document.write(''); [基礎知識] 春に楽しい日本海の投げ釣りをガイド
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

春に楽しい日本海の投げ釣りをガイド

東海林 誠 2017年5月 3日配信   【ジャンル :基礎知識】

春の日本海の投げターゲットを仙台広瀬キャスターズの東海林誠さんが紹介します!

4~5月頃の宮城県(石巻~牡鹿半島~女川など)では、投げ釣りでアイナメ、カレイの良型を狙え、5月の連休以降、サーフではスズキ・マゴチ・ヒラメで賑わいます。

また、5月以降の季節は宮城から山形(庄内)や秋田(男鹿)などの日本海側に釣行する機会も多くなります。深夜に出発したり、高速道路を利用すれば、仙台から庄内まで約2時間、男鹿へ4時間くらいで行くことが出来ます。



 
 

5月半ばからシロギスの投げ釣りがスタート

まず庄内では、5月の連休の頃からキスが釣れ出します。最盛期のようにサーフで連掛け&数釣りとはいきませんが、ランガン(釣れなきゃ即移動)しつつ、水深のある漁港から遠投で狙うと良く、まだ水温が低いため、外道に30cm前後のイシガレイも良く釣れます。

5月の後半からは、カンパチ・イナダなどの青物も良く掛かります。シーズン初期は、総じて良型のキスが上がるのが傾向です。

キスの釣り方ですが、ハリ数4~5本のキス仕掛けを使い、細い道糸を使って遠投。カケアガリを探しながら、ゆっくりサビく(仕掛けを引きながら食わせる釣り方)よう心がけます。

アタリがあったら、道糸の色で大体のポイントを覚えておき、集中的に狙いましょう。庄内には釣り場が多数あるので、もし5~10投くらいサビいてもアタリが無いようなら、即、別のポイントに移動します。

[関連]

山形庄内の投げキス

例年ならホッケも楽しみな季節だが・・

秋田の男鹿半島まで足を伸ばすと、4~5月はホッケが群れている時期なので、条件次第では、100匹超の爆釣も可能です。例年、5月の連休は、男鹿の防波堤&磯場ともにホッケ釣りの人が多数出ていて、大賑わいを見せています(2017年は5月1日現在、不調でほとんど期待できない状況)

ホッケの場合、フカセ釣りやサビキ釣りで数が釣れますが、じつは、投げ釣り(ブッ込み)にも良く掛かり、しかも、表層~中層で掛かるものよりも大型のものが上がります(数年前の5月に釣り上げたホッケは、クラブ記録の45.2cmでした)

普段のスタイルは、投げ竿3本&三脚1台で、予備に磯竿(フカセ用)1本を持参します。

仕掛けは、釣り場(防波堤or磯場)によって、全長1.2mくらいの2本針仕掛けと、捨てオモリを付けた胴突き2本針仕掛けを使い分けます。連休で混雑している場合には、竿数を2本に減らします(フカセ釣りで混雑しているような釣り場ではトラブルなど無いよう注意!)

エサは青イソメや岩ゴカイが良く、根周りでは外道でアイナメが良く掛かり、稀にクロダイが釣れることも。また、砂地ではキス、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなども釣れてきます。

そして、5月の後半~夏場にかけては庄内、男鹿ともに、夜投げで大型のマダイが釣れる時期なので、道糸5号以上+ユムシや青イソメの房掛けで狙ってみると楽しめると思います。

[関連]

夜投げで85cm真鯛キャッチ!



※画像・テキスト/東海林 誠(仙台広瀬キャスターズ)

 
 
 
PR