document.write(''); [魚種別攻略法] チカ/防波堤 - チカ/海水 - 基本的な道具立て、釣り方を解説:釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
  • 海水
  • 【東北の魚種別攻略】

    防波堤のチカ釣り

    チカ
    chika
    ワカサギの仲間で、見た目はそっくりだが、河口や河川には入らない完全な海水魚。産卵は春に砂浜で行う。砂浜に移動する産卵期以外はほぼ年中、漁港や磯などから狙えるが、最も人気が上がるのは他の釣り物も少なくなる秋から冬にかけて。

    ベテラン、上級者にはウキ釣り、ミャク釣りも人気があるが、ここでは一般的なサビキ釣りの方法を中心に紹介します。

    [関連]

    チカのサビキ釣りを解説



    場所選び:漁港を巡って群れのいる場所で竿を出す

    東北地方では、宮城県牡鹿半島から青森県の太平洋側にかけての三陸地方の漁港で盛んに狙われる。漁港内の岸壁周りや防波堤先端周辺など、海面を見てチカが群れている場所を見つけられれば好釣果を得られる可能性が高い。また、チカ狙いの釣り人が並んでコマセが効いているところも有望だが、釣り人に攻められてスレてしまっている場合も。



    道具立て:ノベ竿とサビキ仕掛けだけでOK

    竿は2.4~4.5mくらいのノベ竿で、これに0.8~1号くらいの道糸を結び、サビキ仕掛けを接続するだけ。足場の高さにもよるのだが、仕掛けの全長が竿の長さよりちょっと短いくらいにすると、取り込み~振り込みの手返しがラクになる。足場が高いようなら竿の長さ、仕掛けの長さを長めにすると◎

    仕掛けはチカ用のサビキが各種販売されている。タイプはアミエビの色に近いピンクスキン系が安定している。ピンクスキンを基本に、状況によりハゲ皮、サバ皮、ウイリー等使い分けるとなおよい。

    また、スピード仕掛け、トリック仕掛け、パニック仕掛けなどバケの無い素バリの仕掛けにスピードエサ付け器でアミコマセをまぶして釣る方法も人気。エサのアミエビをハリにまぶすので食いがよく、ハリから落ちたアミが撒き餌効果を生み、サビキより釣果が安定することも多い。

    竿は万能竿、小継竿と呼ばれる2.4~4.5mを。足場の低い岸壁なら3m前後、防波堤などなら4mちょっとくらいが扱いやすい
    チカ専科 蛍光ピンクスキン チカ」(ハヤブサ) ピンクスキンの中でもよく目立つ蛍光ピンクのカラースキンを使っており、濁り時やローライト時などに効果的
    チカ専科ハゲ皮秋田キツネ(ハヤブサ) 光沢のあるハゲ皮を使用したチカ用サビキ
    スピードチカ仕掛」(がまかつ) スピード餌付け器に対応したカラバリ系の仕掛け。実績の赤、金バリを交互に配置、夜光留でもアピール
    速技スピードチカオレンジウーリー8本」(ハヤブサ) そのままでもウイリーでアピール出来、スピード餌付けと併用することでアミコマセのエキスがウイリーにしみ込んでアピール効果大


    釣り方:チカを満腹にさせないコマセワークがキモ

    釣り場に着いてチカの存在を確認したら、まずはコマセを撒いて魚を寄せる。実績ポイントであれば群れが見えなくても、コマセを撒けば寄ってくることも。

    エサはコマセアミ(アカアミ)。冷凍ブロック、塩アミどちらでも構わないが、テクニック的には冷凍アミエビを海水で薄めて、上澄みだけを撒くのがベター。アミの匂いだけでチカは集まるので、あとはお腹いっぱいにさせないようにしてハリに食わせるようにする。

    撒き餌はアミコマセが確実だが、米ぬかも集魚効果に期待できる。米ぬかは精米所などでもらえることがあるので、チカがいるかいないか微妙なケースでは、とりあえず10分ほど米ぬかを撒いてみて、魚が寄ってくるかどうかチェックしてみるのも手だ。

    チカがスレてくると食いが悪くなるので、潮にハリスを乗せるようにして、バケやハリが自然に漂うように誘いをかける。この釣りは魚影が見えることが多く、一瞬のアタリにアワせる作業にハマるはず。バラシが多いと群れが散ってしまうので、真剣に楽しもう!

    エサの赤アミ(冷凍アミ)。凍っているのを海水で溶かし、上澄みをコマセにする(トリック仕掛けなどではハリにまぶして食わせエサにする)
    コマセを溶かすバケツとスピード餌付けが一緒になったこちらが便利。コマセを撒くためのスプーン等も忘れやすいので注意しよう


    食べ方:天婦羅、から揚げが定番。大型は刺身が美味

    チカの食味はワカサギとほぼ同様で、天婦羅やから揚げの揚げ物から、一夜干しなど焼き物、甘露煮など何でも美味。ワカサギとは異なるのは、海水魚なので刺し身で食べることができる点。10cm級だとちょっと難しいが、20cmクラスのジャンボチカが釣れたらぜひ刺し身にしたい。

    [関連]

    チカのエサ釣りを解説

     
     
     
     
         
    PR