釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!
  • 春の室蘭 ボート&陸っぱりロックフィッシュ[サイファリストHRX2021新モデル使用]

    阿部書和 2021年5月8日 更新

    北海道のバレーヒルフィールドスタッフ阿部書和さんより釣行レポートが届きました。2021年5月発売予定の「サイファリストHRX」2021年追加モデルを使用し、室蘭沖ボートロックと堤防ロックを実釣しました!
    [2021年5月掲載]

    テキサスリグ
    【Valleyhill】TG SINKER 18 DROP SHOT 18g
    【Bait Breath】RUSH CRAW 2.8インチ / ワレカラ・サンドBP

    春の北海道でのロックフィッシュ釣行と合わせ、2021年5月末に発売を予定するサイファリストHRXプロスペックの追加モデルをご紹介したいと思います。


    室蘭ボートロックで春のロックフィッシュゲームを満喫

    4月中旬とはいえ朝の車載温度計の表示は1℃…、朝はまだまだ防寒着が手放せません
    寒空ながら快晴!室蘭港に跨る白鳥大橋を眺めながらの出船です。出発のワクワクはいくつになっても変わりません(笑

    まずは、外海に面する潮通しの良い岩礁帯エリアからチェックしますが反応は少なく、まだまだ海の中は冬の様子。日照が良く、日が昇るにつれ水温上昇が見込めそうな堤防エリアへ移動します。

    移動が功を奏し徐々に反応はでてきますが、やはり低水温の影響は否めず、食いは渋い状況…。ここで活躍してくれたのが、ソリッドティップを搭載しながらも、ミディアムヘビーのパワーを兼ね備える「サイファリストHRX CPRC-75MHS」。18gのフリリグに2.8インチの甲殻系ワームで早速HIT!

    低水温期の細身な個体ながら、立派なファイトをみせたアイナメ
    防波堤の基礎周りでのヒットも難なくキャッチ

    バレーヒル
    高硬度で感度に優れるタングステンシンカー。ドロップショットはテキサス・フリリグに

    ロッドの使用感としては、ストラクチャーに対し、撫でるような感覚でボトムをトレースでき、低水温期やハイプレッシャーのエリアでも、違和感のないバイトを誘導してくれるようなイメージです。また、ソリッドティップとはいえ、シンカーのスタックを外せる絶妙なハリも持ち合わせています。

    50cm級のアイナメを浮かせられる十分なパワーも備えます

    その後も、同パターンで連続キャッチ。

    細身ながらアベレージは45cmアップ
    やはり食いは浅く、ソリッドティップが活きます

    ここでサイズアップを図るべく、フリリグからブレード系リグのスイミングの釣りにシフト。ロッドは同じくCPRC-75MHSを使用します。

    ボトムにコンタクトさせながら、スローにスイミングすること数投、バイトがあっても即合わせせず、ソリッドティップがしっかり入るまで巻き続けてフッキング!

    今日イチのファイトであがってきたのは、これまでの個体と異なる丸々太った53cmのアイナメ!
    フリリグやテキサスリグでのボトムの釣りから、やる気のある個体を狙うスイミング主体の横の釣りにも相性◎のロッドです。
    【Bait Breath】CHERRY SPIN21g /オレンジゴールドE.T.SHAD 3.4インチ ニューゴビー

    帰港後、午後からは陸っぱりロックでHRXをテスト

    ここでボートロックは終了、午後はおかっぱりのおかわりロックです。

    使用するのは「CPRC-76MMS/RFF」。こちらもソリッドティップを搭載しており、”M”より柔らかいアクションながら、粘りのあるバットをもつオカッパリにうってつけの番手です。

    低レジン製法による軽量化と、ティップにはチタンガイドも搭載されており、7フィート6インチのレングスながら先重り感はありません
    左:従来モデルのCPHC-711L 右:CPRC-76MMS/RFF
    従来モデルと比較し、グリップは短く設計されており、ロッドエンドが肘の内側にあたらないため、繊細なアクション、テクニカルな釣りにも対応

    今回は、ベイトフィネスロッドの汎用性・機動力を活かし、最小限の装備でランガンします。

    ロッドにショルダーバック、「タモシャフト400HRXエディション

    バレーヒル
    磯ロックや堤防ロックを想定して設計された、サイファリストグリーンのタモシャフト
    個人的には、装備を最小限にするため替えスプールも持ち歩き、フロロカーボンライン・PEラインセッティング、どちらの釣りにも対応できるスタイルもお勧め

    港内をランガンし、5gのライトテキサスで岸際を転がすように探ると、待望のゴツッと重量感のあるバイト!

    本命!ではなく、クリガニをたらふく銜えたカジカでした…

    岸際のアイナメはお留守(?)のようで、残念ながらこの日はタイムアップ!追加モデルが発売される時期には、例年このパターンで良い魚に出会えています。

    5~7gテキサスリグ・フリリグにピンテール系の組み合わせ。
    【Valleyhill】TG SINKER 18 BULLET KANDO 5g
    【Bait Breath】AJ-R 3.3インチ / ダークグリーンパンプキンシード

    バレーヒル
    感度重視でボトムをなぞるように使いたい時に適するテキサスリグ用シンカー。
    岸際につく貝類や藻、ロープ等のストラクチャー付近が狙い目

    サイファリストHRXプロスペック追加モデルは2021年5月発売

    サイファリストHRXプロスペックの追加モデルは、上記の他にも、同じくソリッドティップを搭載した2機種(CPRC-72LS/RFF、CPRS-74LS/RFF)があり、こちらはバイトが出る前の違和感・魚の動きが感じられるほど繊細なティップを備え、水中の情報量を増やしてくれます。その他、新開発のブランクスで操作性と感度が向上したCPRC-73MMHも発売になります。

    好みの調整が可能なコンフォータブル・バランサーシステムも搭載。ロッドのティップ側を水平より下げてアクションさせる事が多い方にもお勧め

    今回発売になる追加モデルは、従来モデルの後継というより、従来モデルの番手の間を埋めてくれるような、また、手にするアングラーの釣りの幅を一層広げてくれるようなラインナップになっています。

    新型コロナウイルス対策は万全に、ぜひお好きなスタイルで理想に一匹を仕留めてください!

    ◆記事に書けない裏話や質問への回答はweb版 無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

    PROFILE:阿部 書和

    北海道在住 小学生の頃に父親に釣りを教わり、投げ釣り、ルアーフィッシングを始める。現在はショア・オフショア問わず、ロックフィッシングを中心に活動する。旅先で車中泊をしながら、様々なジャンルの釣りにチャレンジするのが趣味。
    [バレーヒル、ベイトブレスフィールドスタッフ]

     

    ※取材・テキスト/阿部書和

    関連カテゴリ

    関連記事

    「サイファリストHRXプロスペック」2021追加モデルをご紹介!

    登場以来、東北ロックフィッシュシーンで絶大な支持を得ているロックフィッシュロッド「サイファリストHRXシリーズ」(バレーヒル)。その上位モデルである「サイファリストHRXプロスペッ...

    サイファリストHRXシリーズ「HRX START」と「HRX PRO SPEC」が登場

    ロックフィッシュロッド「サイファリストHRX」にトーナメンターなど上級者向けのロングロッド「サイファリストHRXプロスペック」と、入門者から中上級者まで誰でも手にしやすい「HRXス...

    サイファリストHRX ロングスピニングCPHS-90Hと910H+の使い分けを解説

    フィッシングショーOSAKA2018よりバレーヒル「サイファリストHRX」シリーズを千葉正博さんが解説。 「サイファリストHRX CPHS-90H/CPHS-910H+」(バレーヒ...

    東北の磯、堤防のロックフィッシュに最適「タモシャフト400HRX」ランディングシャフト

    [adinserter name="202004WP記事内用"] 「タモシャフト400HRX」(バレーヒル) 磯、堤防に置いた時に傷つきいにくいランディングシャフト400 東北ロッ...

    ロッドプランナーのひとり言[第5回]サイファリストHRXニューモデル

    バレーヒルのロッド開発者、藤井伸二さんが月1回のペースでものつくりへのこだわりを語ります。 [ロッドプランナーのひとり言バックナンバー] [adinserter name="202...

    気仙沼ボートロック!シャローの良型アイナメ

      バレーヒルフィールドスタッフの千葉正博さんに同行。宮城県気仙沼周辺で行ったロックフィッシュ専用ロッド「サイファリストHRX(プロトタイプ)」のフィールドテストをお届けします! ...

    こちらの記事もおすすめ

  • 公式 Youtube

  • ランキング


  • 新着ブロガー

  • Facebook

  • スポンサー