document.write(''); [基礎知識] ワカサギ釣りのラインについて[ワカサギ釣りの基本] | 釣り河北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

ワカサギ釣りのラインについて[ワカサギ釣りの基本]

浅沼 貴博 2018年1月17日配信   【ジャンル :基礎知識】

ラインの性能が劇的に向上し、あらゆる釣種で細糸化が進んでいる。ワカサギ釣りも例外ではなく、電動化とともに、高感度なワカサギPEラインを使う人が多くなった。ここでは岩手の浅沼貴博さんにワカサギ釣りのラインについて解説してもらった。

 
 

ワカサギ専用PEラインが一般に定着!

ワカサギ釣りのラインは大別してナイロン、フロロ、PEの3種が主に市場に流通している。氷上を始め屋形やドーム船の電動リールを使ったワカサギ釣りにおいてはPEラインが現在主流となっている。

ワカサギ用の電動リールはスプール径が小さく、ラインのスプール馴染みや耐久性、ワカサギの小さなアタリの伝達性からも圧倒的にワカサギ釣り用に加工が施されたPEラインに軍配が上がる。

ナイロンやフロロに比べ価格は割高なものの価格以上にメリットの方が勝るのが現状。私の場合はシーズンを通して「VARIVASわかさぎPE パープル」の0.2号を主に使用している。

VARIVASわかさぎPE パープル
細号数での強度と耐久性に優れたSP-PE採用、強い負荷にも対応したワカサギPEライン
テントの中や薄暗い時間帯でも見えやすいパープルカラー
モーリス(MORRIS) PEライン バリバス ワカサギ 30m 0.3号 パープル
モーリス(MORRIS)
独自の加工が施された、寒冷地仕様のワカサギ専用PEライン
販売価格 ¥1,236
(2018年1月時点の価格)

湖の流れのあるポイントではナイロンを使用!

しかし、氷上や屋形やドーム船でも湖流がある釣場の場合はPEよりも比重のあるナイロンやフロロがアタリの伝達性で勝る場合もあり、状況により使い分ける。そのような状況はシーズンを通しても少ないが、ナイロンも持ち歩くようにしている。

私の場合、ナイロンラインはワカサギ釣り用に処理された「VARIVASわかさぎ専用ライン オレンジ」の0.6号を使用。(0.4号、0.5号もあるため)太いと感じられるかもしれないが、細糸ほど伸びかあるため伸びを嫌い0.6号に落ち着いた。

VARIVASわかさぎ専用ライン オレンジ
SP-T加工が吸水によるライン劣化を抑え、氷穴スレなどへの耐摩耗性も向上。寒冷地仕様のため、厳寒期の岩洞湖などでもしなやかで釣りやすい。視認性に優れたフラッシュオレンジカラー。電動、手巻きどちらもOK
モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス ワカサギ 専用ライン VA-G 60m 0.6号 オレンジ
モーリス(MORRIS)
寒冷地でもしなやかな特殊加工を施したワカサギ専用ナイロンライン
販売価格 ¥549
(2018年1月時点の価格)


※画像・テキスト/浅沼貴博

 
 
 
PR