釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 奥松島周辺漁港、サーフの状況(大浜、室浜、野蒜)2021年4月

    編集部 2021年4月28日 更新

    2021年春の釣り好季。堤防、岸壁のファミリーフィッシングシーズンを前に釣り場の状況をチェックしてきました。こちらのページでは奥松島の漁港や野蒜海岸を紹介します。宮城オルレ奥松島コースが設定されるなど盛況となる一方、立ち入り禁止や工事中の場所が多くなっているので釣行時は注意しましょう(2021年4月の状況です)
    ※釣りをする際はルール、マナーに気を付けましょう。安全面や漁師さんの作業の邪魔にならないように注意するとともに、ゴミは持ち帰って、釣り場の美化に努めましょう!

    [関連]

    堤防釣りのルール・マナー


    里浜漁港

    奥松島に入ってすぐ、奥松島縄文村歴史資料館近くの岸壁では以前はメバルやハゼなどを狙うことができたが、作業場の入り口付近のゲートが厳しくなり侵入不可に。

    作業場付近のゲート。作業場と係留船でスペースが限られるためここでの釣りは控えるようにしよう

    周辺には護岸工事中の箇所もあった

    大浜漁港

    大浜海岸の砂浜と隣接し、ヒラメ、マゴチのフラットフィッシュや投げ釣りでカレイなどを狙える漁港。以前は漁港内まで入ることができたが、現在は駐車スペースが限定され、作業場の方へは入れなくなってしまった。今のところ釣り禁止ではないものの「ゴミは持ち帰りましょう」「バーベキュー禁止」などの警告が増えているので、これ以上のトラブルが無いよう注意が必要。
    [関連]身近な釣り場 | 大浜漁港

    大浜漁港の駐車スペース

    2021年4月現在、駐車スペースより奥側は立ち入り禁止になっている
    「ゴミは持ち帰りましょう」の警告も
    駐車スペースに落ちていたパッケージ。夜釣りで見落としてしまったものと信じたいが・・。出来る限りゴミを減らして美化に努めましょう(編集が持ち帰り処分しました)
    隣接する大浜海岸はこれからの季節はレジャー客でにぎわう
    バーベキュー禁止、不法投棄禁止、夜間騒音厳禁。ルールは絶対に守りましょう

    当面はこの手前側の防波堤周辺だけが釣り場になる

    防波堤周辺に藻があり小型のメバルやアイナメなどが着きやすい環境

    室浜海岸

    室浜海岸の砂浜は防潮堤工事が終わり、トイレ、駐車スペースも整備されている。取材時もルアーでコチ、ヒラメを狙うアングラーの姿がみられた。これから夏場にかけては海岸遊びの家族連れも多くなるため、事故など無いように十分注意したい。

    ここも「バーベキュー禁止」の看板。どこも基本的に漁港・岸壁やサーフでのキャンプ、バーベキュー等はNG。専用のキャンプ場、デイキャンプ場、バーベキュー場等を利用しよう

    室浜漁港

    外海側の防波堤先端付近は多くの釣り人で賑わっていた。先端付近は潮通しがよくシーズンには青物などの回遊があるほか、防波堤周辺はメバルやソイなど根魚が着く。初夏から秋にかけては港内までイワシや小アジが入り、サビキ釣りも期待できる場所なので大切に利用したい。
    ※港内岸壁は係留船が多いので、作業場や係留船の周辺で釣りをしないよう注意。
    ※釣り人が多い時はお隣とトラブルなどの無いようゆずり合いを。

    防波堤の付け根付近に駐車できるスペースがある

    防波堤途中の小突堤。この付近もサビキ釣りやメバルなどを狙える
    先端付近は人気のポイント。週末など混雑時はトラブル等の無いように気を付けたい。取材時は小メバルの探り釣りや、投げ釣りでカレイ類を狙う人がみられた

    野蒜海岸

    鳴瀬川河口から奥松島の間をつなぐ野蒜海岸では長く防潮堤の工事が続いていたが、2/3以上の工事が完了しきれいに整備された。釣り場としては鳴瀬川河口周辺が一番人気だが、こちらのサーフもヒラメ、マゴチのフラットフィッシュやカレイの投げ釣りのポイントになっている。
    [関連釣行記]鳴瀬川河口~東名運河の釣り場ガイド 2019年9月


    防潮堤の工事がかなり進み、残すは奥松島側の松ヶ島水道周辺のみとなった
    [関連]

    2017年9月取材時の奥松島周辺の様子

    [関連]

    初めての防波堤釣りガイド!

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!


    YouTubeチャンネル登録もお願いします!

    ?

    関連記事

    防波堤・堤防釣りシーズン!宮城の港湾岸壁・漁港釣り場まとめ

    ここでは宮城県の防波堤釣り場の記事をまとめてご紹介します!宮城県周辺の陸っぱりの釣りはゴールデンウィーク頃から投げ釣り、サビキ釣りともに盛期になります。 ※過去の記事のため取材時と...

    宮城の防波堤釣り場事情:2019年夏秋編

        当メディアでは東日本大震災の前から宮城県沿岸の防波堤・堤防釣り場を多数紹介してきました。大震災後は復興の工事が進むにつれて釣りをできるエリアが広がる釣り場も増えてきましたが...

    奥松島と塩釜でマダイの稚魚放流を実施!

    2015年9月8日(火)、宮城県の奥松島と塩釜において(公財)日本釣振興会(以下、日釣振)によるマダイの稚魚放流事業が行われた。日釣振宮城支部長の小泉哲さんは、「マダイ稚魚の放流は...

    奥松島の防波堤・漁港釣り場(鳴瀬川河口~東名運河~月浜漁港~大浜漁港~室浜漁港)

    仙台、塩釜地域からも近く、陸っぱりアングラーに人気の奥松島(東松島市)周辺の防波堤、漁港を取材してきた。依然、復興工事中の海岸が多いが、漁港の足場自体は完成してきており、工事中の場...

    雄勝&奥松島 ロック&フラット釣り場ガイド!

    ロックフィッシュ、フラットフィッシュの釣り場が豊富な石巻周辺。牡鹿半島中心に人気ポイントが連続するが、ここでは北側の雄勝エリアと仙台塩釜からも比較的近い奥松島エリアをご紹介! >2...

    奥松島・宮戸島周辺の堤防釣り場・防波堤ガイド[里浜、月浜、大浜、室浜]

    仙台と石巻の中間に位置し、釣り人に人気の奥松島エリアの漁港、堤防を紹介します! 2011年の震災後、復興工事が進んで月浜は海水浴場もオープン。被災地巡りの観光客は減少傾向ながら、嵯...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー