入って1週間ほどすればイカも賢くなり、釣り上げるのにテクニックが必要になる。イカの成長は早く、秋の間にぐんぐんサイズアップ。東北では9月に入る頃から釣れ出し、9月一杯が初期の盛期。10月、11月は数は減るが、型狙いの時季。12月には終盤となってほとんど釣れなくなってしまう。

    タックル・エギ

    エギング文化の発展とともにタックルも多様化している。スピニング、ベイトとあるがスピニングタックルが一般的だ。小中型のエギをバランスよく使える汎用タイプのロッドが多数リリースされているので、初期から盛期まではイカのサイズに合わせ2.5号~3.5号のエギと、エギサイズに対応した8~9ftくらいのロッドを用意する。

    ラインはPE。細糸も使われているが、これから始めるなら0.8号前後が一般的。リーダーはフロロカーボン2~2.5号くらい。リールはダイワ、シマノとも2500番前後の、できればある程度性能に優れたものを使いたい。


    [ロッド・リール]

    ダイワ(Daiwa) リバティクラブ エギング 832M 785563

    ダイワ(Daiwa) リール 14 リバティクラブ 2506H
    エギングに求められる最低限の性能を満たしたコストパフォーマンスモデル。手に入れやすい価格帯でエギング入門におすすめ。スピーディにポイントを撃ち分けるエギングではハイギア仕様のリールが多く使われている

    [ライン]

    サンライン(SUNLINE) ライン PE EGI ULT 180m HG #0.8

    サンライン(SUNLINE) ライン SaltWater Special エギリーダー SV-1 30m 2号
    ラインはPE0.8号にリーダーフロロ2号前後。操作性と視認性に優れたエギング専用ラインが釣りやすい

    [エギ]

    ヤマシタ(YAMASHITA) ルアー エギ エギ王 Q LIVE 2.5号 ラメ/ピンク/金テープ
    乗せたイカに体温変化でアピールするウォームジャケットを採用している


    ハヤブサ(Hayabusa) ルアー エギ FINA 超動餌木 乱舞 V3 3号 アカテブラウン FS505-3-8 どうしても追い切らないスレイカのスイッチを入れるV3フラッシュ仕様


    ささめ針(SASAME) P-403 道具屋 エギスナップ L
    素早くエギを交換できるエギスナップ

    ポイントと釣り方

    アオリイカは藻場のある所を好み、沈み根やカケアガリなどストラクチャーに着いて、小アジなどの小魚を捕食している。アオリは淡水を嫌うので、釣り場を選ぶ時は川水の影響の少ないエリアが◎。

    初期は浅場に群れているイカが漁港や磯場から見えることも多く、イカを散らさないようにエギを投入する。アクションはシャクリ、フォール、ステイの組み合わせ。以前は「ビシバシ」といったシャクリの釣りがアオリの代名詞になっていたが、最近は小さめに動かすエギやフォールで乗せるタイプのエギも多くなっている。底付近まで沈めてから数回シャクって~再びフォールが基本。レンジはボトムから始めて、イカが誘い出されて浮いてきたら中層~表層を狙う(ボトムばかり狙うとタコが来ることも)

    見えイカを狙う場合は、エギをチェンジしたり、アクションを変えたりしながら、追いかけてくるイカを如何に乗せるか(ダジャレじゃないです)が面白い所。イカをバラして墨を吐かれてしまうと、イカが警戒して釣れなくなってしまうので注意。イカを怒らせながら、上手に誘い出せば、連続ヒットも可能になる。

    また、釣り人が増えてイカスレてきたり、成長して賢くなると浅場の簡単な所では釣れなくなる。シーズン盛期を過ぎてからは沖側の竿抜けポイントを探ったり、警戒心の強めのイカを何とか乗せるテクニックも必要。エギのサイズを大きくして遠投したり、下地テープを含めたカラーの使い分け、アクションの異なるエギの使い分けなど、アングラーはあらゆる手段を駆使してアオリイカと対決する。

    そのゲーム性の高さに夢中になる人の多いアオリエギング。東北ではシーバス、ロックフィッシュが調子を落として釣り物が少なくなる時季に釣れることもあり、初秋限定で楽しむという方がかなり多いのも傾向だ。


     釣ったイカをおいしくキープするための締め具
     
     
     
     
     
         
    PR