document.write(''); [宮城] 宮城県の釣り~釣り場や対象魚種をガイド~ | 釣り河北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

宮城県の釣り~釣り場や対象魚種をガイド~

2017年4月17日配信   【宮城】

宮城県の沿岸は気仙沼から女川までは三陸のリアス式海岸が続き、牡鹿半島・金華山を境として南北で潮流や魚種が若干異なる。仙台湾は砂泥底が主体だが、根や漁礁も多く、有名な大型魚礁がある。松島湾周辺はロックフィッシュの魚影が濃い。内陸側は東側は仙南~仙台、石巻にかけて平地が続き、西側は奥羽山脈の山岳地帯で渓流やダム湖の釣り場。

 
 

宮城県北部の船釣り

気仙沼や南三陸はリアス式の地形が続き、湾の内外、養殖棚の周りでカレイ、ヒラメ、根魚の船釣りが盛ん。カレイはマコガレイが中心で、湾内の掛かり釣りは浅場でのんびり楽しめる。中深場~深場ではオキメバルやタラ、メヌケが狙える。

[関連]

志津川湾の船カレイ

[関連]

志津川湾の船ヒラメ

南三陸周辺のルアー船はボートロックやジギングを楽しめる。ロックフィッシュゲームではアイナメ、ソイにヒラメなども混じる。ジギングはスロージギングが人気で、青物のほかに根魚、タラやサクラマスなど季節のターゲットを狙うことができる。

[関連]

歌津沖のジギング

[関連]

女川沖のボートロック

宮城県北部の陸っぱりの釣り

気仙沼、南三陸、雄勝、牡鹿半島と岩礁帯が続き、磯、防波堤から根魚を狙うことができる。牡鹿半島周辺は大型のベッコウゾイのポイントとしても知られる。

河口、サーフのシーバスやフラットフィッシュも人気があり、追波川、旧北上川はアングラーが多く集まる。最近は磯スズキ(磯マル、宮城にヒラスズキはいない)も楽しめる。漁港のナイトゲームでメバリングやイカのエギングも楽しい。

エサ釣りでは、投げ釣りのカレイ、アイナメが人気。石巻周辺は50cmオーバーの良型カレイの実績もあり、全国からキャスター達が集まる。

[関連]

宮城の磯ロック

[関連]

追波川のシーバス

[関連]

牡鹿半島周辺の投げカレイ

[関連]

女川周辺のヒイカエギング

[関連]

南三陸の堤防釣り

仙台湾周辺の船釣り

石巻沖、塩釜沖、亘理沖なども含めた仙台湾は大型魚礁周辺のマガレイが有名。ほぼ年中数釣りが楽しめる。以前は小型が多いイメージもあったが近年は良型を狙え、ポイント、季節によりマコガレイ、ナメタガレイやイシガレイも期待できる。

根周りではヒラメ、ソイ、メバルに夏から秋にはサバやワラサの青物。アジのビシ釣りもファンが増えてきた(夏場のスルメイカは震災後は不調)。塩釜沖では一つテンヤでマダイも釣れるようになっている。

ルアー船はジギングが人気上昇。秋は良型のワラサを狙える他、牡鹿半島周辺の大型のサバは金華サバとしてブランド化している。スロージギングが浸透したことで、ジギングで根魚やヒラメなども狙う。奥松島周辺は根魚のボートロックが人気。夏場はヒラメやコチのフラットフィッシュも面白い。

[関連]

大型魚礁のマガレイ

[関連]

仙台湾のメバルカレイリレー船

[関連]

塩釜沖のボートロック

[関連]

仙台湾のスロージギング

[関連]

金華山沖のタラジギング

[関連]

塩釜沖の一つテンヤマダイ

仙台~仙南エリアの陸っぱりの釣り

仙台、塩釜周辺の漁港、岸壁では投げ釣りでカレイ、ハゼ、アイナメ、サビキ釣りでサバやイワシが釣れ、春~秋の週末はファミリーフィッシングで賑わう。仙台から福島県境にかけての県南のサーフではルアーでヒラメやスズキを狙える。砂浜からの投げ釣りでイシガレイやイシモチも釣れる。

[関連]

仙台塩釜港のファミリーフィッシング

[関連]

七ヶ浜周辺の花見ガレイ

[関連]

仙南サーフのフラットフィッシュ

宮城県の淡水の釣り

県西部の山沿いにはアユ、ヤマメ、イワナの釣り場が多く存在する。石巻周辺の追波川、旧北上川はサクラマスの人気釣り場。内陸のダム湖ではランドロックのサクラマスやアメマスを狙える。白石市の七ヶ宿ダムはワカサギなどのベイトが豊富で、陸封型としては大型の個体が釣れることで知られる。平野部の河川、湖沼ではヘラブナやナマズに雷魚を狙える穴場なども存在する。

[関連]

追波川のサクラマス

[関連]

宮城県内渓流のルアーヤマメ

[関連]

ナマズのデイゲーム

[関連]

鳴瀬川支流のアユ

 
 
 
PR