document.write(''); [東北6県釣りガイド] 東北6県で人気の釣り物紹介【2019年3月1日】 | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

東北6県で人気の釣り物紹介【2019年3月1日】

編集部 2019年3月 1日配信   【連載・シリーズ :東北6釣りガイド】

東北6県でいま釣れているターゲットをまとめて紹介します。3月に入り岩手、宮城の渓流釣りや山形のサクラマスが解禁!本格的な春の釣りシーズンへ。



 
 

【青森】

■船釣り
下北沖はマスジギングがシーズン。
三沢沖でタラや根魚、サクラマスなどを狙える。
階上沖はタラジギングが堅調。メバルなど根魚も。
陸奥湾内ではルアーでメバルやソイ、タラ等の釣果。
■陸っぱり・淡水
むつ小川原港では投げ釣りでカレイ、アイナメに期待。
八戸港でクリガニがシーズン。
深浦から五能線にかけての磯でホッケを狙える。
氷上のワカサギ釣りはほとんどの湖沼でシーズン終了。

【岩手】

■船釣り
各湾のタラジギングは安定して釣果が上がっている。
メガラ(オキメバル)はソイ混じりでまずまずの釣果。イサダ漁が始まっており、シーズンは終盤。
大船渡沖の深場でユメカサゴが堅調。ポイントによりバラメヌケも狙える。
カレイ船はヒガレイ(ムシガレイ)、マコガレイ、ナメタガレイ混じりの釣果。
■陸っぱり・淡水
漁港の夜釣りのメバル、ソイはソイが上向き。
夜のアイナメがポツポツと釣れ出している。
岩洞湖の氷上ワカサギ釣りは引き続き堅調。
岩手の渓流が解禁。渇水状態で、まとまった雨が欲しい状況。

【宮城】

■船釣り
南三陸沖の五目釣りでメバル、ソイ、スケトウダラ等の釣果。
南三陸から牡鹿沿岸はカレイ船がまずまずの釣況。
仙台湾のカレイ船が安定。マガレイ船はトップ100枚前後、良型マコも混じる好季。
仙台湾はメバル五目、根周り船が好調を維持している。
仙台湾の中深場でオキメバルやスケトウダラがよく釣れている。
塩釜沖周辺のロックフィッシュ船は深場のクロソイが好季。アイナメも混じる。
仙台湾の根周りジギングでソイ、アイナメ、スケトウダラ、マダラなどを狙える。
亘理沖はメバル、カレイが好シーズン。
■陸っぱり・淡水
陸っぱりのアイナメは穴釣りなどでポツポツの釣果。
漁港、港湾の夜釣りでメバル、ソイを狙える。
仙台港周辺の探り釣りでシャコエビが上がっている。
投げ釣りのカレイは上向き傾向。これから良型の春カレイに期待できる。
県内の渓流、七ヶ宿ダムのサクラマスが解禁している。
旧北上川、追波川のサクラマスがシーズンイン。徐々に釣れてきているものの、水量が欲しい状況。

【福島】

■船釣り
相馬沖はクロメバルが堅調。
いわき沖はオキメバル船やカレイ船などが出船している。
■陸っぱり・淡水
相馬・松川浦周辺は投げマコガレイがシーズン。
相馬周辺のルアーでソイやメバル、アイナメの釣果。
小名浜港周辺の投げ釣りで良型マコガレイを狙える。
桧原湖のワカサギの氷上釣りは引き続き楽しめるが、例年よりシーズン終了が早まりそう(氷の状況次第)

【秋田】

■船釣り
秋田、男鹿周辺沖は出船できればオキメバル、クロメバルの好釣期待。
象潟沖は出船できればヤリイカ有望。
■陸っぱり・淡水
五能線沿いや男鹿周辺のホッケは相変わらず好調。
五能線沿いや男鹿周辺でヤリイカが釣れている。
八郎潟の氷上ワカサギ釣りは氷が薄くなりシーズン終了。

【山形】

■船釣り
酒田沖は出船できればヤリイカ好釣期待。
ルアー船のマダイがシーズンイン。まだ数は出ないが、根魚、アマダイなども狙える。
■陸っぱり・淡水
酒田周辺で海サクラの釣果。
酒田港の投げ釣りでカレイ、アイナメ、ハゼを狙える。
酒田北港の温排水周りではクロダイなどが釣れている。
赤川のサクラマスが解禁。解禁日からまずまずのスタートを切っている。
山形周辺の湖沼のワカサギ釣りはシーズン終盤。横川ダムは終了。

 
 
 
PR