document.write(''); [新製品情報] モーリス・ロッドビルダー安達氏が渓流用ネイティブトラウトロッドを解説! | 釣り河北
新製品情報
ロッド、リールといったタックルから小物類まで、釣りに関するニューグッズを紹介します!

モーリス・ロッドビルダー安達氏が渓流用ネイティブトラウトロッドを解説!

2018年2月 9日配信   【連載・シリーズ :フィッシングショーOSAKA2018】
 
 

VARIVASワークスリミテッドに渓流トラウトロッドが登場

VARIVAS(モーリス)から渓流用のトラウトロッドが登場する。フィッシングショー大阪2018のVARIVASブースより、モーリスグラファイトワークス・ロッドビルダーの安達俊雄さんに詳細を解説してもらった。

基本モデルのレングスは5フィート1インチ、素材はフルグラス。非常に軽くて、操作性に優れていながら、負荷がかかるとグラスらしい曲がりをみせる。

細部にまでビルダーのこだわりを詰め込み、ウッドシートもカスタム。ガイド部はトルザイトリング、フレームはステルスカラーのガンメタでコート。渓流でキャストしやすいようにKLガイドを立て気味にした独自のガイドチューニングを施してある。

1本1本ハンドライティングで仕上げられたロッドは、唯一無二の機能性とオリジナリティを感じられるはずだ。

※2018年5月発売予定

 
このロッドを手がけたモーリスグラファイトワークス・ビルダーの安達俊雄氏
 
こだわり抜いたグリップ周り
 
全て手書きの仕上げで、オリジナルの1本を手にすることができる
 
ガイドはやや大きめの設定。立ち気味にチューニングしたKLガイドを使用
 
このシリーズはハードケースが付く点もうれしい
 
 
 
 
PR