document.write(''); [東北6県釣りガイド] 東北6県で人気の釣り物紹介【2018年11月1日】 | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

東北6県で人気の釣り物紹介【2018年11月1日】

2018年11月 1日配信   【連載・シリーズ :東北6釣りガイド】

東北6県でいま釣れているターゲットをまとめて紹介します。今年の東北太平洋岸は水温が高く、カレイや根魚など秋の魚種は釣れ出すのが遅くなっています。シーズン入りが遅れたぶん、後半長く楽しめることに期待したいですね。



 
 

【青森】

六ケ所沖のジギングでイナダ、ワラサやヒラメ、ソイなどを狙える。
青森太平洋沖の深場でマダラが好シーズン。
階上沖は引き続きヒラメ船がシーズン。青物や根魚も混じる。
階上周辺漁港ではチカやアイナメなどが釣れている。
陸奥湾周辺で秋のマダイがシーズン。
西海岸、竜飛周辺でブリ、ワラサを狙える。
青森周辺のナイトゲームでメバル、ソイが釣れている。

【岩手】

各湾のヒラメ船はシーズン終盤戦。
カレイの船釣りはこれから。ヒガレイ(ムシガレイ)の流し釣りの調子が良い。
ジギングでワラサ、イナダ、ヒラメ等が上がっている。回遊次第でブリにも期待。
深場のマダラが好調。型、数ともに今が盛期。
中深場のメガラ(オキメバル)が上向いてきた。
漁港周りを青物が回遊。陸っぱりでイナダが上がっている。
沿岸南部は各漁港で夜のメバリングが堅調。良型のソイも釣れている。
磯、堤防のアイナメシーズンイン。遅れ気味で11月は期待できる。
釜石周辺漁港で小型のヤリイカが釣れ出した。これから盛期になる見込み。

【宮城】

南三陸沖の深場でマダラが好調キープ。
南三陸、女川周辺のカレイ船はこれから上向き。
三陸・牡鹿半島周辺のロックフィッシュがシーズンイン。
牡鹿半島でメバリングを楽しめる。
追波川周辺でハゼが釣れている。
北上川水系のシーバスはシーズン終盤戦。
仙台湾のヒラメ船はまずまず安定した釣果を維持している。
仙台湾のビシ釣りで良型のアジを狙える。
仙台湾のマダイは引き続き良型期待。
仙台湾の青物ジギングは今後の回遊次第で有望。
仙台湾、松島湾周辺のロックフィッシュが好シーズン。
松島湾湾内のハゼの船釣りで良型上がる。
塩釜港・仙台港周辺のサビキ釣りで小サバ。イワシやアジも混じる。
仙台、閖上周辺のちょい投げでハゼ、カレイ、アイナメなどの釣果。
亘理沖のヒラメ船は後半戦。型を狙える季節。

【福島】

相馬沖のイワシ五目でヒラメやイシナギなど五目釣りを楽しめる。
相馬沖のマダイはシーズン後半戦。
各漁港、岸壁のサビキ釣りで小サバ、小アジが上がっている。
相馬~南相馬周辺サーフでヒラメ、マゴチの釣果。
南相馬周辺でハゼ釣りが好季。
いわき沖の深場でアカムツを狙える。
桧原湖、小野川湖のワカサギ釣りが解禁。結氷まで屋形船、ドーム船で楽しめる。

【秋田】

男鹿周辺沖でマダイや青物を狙える。
男鹿周辺の磯釣りは秋磯好季。クロダイ、メジナにマダイも。
男鹿周辺のアオリイカはシーズン終盤。型は良い。
秋田港や男鹿周辺漁港のサビキ釣りでアジがよく釣れている。
秋田沖のテリ(オキメバル)は数釣り期待。

【山形】

山形沖でマダイが安定して釣れている。
酒田沖の青物はワラサ主体にブリ級も狙える季節。
酒田周辺のショアジギングでイナダ、サゴシが上がっている。
酒田周辺でシーバスが上向き。
酒田港など岸壁から小アジやイワシが釣れている。
庄内周辺のアオリイカは数は少なくなったが、釣れれば型に期待できる。
各漁港のサビキ釣りでアジや小ダイなど五目の釣果。アジは尺アジも。
庄内磯の磯釣りは秋磯が盛期。

 
 
 
PR