document.write(''); [東北6県釣りガイド] 東北6県で人気の釣り物紹介【2018年3月2日】 | 釣り河北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

東北6県で人気の釣り物紹介【2018年3月2日】

2018年3月 2日配信   【連載・シリーズ :東北6釣りガイド】

2018年3月2日更新!東北6県の釣り物を紹介します。

岩手、宮城のトラウト類が解禁しました。日本海側の漁港では良型のアジが釣れ始め、春マダイもシーズン間近。男鹿半島ではホッケが釣れ出したようです。



 
 

【青森】

陸奥湾の船釣りでタラやメバル、ソイの釣果。
階上沖でタラやメバル、ソイなどを狙える。
下北沖でマスジギングを楽しめる。
八戸港内でクリガニが獲れている。
小川原湖周辺湖沼でワカサギの穴釣りシーズン。

【岩手】

水深100m前後の浅場でタラジギングが盛期。
サクラマスはまだ釣れていないものの、そろそろ期待。
中深場のオキメバルはイサダが入りシーズン終了へ。
カレイ船のヒガレイ、マコガレイ、ナメタガレイは釣果ムラあり。
漁港のナイトゲームでクロソイを狙える。
岩洞湖で氷上のワカサギ釣りがシーズン中盤戦。
岩手県内の渓流釣りが3月1日から解禁した。

【宮城】

南三陸沖のオキメバルはそろそろシーズン終盤。
南三陸沖のジギングでタラやソイ、アイナメの釣果。
南三陸周辺は春の船カレイシーズンイン。
女川沖、石巻沖(牡鹿半島周辺)で船カレイを楽しめる。
仙台湾大型魚礁のマガレイ船が堅調。マコ、イシガレイも。
仙台湾の沖釣りはクロメバルやオキメバルにタラ、スケトウダラなど根周り五目のシーズン。
松島湾周辺のボートロックは深場の大型期待。
漁港の穴釣り、探り釣りでアイナメ、ソイ、ドンコ等を狙えるが釣況は渋い。
亘理沖はカレイ船、クロメバル船が安定。リレー船も。
北上川水系でサクラマスの釣況上向き。
宮城の渓流釣りとダム湖のサクラマスが3月1日に解禁した。

【福島】

相馬沖の試験遊漁はカレイや根周り五目で出船。
久ノ浜沖の中深場でタラやオキメバル、メヌケ、イシナギなどの釣果。
いわき周辺漁港ではルアーで根魚の釣果。
いわき周辺の投げ釣りでマコガレイを狙える。
桧原湖のワカサギ釣りは食い渋いが今後上向く見込み。

【秋田】

男鹿沖は出船できればクロメバルやオキメバル、ソイ、マダイの釣果。
男鹿半島周辺でホッケが釣れ始めた。
男鹿周辺でヤリイカを狙える。
秋田沖の深場でオキメバル、クロメバルが釣れている。
秋田港周辺でミズダコが上がっている。

【山形】

酒田沖は出船できれば船ヤリイカが好調。型も良い。
酒田港周辺の探り釣りでアイナメやソイ、メバルを狙える。
酒田周辺で海サクラが釣れ始めた。
内陸の湖沼では氷上のワカサギ釣りをもうしばらく楽しめそう。

 
 
 
PR