document.write(''); [基礎知識] 秋の投げカレイ ハイシーズンの楽しみ方 | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

秋の投げカレイ ハイシーズンの楽しみ方

2018年10月 3日配信   【ジャンル :基礎知識】
 

今年も堤防、サーフの投げ釣りで良型のカレイを狙える季節に入った。宮城、岩手など東北太平洋側で主に狙えるのはマコガレイとイシガレイ。最近増えてきたホシガレイや、稀にマツカワやナメタガレイが釣れることもある。

こちらのページでは投げカレイ関連の釣行記、HOWTO情報を紹介しつつ、秋シーズンの楽しみ方を解説していきます。

[関連]

魚種別攻略法 投げカレイ





2018年も堤防周りで釣果が上がり始めた

夏場の高水温期にはバテ気味だったカレイ類は水温低下とともに徐々に活性が上がってくる。今季も9月に入るころから投げ釣りの釣果が増え始めた。宮城県の場合、最初は石巻周辺の比較的シーズンの早いポイント限定で釣れていたものが、9月下旬頃になると仙台港や七ヶ浜周辺など広範囲に釣り場が広がってくる。

石巻や牡鹿半島などでは釣れ始めから9月下旬頃までは30cm台の中型が多いが、10月を過ぎる頃から40cm台の良型が混じり、50cmオーバーの大型も狙えるようになるのが例年のパターン。

[関連]

9月13日東松島周辺の釣果

[関連]

10月2日仙台港周辺の釣果

ちょい投げでハゼ等と一緒に狙える

マコガレイ、イシガレイは12月から1月頃の産卵期を控え、陸から狙える浅場で食いが活発化する(産卵直前になるとお腹の卵の影響かメスの食いが落ちる)。産卵前の9~10月にかけては岸近くにも良型のカレイが寄ってくるため、遠投できなくても良型が釣れてくる可能性がある。また、ハゼや小型根魚なども活性が高いので、五目狙いで楽しめるのも魅力。

[関連]

魚種別攻略法 ちょい投げ

ハヤブサ(Hayabusa) かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本 HA310  7-7
ハヤブサ(Hayabusa)
ルアーロッドやコンパクトロッドでちょい投げを楽しめる仕掛けセット
¥330
(2018年10月時点の価格)

石巻、牡鹿半島周辺は大物実績大!

10月、11月の石巻周辺は投げ釣りで釣ったカレイの日本記録級が釣り上げられるほどの実績がある。カレイ釣り大会なども開催され、東北だけでなく、関東、関西の釣り人も集まるほど。

大判カレイ狙いでは遠投可能なタックルを複数本並べる置き竿スタイルが一般的。エサも大物狙いでユムシやイワゴカイ、アオイソメを多量に使用する。お手軽なちょい投げとはちょっと異なるが、釣行記で紹介しているので参考にしてみていただきたい。

[関連]

陸から60イシガレイ獲りの心得

[関連]

宮城の投げカレイ秋の好シーズン

[関連]

牡鹿&石巻 投げカレイの秋

ささめ針(SASAME) K-551 カレイ投げ釣リ3セット フック 13号3 釣り針
ささめ針(SASAME)
シンプルなカレイ仕掛け
¥300
(2018年10月時点の価格)
がまかつ(Gamakatsu) 投カレイ段差誘惑3本仕掛 K144 13号-ハリス4
がまかつ(Gamakatsu)
大型カレイにエサのボリュームでアピールできる段差式仕掛け
¥333
(2018年10月時点の価格)

アイナメののっこみシーズンとも被る

秋から冬にかけて、三陸をはじめとした東北各地でアイナメが産卵期を迎える。投げ釣りでカレイを狙っていても、根の近くのポイントなどではアイナメも多く混じる(資源保護のため、小型や食べる分以外はリリースを!)

10月、11月は東北地方を生息域にする多くの魚種にとって適水温期。青物や小型魚の回遊も期待できる時季なので、堤防に釣りに行くときは投げ釣り以外のタックルも用意しておくと楽しみが広がる。

カレイは産卵後の冬場にも釣れるターゲットだが、寒いのが苦手な方はお早めに!

[関連]

東海林誠の東北投げ釣り徹底ガイド

ハヤブサ(Hayabusa) 投げ遊動 カレイ・アイナメ 15-5 NT650-15-5
ハヤブサ(Hayabusa)
食い込みに優れる遊動式。アイナメの好むパーツ多め仕様
¥214
(2018年10月時点の価格)
 
 
 
PR