釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

狙えマンガン!秋田沖のテリ釣り本番

編集部 2021年1月7日 更新

秋田県でメバルといえば、テリと呼ばれて親しまれているオキメバル(ウスメバル)を指すことが多い。オキメバルは赤く美しい魚体と上品な食味から市場でも高い値段のつく高級魚。釣り人の間でも中深場のターゲットとして高い人気を誇っている。

秋田県沖には能代のテリ場や男鹿周辺沖、本荘沖までオキメバルのポイントが点在。ほぼ周年オキメバルを狙っている秋田港の遊漁船BIG BOY(ビッグボーイ)を取材してきた。

「オキメバルには数が釣れるポイントと型を狙えるポイントがあって、今頃だと深くて100mくらいまでの数が釣れるポイントが中心です。ここはサイズはそれほどでも無いのですが、100~150匹くらいの数が揃います」

「これからは徐々に水深が深くなっていって、全く同じ釣り方で今度はサイズを狙えるようになります。そのまま6月くらいまで釣れ続き、7月頃になるとサメに邪魔をされるようになって他の釣り物に移るというのが大体のシーズンの流れです」とは、ビッグボーイ・大坊船長の談。

釣行日は2月7日。7:00から14:45まで実釣した。悪天候が続いていたが、この日だけはナギに恵まれた。釣り場は男鹿半島近辺の水深80mから100m
最近は感度の良い短めの竿が流行しているが、適度な軟らかさのある長めのムーチング竿もバラシが少なく、長い仕掛けを扱いやすい利点がある
 

沖メバルのタナに合わせてマンガンを狙う

この日もなるほど魚は多く、最初の一投目から落とせば釣れる状態。が、サイズはちょっと小さめ。満貫に掛かることも何度かあり、2時間程度で早くも40~50匹になっていた。

その後、ポイントを頻繁に移動したものの、潮止まりなどもあって釣果はいまいち。潮が動いた13時ころから再びポツポツと釣れ出し、今度は少しサイズが良くなり30cm前後が混じった。最終的な釣果は80匹から150匹。やはり、手返し良く釣り続けた人が釣果も良かったようだ。

使ったエサは小さめに切った赤タン(イカの短冊を食紅で染めたもの)がメイン。メバルのサイズが小さめで、エサも小エビなどが多いため赤タンの食いがよかった。これから水深が深くなり、テリのサイズが大きくなってくると冷凍ホタルイカなど大きめのエサがよくなる。

ちょっと小さめだが好調に数は釣れてきた
オモリ250号、仕掛けは10~15本バリを使用。ビッグボーイオリジナル仕掛け(ハヤブサ社製)を船上で販売しているのでそれが一番おすすめ
エサは小さめに切った赤タンが良かった。型が大きくなるこれから初夏にかけてはホタルイカが効果的なので両方用意しておくといい

鈴なりの多点掛けを作り上げるには魚のタナに合わせた追い食いの誘いが重要。今頃の季節は魚の層が上下に広いので、1発目のアタリがあった後、少しずつ仕掛けを巻き上げながら追い食いさせるといい。ハリス間隔分くらいを一区切りにして、仕掛け1本分くらいまで追い食いを誘うようにする。

もちろんこれは魚の層の厚さによっても異なる。追い食いが無い場合はそれ以上巻き上げても意味が無く、逆にいったん掛かった魚をバラしてしまうリスクが上がるだけ。底の方に魚がたまっている時があれば、20mくらいの層に魚群が広がることもあるので、反応に合わせて釣ることが大切だ。

なお、過去の記事でも触れているように、オキメバルは非常に警戒心の強い魚なので、オモリをコツコツと底に当てるのは厳禁。常に底を取りながら、オモリを底から少し浮かせた状態をキープするようにする。

「仕掛けの仕様もあまりゴツいのだと明らかに釣果が落ちますね。大きなトリプルサルカンなどではなく、小さめのクロスビーズなどあまり目立たないものを使うといいでしょう」と、大坊船長。

船長の指示に合わせてタナを攻める。ただし、オモリを底にコツコツ当てるのだけは厳禁!(群れを散らすため)
後半いくらかサイズアップ

今の季節はオキメバルに近いポイントでオニカサゴも狙える。オニカサゴはオキメバルに比べると圧倒的に個体数が少なくボウズ覚悟の釣りになるが、秋田沖は良型の期待大。オニカサゴのシーズンは大体2月一杯くらい。希望によりオキメバルとオニカサゴのリレーでも出船しているので、チェックしてみていただきたい。

【関連記事】秋田沖で楽しい赤オニ退治!(2012年釣行記)

この日は型より数が釣れて満足の釣果となった。オキメバルの型がよくなるのはこれから!
こちらは2月5日、オキメバル&オニカサゴリレーで釣れたオニカサゴ。オニカサゴ狙いはオモリ150号、片テン2~3本バリ仕掛けを使用
2月5日、オニカサゴ狙いで釣れた46cmの大型アマダイ。「今はオニカサゴ用の大きなエサで釣っているので、仕掛けとエサを調整してアマダイ専門に狙ってみたらもっと釣れるんじゃないか?など、いろいろと研究中です」
【遊漁船紹介】遊漁船ビッグボーイ(秋田港)
■TEL:090-7068-0549
■乗り合い料金12,000円
■オキメバル五目船。希望によりオニカサゴとのリレーでも出船している。

[お料理レシピ] オキメバルのさばき方&調理法
オキメバルの下準備
オキメバルの3枚おろし
オキメバルの煮付け
オキメバルの木の芽揚げ
オキメバルの焼き霜サラダ風

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※解説・写真協力/大坊朝生(ビッグボーイ船長)
※取材協力/遊漁船ビッグボーイ(秋田・秋田港)

オキメバル

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?

関連カテゴリ