document.write(''); [新製品情報] ネットのバタつきを抑えるネットホルダーを搭載した「カーボンウェーディングネット」 | 釣り河北
新製品情報
ロッド、リールといったタックルから小物類まで、釣りに関するニューグッズを紹介します!

ネットのバタつきを抑えるネットホルダーを搭載した「カーボンウェーディングネット」

2017年3月 3日配信   【ジャンル :新製品】
 
 

「APIAカーボンウェーディングネット」(アピア)
魚が足元で暴れても余裕を持ってランディングが可能

フレーム自体が水に浮くことでウェーディング中のランディングのしやすさに定評のある「APIAカーボンウェーディングネット」。2017年バージョンはタモ枠を大径化するとともに、負担にならない軽さと十分な剛性も確保している。

2017モデルは新システムのネットホルダーを採用したのも特長。これはネットの先に装着した金具をマグネット部に固定できるシステムで、背負った時のネットのバタつきを抑えつつ、使用時はすみやかにネットを展開できる。

水に浮くドライカーボンフレーム。ウェーディング中、とっさのファイト時にネットを放しても水に浮くのでやり取りで優位を保てる
新型の特長であるネットホルダー部
ネットキーパーパーツをネットの目に装着。ネットホルダーのマグネットに脱着するだけで、網の広がりを抑えられる(ランディング時はホルダーを外せば自動的にネットを展開できる)

スペック

■タモ枠サイズ:640×520mm
■ネットの深さ:700mm
■本体自重:272g
■価格:未定
※2017年3月発売予定

※取材協力/アイビック

 
 
 
PR