釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

仙台&七ヶ浜の休日岸壁フィッシング!

和地一彦 2021年8月26日 更新

宮城県の漁港や岸壁に、ようやく釣り人の姿が戻ってきた。仙台港や七ヶ浜周辺の漁港でも場所さえ選べば竿を出せるようになり、産卵を控えて接岸した良型のアイナメ、カレイを狙えるチャンスの到来。※2011年12月掲載。

仙台港内には車で乗り付けられる岸壁も

久しぶりの釣行リポートになります、つりえさマリン仙台新港店のワッチーです!震災後、宮城県の漁港や防波堤はほとんどが津浪の被害に遭ってしまい、釣りどころではありませんでしたが、アイナメがのっこみシーズンに入ったことで、ちょい投げのファミリーやルアーマンの姿も見られるようになってきました。自分も何度か通って、釣り場の状況が大体つかめてきましたので、今回は仙台港や七ヶ浜周辺の釣り場事情をご報告したいと思います。

10月下旬に仙台広瀬キャスターズのメンバーと仙台港で投げ釣りをしてきました。現在の仙台港は片付けも大分進んで、フェリー着き場周辺の雷神埠頭、中野埠頭であれば車を横付けして竿を出せます。ただ、以前、釣り公園の桟橋があったところは陥没が激しく、近付くことができませんので、今まで中央公園付近で釣りをしていた方は間違えてそちらに行ってしまわないように注意してください。

例年、夏場の岸壁を賑わすイワシや青物が終わった後のこの季節は、アイナメ、カレイにハゼが混じる季節です。アイナメの乗っ込みが始まると、ちょい投げでも40cmを超す良型がきたりするので侮れません。ただ、今年はどういうわけかアナゴがとても多くて、濁りなどない日中でもアナゴがバンバン釣れてきます。この日もアナゴは80cmクラスを最大にかなりの本数が釣れました。マコガレイは35cm級が1枚。ハゼは落ちハゼのシーズンに入っているため、20cm超の良型ばかりです。それと、仙台港の周辺海域は仙塩浄化センターの被災により大腸菌群数の高い状態が続いていましたが、10月下旬からはその数値も安定し、今は安心して釣りを楽しめるようになりました。

今シーズンの仙台港はアナゴが絶好調!日中、濁りも無いのに、良型が釣れてきます
投げ竿が数本あるなら、2、3本を出して遠近に投げ分けると広い範囲を探れて○。ちょい投げ、探り釣りでもOKですよ
10月27日の一番大きいアナゴは80cmくらいもありました。夜に専門に狙ってみるのもアリ
仙台広瀬キャスターズのウェブ担当・中田さんはさすがベテラン、30cmオーバーのマコガレイも釣っていました
ハゼは深場に落ち始めるシーズンですが、釣れてくるのは20cmオーバーのいいサイズばかり

港内のアイナメはこれから期待できそう

七ヶ浜の吉田花淵漁港もカレイ、アイナメなどが狙える好釣り場

七ヶ浜方面の漁港でもハゼやカレイ、アイナメが釣れています。先日は吉田浜周辺で49cmのイシガレイが上がっていますし、40cm級ののっこみアイナメもポツポツ持ち込まれるようになってきました。そこで、11月24日は吉田花淵漁港の防波堤で投げ釣りです。

この季節、実はのっこみの大型アイナメをと期待していたのですが、釣れてきたアイナメは小中型のみ。お店に良型の釣果が持ち込まれるようになったのが11月中旬過ぎからなので、今シーズンは乗っ込みがちょっと遅れているのかも。多分これからよくなるんじゃないでしょうか。ハゼはこの日も20cm台のいいサイズばかりが釣れてきました。

ハゼは相変わらずデカいのが多かった
この日は仙台広瀬キャスターズの高橋さんと釣行しました
アイナメは小中型止まりでしたが、連日、良型の釣果が持ち込まれているのでサイズも期待できます

エサは定番のアオイソメを中心に、イワイソメ、マエバ、ユムシを使用しました。アオイソメをタップリと房掛けにするだけでも十分に釣れますが、アイナメの好物のイワイソメやマエバを一緒に付けるのも効果大。地物のマエバはいつも入荷しているわけではないので、お店に置いてあったらラッキー!ぜひ試してみてください。ユムシは大型のアイナメ、イシガレイを狙うときの特効エサです。

投げ釣りでは遠投して広く探れると有利なのですが、ノッコミシーズンのアイナメ、カレイは岸壁のキワまで大型が接岸することもあるので、ヘチの探り釣りやちょい投げでも十分に楽しめます。投げ釣りのときは藻やテトラなどの障害物周りを中心に狙うといいでしょう。ハゼは深場に落ちかけていますので、船道の近くなど、ちょっと深くなったポイントを狙うと大きいのが掛かりますよ。

仙台港、吉田花淵漁港のほか、松ヶ浜漁港では探り釣りでドンコ、アイナメ、メバルなどが狙えます。ソイやメバルは夜釣りもいいのですが、常夜灯が無いため、慣れていないと暗くて危険な釣り場も多いです。仙台港であれば、夜でも埠頭の灯りがあって明るいので、少しは釣りやすいかと思います。

このように、仙台港や七ヶ浜の周辺では、場所さえ選べば普通に釣りは可能です。自分は投げ釣りクラブの会員でもあるので、投げ釣りで狙いましたが、ちょい投げ、探り、ルアーいずれもイイ季節です。新港ではガザミなどのカニ類も釣れていますし、ちょっと遊ぶだけでも面白いと思います。皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね!!

上)持参したエサは、ユムシ、アオイソメ、イワゴカイ、マエバ。どれもつりえさマリン自慢の新鮮な活きエサです。下)エサをタップリ付けると釣果が全然違ってきますよ!ぜひ実践してみてください
上)11月19日に持ち込まれた41cmと49cmのイシガレイ。下)11月20日、マコガレイ40cmとアイナメ45cm。最新釣果は随時コチラにアップしています
つりえさ倶楽部マリン仙台新港店は完全復旧営業中!新港の釣り場の目の前で、周辺の最新釣果を訊きながら、特効エサや実績の道具類が手に入るお店。エサの活きと量には特に自信がある。同卸売センターでは遊漁船向けの活きマイワシも取扱中

[つりえさ倶楽部マリン新港店]
PROFILE:和地一彦

つりえさ倶楽部マリン仙台新港店店長。これまでは投げ釣り、ルアー専門だったが、ここ最近は船釣りの師匠について沖釣りも勉強中。お店でヒマそうにしているときは気軽に声をかけてみてください

 

取材・レポート/和地一彦
取材協力/つりえさ倶楽部マリン仙台新港店(仙台市宮城野区)TEL:022-786-3580

YouTubeチャンネル登録もお願いします!

?