document.write(''); [新製品情報] フィッシングショー2019 がまかつブースより注目の船竿をリポート! | 釣りTiki東北
新製品情報
ロッド、リールといったタックルから小物類まで、釣りに関するニューグッズを紹介します!

フィッシングショー2019 がまかつブースより注目の船竿をリポート!

編集部 更新日 2019年1月24日   【連載・シリーズ :ジャパンフィッシングショー2019】

2019年1月18日(金)から1月20日(日)にかけてパシフィコ横浜で開催された「ジャパンフィッシングショー2019 in YOKOHAMA」。釣りTiki東北イメージキャラクターの千葉めぐみさんとGFG(がまかつファングループ)本部幹事長の池田正義さんが、がまかつブース注目の船釣り竿を紹介します!






千葉めぐみさん&池田正義さん 師弟コンビが復活

 
ジャパンフィッシングショー2019 がまかつブース

週末釣り倶楽部の師弟コンビが復活!千葉めぐみさんと池田正義さんにフッシングショーがまかつブースから、船釣りコーナー注目のロッドをリポートしてもらいました。

東北の船釣りといったらカレイ釣りということで、がま船鰈竿シリーズ最高峰の「がま船 鰈幻粋」と、仙台湾でも人気上昇中のテンヤ真鯛用ニューロッド「LUXXE桜幻 鯛TENYA」の2本を紹介します。

 
船竿コーナー
 
釣りTiki東北イメージキャラクターで週末釣り倶楽部ではレポーターを務めた千葉めぐみさんとGFG本部幹事長で週末釣り倶楽部監督だった池田正義さんのコンビが復活
 

がま船 鰈幻粋(ちょうげんすい)

 

最新の技術を投入した軽量高感度カレイ竿。穂先には超高感度&超高強度スーパートップを装備し、誘って掛ける攻撃的カレイ釣りに対応させた。

かかり釣り、流し釣りに幅広く使えるMタイプと近年大型が増えた仙台湾の流し釣りでも余裕のパワーを持たせたMHタイプ、それぞれ1.65mと1.8mをラインナップ。
がまかつ公式ページ

[関連]

志津川湾デカマコ狙う秋の掛かり釣り

がまかつ がま船 鰈幻粋 M1.65
がまかつ
内湾の掛かり釣りなどで快適な釣りが可能
がまかつ がま船 鰈幻粋 M1.8
がまかつ
掛かり釣りでロープやブイを回避しやすい1.8mのM
がまかつ がま船 鰈幻粋 MH1.65
がまかつ
流し釣りに向くMH。感度重視の1.65m
がまかつ がま船 鰈幻粋 M1.8
がまかつ
流し釣りでちょっとウネリがあるときなどに合わせやすい1.8m

ラグゼ 桜幻 鯛( おうげん たい)テンヤ

 

本体チュブラ全層のメインマテリアルにTORAYCA®T1100Gを採用。軽く、シャープな操作性と感度を備え、フォール中の小さなアタリも感知しやすい。リールシート内部が中空構造になったリザウンドグリップにより、手に伝わる反響感度に優れるのも特長。

釣り場の状況やスタイルによって使い分けられる8'2"のML、M、Lとヘビーテンヤに対応した7'8"Hの4モデルをラインナップ。

がまかつ公式ページ

 
 
 
 
 
PR