document.write(''); [新製品情報] HRXプロスペック2020追加モデル ソリッドティップ採用 | 釣りTiki東北
新製品情報
ロッド、リールといったタックルから小物類まで、釣りに関するニューグッズを紹介します!

HRXプロスペック2020追加モデル ソリッドティップ採用

2020年2月14日配信   【連載・シリーズ :フィッシングショーOSAKA2020】

バレーヒルの大型ロックフィッシュロッド「サイファリストHRX」シリーズ。2020年は「HRXプロスペック」にソリッドティップを採用したちょっとライトなモデルが追加される。ロックフィッシュ専用ロッドには珍しいソリッドティップモデルをロッドプランナーの藤井伸二さんとフィールドスタッフの千葉正博さんに紹介してもらった。



 
 

「CYPHLIST-HRX PRO SPEC」(バレーヒル)
ソリッドティップを採用したちょっとライトな追加モデル

バレーヒルのロックフィッシュロッド「サイファリストHRX プロスペック」。これまでのHRXシリーズとはちょっと異なるテイストの追加モデルが大阪フィッシングショーで公開された。

HRXプロスペックは東北の大型ロックフィッシュを想定した9フィート台のロングロッドだが、追加モデルは7~8フィートのちょっとライトなモデル。東北の防波堤はもちろん日本全国の色々なロックフィッシュゲームに使いやすい設定になっている。

最大の特徴はロックフィッシュロッドとしては珍しく、柔軟なソリッドティップを採用しているところ。シビアな激戦区やトーナメントシーンなど、細かなテクニックが要求される状況で活躍に期待できる。千葉さんによりスピニング、ベイトの5本をテスト中。
※2020年秋(9月以降)発売予定

プロトタイプなので実際のデザインとは異なるが、HRXプロスペックの追加モデルなのでシリーズに合わせた雰囲気になる
グリップはコルク仕様になる予定
M~Hクラスのロックフィッシュロッドとしては珍しいソリッドティップロッドということでどんな出来上がりになるのか楽しみだ
 
 
 
PR