document.write(''); [基礎知識] 船がぶつからないためのルール知っていますか?[小型船舶、ボート] | 釣り河北
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

船がぶつからないためのルール知っていますか?[小型船舶、ボート]

編集部 2017年5月14日配信   【ジャンル :基礎知識】

釣りやマリンレジャーに良いシーズンになり、免許不要艇(2馬力レンタル艇、ゴムボート等)に乗る機会も多くなってきた。免許不要ボートでも海のルールは船舶と同様。第二管区海上保安本部発行の「マリレ情報よろず屋」で基本的な海の交通ルールを解説しているので、シーズンに向けてチェックしておこう。

 
 

1)追い越し船 ~追い越される船の進路を保つ~

船舶を追い越す際は、追い越される船を確実に追い越し、十分安全な距離を取れるまで進路を避けなければない。また、追い越される側も針路速力を保って衝突を防ぐ。

2)行会い船 ~そろぞれ右側に避ける~

2つの船がほぼ正面から行き当たった場合。それぞれ右側に進路を転じて、左舷側がぶつからないように避ける。

「2隻の動力船が真向かいまたはほとんど真向かいに行き会う場合において衝突するおそれがあるときは、互いに相手の左舷側を通過することができるようにそれぞれ針路を右に転じなければならない」

3)横切り船 ~右側に見える船の進路が有利~

船が横切って衝突しそうな時は、向かって右側の船が有利。つまり、右舷側が海、左舷側に相手が見える船はそのまま。右舷側に相手船を見る船が相手船を避ける。

「2隻の動力船が互いに進路を横切る場合において衝突するおそれがあるときは、他の動力船を右舷側に見る動力船は、当該他の動力船の進路を避けなければならない」

免許不要ボートの普及により、ルールを無視した操船行動も多くなっている。ルールを守って水上の交通安全に努めるとともに、他船が予想外の動きをすることも頭に入れて、衝突事故などが発生しないように注意したい。

※情報提供/第二管区海上保安本部

 
 
 
PR