document.write(''); [おすすめ釣り具] クロソイプラッギング用ルアー3選[ロックフィッシュ、ハードルアー] | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

クロソイプラッギング用ルアー3選[ロックフィッシュ、ハードルアー]

2016年11月 8日配信   【ジャンル :おすすめ釣り具】

クロソイはソフトルアーゲームが一般的だが、夜になると根から浮いてベイトを捕食することも多く、条件が合えばプラグで狙うことができる。レンジが合っていれば食った時のフッキング率もよく、バイトもはっきり出て面白いと人気。ただ、根掛かりはしやすいので注意は必要。

クロソイプラッギングで実績のあるルアーを村岡博之さんに紹介してもらった。

 
 

港湾シーバスのゲストに釣れてくる

クロソイがハードルアーで釣れるチャンスはベイトについている時。港湾などでシーバスを狙っていると外道に釣れてくることも多い。港湾内にベイトが入り、捕食音がしている時などはチャンス。狙い方は中層から表層のリトリーブだけでも十分に食ってくる。



おすすめ1:紫電(オライノ)

浮力のあるバルサ材ボディに十分なウエイトを積み、メタルジグ並みの遠投性を実現。流れの中でも水をつかみ、アングラーの意のままに操れるアクション性も秀逸。

おすすめ2:月虫・激沈(ハルシオンシステム)

太目のボディが生むウォブリングでアピールし、小さめボディで食わせられる。レンジを攻略しやすいウルトラシンキング(激沈)が実績多数。

おすすめ3:アスリート7S

安定した基本性能を誇る、ミノー型ルアーのスタンダード。7cmシンキングはクロソイにも適。



※解説/村岡博之


 
 
 
PR