document.write(''); [魚種別攻略法] サクラマス - サクラマス/淡水 - 基本的な道具立て、釣り方を解説:釣り河北
  • 淡水
  • 【東北の魚種別攻略】

    サクラマス

    サクラマス
    春先から初夏にかけて河川に遡上し、東北各地の主要河川で狙えるサクラマス。美しい風貌と釣れる確率の低さからアングラーが憧れる魚でもある。まだ寒い季節、1本出るか出ないかの釣りは「修行」と言われることも。

    ここでははスプーンやプラグを使ったルアーフィッシングをガイド。遊漁券が必要な魚種で、河川、地域によりシーズンと規則が異なるのでご注意を!



    サクラマスの生態

    サケ目サケ科。幼魚と陸封型がヤマメで、降海したもの(一部湖沼陸封型)が銀化してサクラマスとなる。河川のヤマメは大きくて30~40cmくらいだが、サクラマスは大型個体で70cmくらいになる。ダム湖などに育つ陸封型(ランドロック)のサクラマスは50~60cmくらいと降海型より少し小さい。

    改訂新版 サケマス・イワナのわかる本 サケ科魚類学のバイブル 待望の改訂! Salmon, Trout, Charr
    山と渓谷社
    外洋を回遊するサケ、マス類や陸封のイワナなどの生態が分かりやすい一冊。
    販売価格 ¥2,376
    (2018年1月時点の価格)


    遠投性、操作性に食い込み性も備えた桜鱒用タックル

    ロッドは8ft台、最大負荷28g程度のレギュラーテーパー。広い河川で遠投し、大型サクラマスをやり取りするパワーに、食い込みの良さも必要。汎用モデル1本でも十分釣りは可能だが、ミノー、スプーンといったルアーの種類や、想定する河川(湖沼)規模によって長さや性能を使い分けるとベター。

    ラインはPE1号前後、リーダー12~16Lb。リールは2500~3000番前後のスピニングリール。

    [関連]

    サクラマスタックルの基本

    Jackson(ジャクソン) トラウトアンリミテッド TUSS-882ML.
    Jackson(ジャクソン)
    適度なパワーを備えた汎用性に優れた1本。軽量なミノーにはTUSS-822MLを
    販売価格 ¥28,153
    (2018年1月11日時点の価格)
    アブガルシア ロッド トラウティンマーキス TMS-862MH
    Abu Garcia(アブ・ガルシア)
    28gまでのルアーを使用可能なオールラウンダー
    販売価格 ¥15,293
    (2018年1月11日時点の価格)
    [関連]

    人気のサクラマス用ロッド

    アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール REVO MGX 3000SH
    Abu Garcia(アブ・ガルシア)
    軽量化ボディにより1日ロッドを振っても快適
    販売価格 ¥26,486
    (2018年1月11日時点の価格)
    [関連]

    サクラマス用ラインの話



    サクラマスゲームに使えるルアー

    ルアーは17gくらいのスプーンかシンキングを中心としたミノーがメイン。遠投が必要ならばバイブレーションなども使用する。

    マスがボトム付近に沈み気味の時など、根掛かりの危険が高い時はスプーンでボトム付近を攻めることが多い。マスが流れの中を泳いでいる時などはミノーでレンジを攻略してみたりと、状況に合わせて使い分ける。

    [関連]

    サクラマス用のルアー選び



    スプーンの人気アイテム

    ダイワ(Daiwa) スプーン ルアー チヌークS 17g FRS
    ダイワ(Daiwa)
    スプーンの定番!優れたコスパで実績も◎
    販売価格 ¥471
    (2018年1月時点の価格)
    フォレスト(FOREST) ルアー リアライズ newカラー 18g No.15 スプーン
    フォレスト(FOREST)
    2017年シーズンも実績を上げたスプーン
    販売価格 ¥756
    (2018年1月時点の価格)
    シーレーベル adrowa プロビア 【限定カラー】両面ハンマード #5 ブラック赤点 14g
    ssyLABEL(シーレーベル)
    アドロワシリーズも各地で人気上昇中
    販売価格 ¥732
    (2018年1月時点の価格)


    ミノーの人気アイテム

    Jackson(ジャクソン) ミノー メテオーラ 80mm 15.5g スモークブラックオレンジベリー
    Jackson(ジャクソン)
    東北の巨匠監修によるサクラマス用ヘビーシンキングミノー
    販売価格 ¥1,944
    (2018年1月時点の価格)
    JACKALL(ジャッカル) ミノー トリコロールGT 88MD-F 88mm 10.8g テネシー
    JACKALL(ジャッカル)
    サクラマスとサツキマスをターゲットに開発されたミディアムダイバー
    販売価格 ¥1,220
    (2018年1月時点の価格)
    [関連]

    スプーン用シングルフックの作り方

    がまかつ(Gamakatsu) TR-24 シングル 1/0 67884
    がまかつ(Gamakatsu)
    サクラマス用に開発されたシングルフック
    販売価格 ¥416
    (2018年1月時点の価格)
    がまかつ(Gamakatsu) トレブルSP-MH 5
    がまかつ(Gamakatsu)
    トーナメントグレードワイヤー採用。シャンクが短めのフック
    販売価格 ¥614
    (2018年1月時点の価格)

    サクラマス釣行のタイミング

    河川ごとに、サクラマスの遡上タイミングに合わせて釣行することが重要になる。遡上時季に加えて、水量、水温の状況や潮汐のタイミングによって状況は異なり、大潮の後など潮の動く時の方が遡上が多い傾向がある。

    [関連]

    北上川水系のコンディション

    河川、地域によって遊漁のシーズンと釣れるタイミングが異なる。山形、秋田の河川は3月か4月の解禁のため解禁直後がお祭りムードになり、実際に釣果も期待できることが多い。

    一方、宮城の北上川水系は1月20日に解禁するが、釣れるのは解禁から少し経ってから。3月、4月にピークが訪れるので、確率の低い季節から通い込む人と、チャンスに狙いを絞る人とに分かれる。

    盛期が過ぎた後も初夏まで狙うことができるが、他の釣りに移行する人が多い。

    サクラマスは河川を遡上していくため、時季とタイミングにより下流から上流へ釣れるエリアが変化する。釣れている場所にはアングラーが集まるので、ポイント選定の目安になる。

    狙うポイントは遡上するサクラマスの通り道になる流れの周囲、カケアガリやストラクチャー付近、流れが緩む部分など。魚が定位しやすいところに、レンジ、スピードを変化させながらルアーを通す。

    マヅメ時や潮汐、雪代の影響など様々な要因で時合いは変化するが、意外な時間帯に大型が突然釣れることも。防寒を万全にして粘る根気も時に必要。

    [関連]

    サクラマスと防寒

    [関連]

    入漁券のシステムって?

    [関連]

    ランドロックのサクラマス

     
     
     
     
     
         
    PR