document.write(''); [基礎知識] 初秋の防波堤釣りおすすめターゲット6選[陸っぱり] | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

初秋の防波堤釣りおすすめターゲット6選[陸っぱり]

2018年9月18日配信   【ジャンル :基礎知識】
 

秋は堤防のファミリーフィッシングには最高の季節。対象魚種が豊富で釣りやすく、行楽がてらに釣りを楽しめる。このページでは秋の防波堤で楽しめる、6釣種をピックアップ!





防波堤サビキ釣り

秋は小サバやイワシ、小アジ、チカ、カマス、サヨリといった小魚が岸壁周りに寄っているので、足下のサビキ釣りで簡単に狙える。釣り人が集まってコマセが効いている周辺や、岸壁からコマセを撒いてみて小魚の群れが確認できたところで竿を出すのがおすすめ。

応用編として、釣った小魚をエサにした泳がせ釣りでヒラメや青物などの魚食魚を狙うのもアリ。

[関連]

魚種別攻略法:サビキ釣り

 
こんな感じで群れが寄っていれば釣果は約束されたようなもの

ハゼ釣り

秋に盛期を迎えるのがハゼ。夏までの小ハゼが徐々にサイズアップし、数釣りも楽しめる。釣り方は探り、ちょい投げ、ウキ釣り、シンプルに何でも狙えるのも魅力。

秋から冬にかけて、河川上流側から河口側、浅場から深場側へと釣り場が移動するので、ハゼの動きを知ることも重要になる。

[関連]

魚種別攻略法:マハゼ

[関連]

仙台~仙南のハゼ釣り場ガイド

ちょい投げ(カレイ、アイナメ)

水温が下がってくるとカレイ、アイナメが産卵の準備に入り、堤防周りの近投で良型を狙えるチャンスが増える。小中型の活性も上がって数釣りもできるようになるため、ちょい投げで置き竿にしながら、サビキ釣りや探り釣りで小物を釣るプランもおすすめ。

[関連]

魚種別攻略法:ちょい投げ

[関連]

カレイの投げ釣りの基本

アオリイカエギング

伝統的な疑似餌のエギを使ったアオリイカ釣りも秋の人気釣種。秋イカは夏に生まれた新仔を狙う釣りで、比較的釣りやすいシーズン。ただし、シーズン後半になるとイカがスレてきて、一気に難易度が上がる。

東北では新潟、山形、秋田、青森西海岸の日本海側がメインだが、近年は宮城県沿岸などでも姿が見られるようになってきた。

[関連]

魚種別攻略法:アオリイカ

ライトロック

9月頃は秋冬のロックフィッシュシーズンにはちょっと早めながら、ソイ、メバルといった夜のライトゲームは好調。汎用ライトタックルが1本あればよく、釣り場が近ければアフター5の短時間でも十分に遊ぶことができる。

[関連]

魚種別攻略:クロソイ

[関連]

魚種別攻略法:メバリング

アナゴのぶっこみ釣り

夜のターゲットとして外せないのがアナゴ。秋の季節は穴子の活性が上がり、脂も乗ってくる盛期。実績のある場所でも日ムラ、時合いがあり、日没から20時くらいまでの時間帯に出ないと深夜まで釣れないこともある。

[関連]

魚種別攻略法:アナゴ投げ釣り

 
 
 
PR