document.write(''); [東北6県釣りガイド] 東北6県で人気の釣り物紹介【2020年7月1日】 | 釣りTiki東北
HOWTO
色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

東北6県で人気の釣り物紹介【2020年7月1日】

編集部 2020年7月 1日配信   【連載・シリーズ :東北6釣りガイド】

 東北6県でいま釣れているターゲットをまとめて紹介します。東北地方も梅雨空のピークに突入しています。地域によっては入梅イワシなどと言うようですが、東北地方でもマイワシ、カタクチイワシが多数接岸しています。場所により小アジ、小サバも混じり、サビキ釣りなどで釣れているほか、フィッシュイーターのベイトとしても期待できそうです。





【青森】

■船釣り
階上沖はアイナメ船、カレイ船(マコガレイ、ムシガレイ)など安定。アブラメ大会も開催される。
陸奥湾周辺沖は引き続きマダイシーズン。
日本海側の中深場でアカムツが釣れている。
■陸っぱり・淡水
太平洋側はカレイやアイナメがシーズン。
八戸港でテクビイカ(ジンドウイカ)を狙える。
陸奥湾内の堤防でアジング、アジサビキを楽しめる。
陸奥湾内の投げ釣りでカレイやアイナメが釣れている。
日本海側の磯釣りでクロダイ、マダイ。
日本海側のキスの投げ釣りがシーズン。
ルアーでシーバス、フラットフィッシュを狙える。

【岩手】

■船釣り
三陸各湾の船カレイは引き続き堅調。
夜イカ船でムギイカ(スルメイカ)が釣れ始めた。
活きエサ五目はヒラメにソイなど根魚混じりで釣れている。
宮古沖はマスジギングで出船している。
ボートロックのアイナメ、ソイがシーズン。
深場でメヌケやユメカサゴを狙える。
■陸っぱり・淡水
堤防の投げ釣りで良型のマコガレイやアイナメを狙える季節。陸からナメタも。
回遊次第だが、大きいもので30cm台くらいのサバが釣れている。
岸壁のサビキ釣りでイワシなどを狙える。
堤防、磯のロックフィッシュがシーズン。

【宮城】

■船釣り
南三陸や女川、牡鹿周辺は船カレイが堅調。
三陸周辺の活きエサ五目はシーズン序盤戦。ヒラメ、根魚混じり。
女川、牡鹿周辺でボートロックを楽しめる。
仙台湾のカレイ船は引き続きまずまずの釣況をキープ。
仙台湾周辺の根周りはヒラメ、根魚混じりの釣果。
仙台湾のマダイ狙いはヒラメや根魚、青物、トラフグなど混じりの釣果。
仙台湾のスーパーライトジギングは根魚やヒラメ、ホウボウ、青物など五目に期待。
仙台湾周辺のボートロック、ボートフラットは初夏シーズン盛期。
亘理沖は根周りの根魚、カレイ、ヒラメがシーズン。
■陸っぱり・淡水
南三陸や牡鹿、石巻周辺などでカレイや根魚類が釣れている。
牡鹿周辺の磯釣りでクロダイの釣果。
石巻周辺はシーバスがシーズン。
石巻周辺のヒラメ、マゴチは釣果に少しムラあり。
石巻周辺岸壁で小型のイワシや豆アジを狙える。
仙台港周辺はチョイ投げのシャコ、ハゼやサビキのイワシ、サバの釣果。
閖上周辺はハゼやカレイ、セイゴなどを狙える。
仙台~県南のサーフでフラットフィッシュが釣れている。

【福島】

■船釣り
相馬沖はマダイ、ヒラメやカレイ、根周り五目などで出船中。
■陸っぱり・淡水
新地町海釣り公園はヒラマサなど青物、イシダイやヒラメに親アオリの釣果も。
サーフや防波堤でヒラメ、コチのフラットフィッシュを狙える。
各地でシーバスがキャッチされている。
投げ釣りはハゼやカレイ、アイナメの他、夏のイシモチ釣りもシーズン入り。

【秋田】

■船釣り
男鹿周辺でマダイや青物、根魚を狙える。
各地で船キスが引き続き堅調。
男鹿周辺の電気釣りはヒラメ、アジなどの釣果。
秋田沖の中深場でオキメバルが釣れている。
■陸っぱり・淡水
サーフの投げ釣りでシロギスが安定して釣れている。
男鹿周辺の磯釣りでクロダイ、マダイ、メジナが堅調。
河川、河口域のシーバスがシーズン。
各地の堤防でアジやメバルが上がっている。

【山形】

■船釣り
キャスティングで30kgクラスのマグロを狙っている。
ジギングはヒラマサ、ブリや大型根魚、ヒラメ、マダイなどを狙える。
中深場でアカムツ、オキメバル、アラ等が釣れている。
■陸っぱり・淡水
沿岸一帯でアジング、アジサビキがシーズン。
酒田港周辺のサビキ釣りでマイワシの釣果。
サーフ、堤防のシロギスが堅調キープ。
酒田周辺でシーバスがコンスタントに釣れている。
サーフや堤防でヒラメ、マゴチがシーズン。
回遊次第でイナダやサワラなどが上がっている。
庄内の磯釣りでクロダイが釣れている。

 
 
 
PR