document.write(''); [ワカサギ釣り入門ガイド] ワカサギ釣り仕掛けの選び方[ワカサギ釣りの基本] | 釣り河北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

ワカサギ釣り仕掛けの選び方[ワカサギ釣りの基本]

浅沼 貴博 2018年1月30日配信   【連載・シリーズ :ワカサギ釣り入門ガイド】

ワカサギ釣りの基本を岩手の浅沼貴博さんが解説。今回はワカサギ仕掛けの種類と使い分けについて。

[関連]

ワカサギ釣りのラインについて

ワカサギ仕掛けは種類が多く、どれを使うか迷うことも・・

私のワカサギ釣りのフィールドは岩手県の岩洞湖と福島県の桧原湖。この2か所をメインフィールドとして釣行している。どちらの湖も釣りをする時間帯や魚の活性を見ながら状況に合わせて各種仕掛けを切り替えて、1日の釣りを組み立てていくのが私の釣り方。

釣り道具の中でも仕掛けはエサと並ぶ魚と1番近い接点であるだけに、多くの釣果を上げるには仕掛けに頼る部分は大きい。釣具店のワカサギコーナーを覗いてみると各社、各種仕掛けを豊富にラインナップ。初心者はもとより中級者でも何を選べば良いのか悩んでしまうところ。

そこで今回はサポート頂いているバリバスのワカサギ仕掛けを例に、初心者から中級者に向けて仕掛けの選び方についてお話してみたい。

初心者でもトラブル少なく、よく釣れるワカサギ仕掛け選び

初心者はトラブルの少ないように、「ハリ数が少なく、取り回しの良い全長の短い仕掛け」といわれることが多い。

釣果の事も考えつつ安心してオススメできるのは何といっても「〇〇湖」とパッケージに書いてあるご当地に特化した仕掛けや、湖がある地元の釣具店や釣宿オリジナル設計の仕掛けなどだ。これらを数種類セレクトして持っていくのが良いかと思う。

モーリス(MORRIS) 岩洞湖 二段誘6本鈎 秋田狐1号. VAW-287
モーリス(MORRIS)
岩洞湖用のスタンダードモデル。感度重視設定!
販売価格 ¥369
(2018年1月時点の価格)
「VARIVAS ゴールドハウス目黒オリジナル仕掛け(桧原湖)」
モーリス(MORRIS) 135ワカサギPS桧原湖秋田狐 1号
モーリス(MORRIS)
桧原湖に効果的な底釣り集中型。感度が良く、仕掛けをさばきやすい
販売価格 ¥366
(2018年1月時点の価格)

魚の活性に合わせたワカサギ仕掛けの使い分け方

中級者以上であれば、活性に合わせて仕掛けを使い分ける。魚の活性が高ければエサを積極的に動かせる太糸仕掛けや、金鈎や玉付き鈎等のアピール度の高い仕掛け。

モーリス(MORRIS) 116ワカサギ三段誘ナイロン秋田狐1.5号
モーリス(MORRIS)
幹糸とハリスに低伸度ナイロンを採用し、自然なエサ落ちを演出可能
販売価格 ¥323
(2018年1月時点の価格)
モーリス(MORRIS) 岩洞湖 深場三段誘7本鈎 秋田狐1号. VAW-283
モーリス(MORRIS)
岩洞湖の深場環境に合わせた設定
販売価格 ¥369
(2018年1月時点の価格)
モーリス(MORRIS) 岩洞湖 黄玉7本鈎 秋田狐1.5号. VAW-280
モーリス(MORRIS)
岩洞湖で数釣りを狙う攻撃的モデル
販売価格 ¥369
(2018年1月時点の価格)

魚の活性が低いようならナチュラルな演出ができ、警戒心を緩和する細糸仕掛けか鈎間隔の広い競わせ仕掛けが良いかと思う。

モーリス(MORRIS) VARIVAS ワカサギ仕掛け極細二段誘い 7本鈎 白紅 秋田狐 1.5号 VAW-268
モーリス(MORRIS)
枝スのピッチを少し開け気味にして、ワカサギの競争心にスイッチを入れる「競わせ仕掛け」。白と紅のハイブリッド
販売価格 ¥366
(2018年1月時点の価格)
モーリス(MORRIS) 228 ワカサギ極細二段誘 白 7本狐 1
モーリス(MORRIS)
スレた小型ワカサギがターゲットの時に適
販売価格 ¥295
(2018年1月時点の価格)
モーリス(MORRIS) VARIVAS ワカサギ仕掛け極細二段誘い 7本鈎 微白 秋田狐 1.5号 VAW-271
モーリス(MORRIS)
極小溜光玉が放つ微かな光が、朝方や照度が弱い時間帯のワカサギを引き付ける
販売価格 ¥367
(2018年1月時点の価格)
モーリス(MORRIS) VARIVAS ワカサギ仕掛け扇三段7本鈎 秋田狐 1.5号 VAW-259
モーリス(MORRIS)
上部6本鈎は扇状に2段配置。餌がバラケ落ちるイメージでワカサギの競争心にスイッチを入れる
販売価格 ¥366
(2018年1月時点の価格)

パッケージには仕掛けスペックだけでなくどんな状況にマッチするか説明も書いてあるので参考にして頂ければ。

 

2丁釣法の場合の仕掛けの使い分け

2丁出すならばパターンの違う仕掛けをそれぞれにセットすると、状況判断が早くなり取りこぼしが少なくなる。

アタリが出ても掛かりが悪かったりバレが目立つ場合はハリの号数を上げたり、ハリ形状を変えたりするのも手だが、極小鈎を使って飲ませて捕るのも意外な一手だったりもする。

1日を通して同じ仕掛けで終始釣れ続けることは稀であるから、パターンの違う仕掛けを数種持ち込み、魚の反応を見ながら面倒がらずに切り替えてみてはいかがだろうか。

[関連]

魚種別攻略法「わかさぎ」



※画像・テキスト/浅沼貴博

 
 
 
PR