document.write(''); [便利なアイテム] 「まきり(間切り、マキリ包丁)」タックルボックスに1本あると便利な小刀
ENJOY FISHING フィッシングライフをサポートする釣り情報サイト 河北新報オンラインニュース河北新報オンラインコミュニティー
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

「まきり(間切り、マキリ包丁)」タックルボックスに1本あると便利な小刀

2017年5月11日配信   【ジャンル :便利なアイテム】

北海道や東北の漁師さんが古くから使っている小刀「まきり(間切り、マキリ包丁)」について南三陸町歌津で漁業、遊漁船を営む畠山さんにお話しを伺った。

 
 

三陸のほとんどの漁師さんが腰に備える小刀

一見すると普通の小刀という「まきり」。鞘付きの片刃の包丁のようなもので切れ味が鋭く、漁師さん達はロープや網を切る作業から、船上で魚を捌いたり、加工したりと万能に使っている。

漁師さん以外にはあまり知られていない品だが、釣り人も1本持っておくとエサをこしらえたり、釣果を絞めたりといろいろ便利。実際、宮城、岩手の沿岸でも船長さんにすすめられるなどして使っているアングラーも多い。

片刃の間切り。柄の部分に浮力があり、海に落としても浮いて回収できるの
縄、ロープを切るためのタイプ。刃がギザギザになっていて切れ味抜群

入手方法は?漁師さんは漁協で購入

漁師さん達はこの「まきり」を漁協で購入している。組合員以外は漁協に出入りすることは少ないかもしれないが、一般の人も購入可能なので、最寄りの漁協で確認してみるといいだろう。今はECでも購入可能。


辰守 間切包丁105mm



1本の値段は実用的なものは1,000~2,000円から。ステンレス、鋼製があり、一般的にはステンレスは錆びにくいが、ステンレスでも錆びるときは錆びる。真水で洗ってしっかり乾かすなどの手入れはマスト。ただ、値段もそれほど高価な物では無いので、漁師さんは使えなくなったら使い捨てにしているそうだ。

もともとは東北、北海道の蝦夷の時代から使ってきたもので、「マキリ」の名もアイヌ語が由来。アイヌ刀(蝦夷刀)として装飾が施された高級な短刀も販売されている。

※正当な理由なく刃渡り6cm以上の刃物を携帯することは銃刀法により罰せられることがあるので注意。釣行の際も移動中などは厳重に扱う必要がある。

 
 
 
PR