document.write(''); [料理] 年越し・お正月に食べたい魚料理8選[年とり魚] | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

年越し・お正月に食べたい魚料理8選[年とり魚]

2018年12月27日配信   【ジャンル :料理】
 

2018年も年末を迎え、縁起物の魚料理(年とり魚)や、おせち料理に日持ちのする甘露煮などを用意する時季になりました。料理レシピのコンテンツから年越しに良さそうなお料理をピックアップして紹介いたします!






子持ちガレイの煮付け

東北では卵を持ったカレイ類を年取りの魚に頂く地域が多い。岩手や宮城の子持ちナメタ(ババガレイ)が有名だが、地域によってマコガレイやイシガレイなど、手に入りやすい種類の子持ちカレイを調理してきた。

カレイの仲間はいずれも12~2月頃に産卵する種類が多く、縁起のいい子持ちガレイが手に入りやすい。特にナメタガレイの雌は年末に値段が高騰する。

[関連]

マコガレイ(子持ち)の煮付けレシピ


ブリの照り焼き(ステーキ風)

出世魚ということもあり、西日本方面では正月のお魚の筆頭に上げられるブリ。寒ブリシーズンの脂の乗ったブリ、ワラサはお刺身、しゃぶしゃぶ等、何にしても美味。その中でも定番といえるのが鰤の照り焼きで、料理レシピコーナーではステーキ風の照り焼きを紹介している。

[関連]

ブリのひとくちステーキのレシピ


マスの手綱寿司

サケ、マスといえば焼き物が主流だったが、近年はトラウトサーモンの普及で人気の寿司ネタに。こちらでは宮城産のギンザケを酢で締めた巻き寿司のレシピを詳解。

[関連]

鱒の手綱寿司のレシピ


マダイのあっさり蒸し物

目出度い日に食べたい魚として外せないのがやっぱり鯛類(できればマダイ)。塩焼き、刺身、兜煮、鯛めしなどいろいろな食べ方がある中、電子レンジを使って作る簡単な蒸し物の作り方を紹介する。

[関連]

真鯛のあっさり蒸し物のレシピ


オキメバルの煮付け

オキメバル(ウスメバル)やメヌケといった赤い魚も縁起の良い魚の代表格。オキメバルなどの定番料理が煮付け。短時間にタレを煮詰めた「照り煮」は、煮付けと照り焼きの中間的な調理法だ。

[関連]

沖メバルの照り煮のレシピ


マダラの昆布締め

淡泊なマダラのお刺身を昆布で締めて、うまみを凝縮させた昆布締め。冷蔵庫で少し寝かせたり、味を濃く漬けてお茶漬けなどにしても美味しいのだ。

[関連]

真鱈の昆布締めのレシピ


ヤリイカのお刺身

イカ・タコ類もお正月に食べることの多い魚介類。ここでは冬から春が旬のヤリイカのお刺身をピックアップ。包丁を入れる向きと飾り包丁の入れ方で異なる食感を楽しめる。

[関連]

ヤリイカのお刺身のレシピ


ワカサギの甘露煮風

日持ちのする甘露煮はおせち料理にも最適。ワカサギは一夜干しや塩焼きもおいしく日持ちが効く。

[関連]

公魚の甘露煮風のレシピ

 
 
 
PR