釣行記

東北の有名アングラーらによる釣行リポート!最新の釣況情報、テクニックをカバー!!

E.T.シャッド新ウマ味登場!ボートフラット好釣 8目達成

編集部 2020年7月30日 更新

今シーズン新たに発売された「E.T.SHAD(エッグテールシャッド)3.4″ ウマ味配合シングルカラー」を手に、ベイトブレススタッフ陣が田代島・網地島周辺海域へボートフラット&ロック釣行!プレミアムウマ味の食いつきは最高で、マゴチ、ヒラメ、アイナメ、ベッコウゾイ、メバル、イシモチにシーバスまで快調に釣れてきた。

ベイトブレススタッフが田代・網地島周辺でニューアイテムをテスト

現行のE.T.SHAD3.4″の高い実釣性に、新たに開発したプレミアムな天然素材のウマ味を加えた爆釣フォーミュラー「E.T.SHAD(エッグテールシャッド)3.4″ ウマ味配合シングルカラー」がこのほどベイトブレス社より登場。今回は全9色の新色を駆使して実釣テストを行った。

この日は新製品のプロデュースに携わった中村さん、ベイトブレス社の谷野社長、雅人さん、そしてベイトブレスのフィールドテスターでもあり、当メディアでも頻繁にご協力いただいているオガP(Gatta?)こと尾形さんで宮城県田代島、網地島周辺のフラットフィッシュ、ロックフィッシュ、シーバス等を二日間にわたり狙った。

 
ベイトブレスフィールドテスター、東北のレジェンドこと中村勝さんが所有する船に乗り込み侍浜より出船

プレミアムウマ味配合「E.T.SHAD3.4″」

「E.T.SHAD3.4″(エッグテールシャッド)」は、東北のレジェンドこと、中村勝氏がプロデュースしたシャッドテールワーム。ボディのサイズ感といい、スイミングからフォールまでのテールの繊細な動きといい、魚へのアピール度は満点。また着底後の倒れこみ時に起こるナチュラルなアピールにこだわった渾身のシャッドテールだ。

トーナメントが開発の場となり、実戦で好結果を出してきたモノに、今回新たにプレミアムな天然「ウマ味」が配合された。究極のワームといっても過言ではない最終兵器ワーム、それが「ウマ味配合E.T.SHAD3.4″」だ。

対象魚はアイナメ、ソイ類、キジハタなどのロックフィッシュをはじめ、マゴチ、ヒラメなどのフラットフィッシュ、シーバスなどにも高実績。フィッシュイーター全般に対応できる。

リグはテキサスリグやダウンショットリグ、ジグヘッドリグなど様々な形状にマッチ。背中部分に設けたスリットにより、フックを真っすぐにセットしやすく初心者でも簡単に扱うことができる。

ワームの特長はサイドのリブによる波動を発生。スイミングで使用した場合は、ゆらゆらとイレギュラーな動きをする。ワーム着底時と、その後の倒れこみ動作でバイトを誘発する。

今回使用したソフトルアーは、レジェンド中村勝さんがプロデュースした新製品のE.T.SHAD(エッグテールシャッド)プレミアムウマ味配合。シングルカラー全9色。パッケージは型崩れしにくいプリスターパック仕様
 
リグは開発中のジグヘッドを使用。エッグテールシャッド専用に改良され、テールのヒラヒラ感、テールの動きを活かせる形状になっている。またジグヘッドの頭の部分にもこだわりがあり、リトリーブしている際、浮いてくることがなく一定のレンジを保つことができるように施されている。レンジをキープできるジグヘッド。近日発売予定!!

プレミアムウマ味が炸裂!魅惑のフレーバーは食い込み抜群

初日、取材時に好調に釣れていたポイントに狙いを絞ってスタート。ちょうど潮止まりと重なり魚の反応は薄い状況だった。そんな中、最初にヒットしたのはベイトブレス社の谷野代表で40cm級のヒラメに苦笑い。

 
 
 
スタートフィッシング。しかしながら、ちょうど潮止まりと重なり魚の反応は薄い。そんな中、ファーストヒットはベイトブレス社の谷野代表。潮止まりからのヒラメ狙いが見事的中。サイズが小さかったため記念撮影後、やさしくリリース
 
 
潮止まりから潮が動き始めた瞬間、バタバタとスイッチオン。やや喰いは浅いがアタリが頻繁に出始めた。ウマ味効果でガッチリフッキング
 
操船の合間に竿出ししていたレジェンド中村さんもヒット。「いいね、ウマ味が効いてるよ。マゴチのバイトが全然違うよ。食いっ気ありすぎ」とご満悦。中村さんオススメのフックは、がまかつ「セオライズ オフセット WG-M(ワイドギャップ)」1/0、2/0。究極の掛かりのよさを追求したワイドギャップ(ゲイプ幅が、同レングスのフックと比べ最長級)が特長。深く食い込み、掛かりやすい

がまかつ(Gamakatsu) バラ セオライズ オフセットWG-M (NSC) 1/0

前週の激渋状況から復調、ウマ味効果かその後も好釣果が継続した。サイズは40cm前後がアベレージ。今後のサイズアップに期待
釣り上げたマゴチが吐き出したシャコエビ

デイゲームのマゴチに効くカラーを谷野社長が紹介

新フレーバーは豊富なカラーラインナップであらゆる状況にも対応できる。メンバーは全9色を駆使して釣果をたたき出したが、後半は白っぽいカラーの反応がよかった。

ピーカン時のカラーについて谷野社長は、「日中の日差しが強い状況ではナチュラル系のカラーを意識すると良い場合があります。『UVパンプキンマジック』はUV(紫外線)に反応するカラーで、水中ではうすいグリーンに見えます。さらに細かいラメが光って誘いにもなるカラーですので、日中のマゴチに試してみてください」

谷野社長UVパンプキンマジック解説
 
 
少し休憩も兼ねて田代島へ上陸。休憩で入港したはずなのに。。。皆さん陸っぱりでキャスト開始。ちなみに結果はノーヒット
 
充電後、実績ポイントを狙い撃ち。梅雨の合間の久々の日差し。魚の活性は落ちることなくコンスタントに釣れ続けた。マゴチにヒラメ、ベッコウゾイにメバルとゲストも豊富。高いポテンシャルを持ったアイテムにウマ味と匂いを配合したことでパワーアップしたことは一目瞭然だった
中村さんのロッドが大きくしなり、グイグイとラインが吸い込まれていく。これは大物の期待!!上がってきたのは50cm台後半の見事なマゴチだった。ワームカラーはシャンパンゴールド
 

フラットフィッシュ、ロックフィッシュ+シーバスなど8目をキャッチ!

そろそろ帰港時間が迫るなか、最後に沖合の牡蠣棚に着いているシーバスを狙った。中村さんの1投目からヒット!ガツンとドラグが鳴り響いた。

マゴチ仕様にしていたためライトなタックル。ラインも0.6Lbで慎重にやり取りせざるを得ない状況だったが、見事にシーバスをキャッチした。

中村勝さんシーバスファイトシーン
 
無事にランディング。60cm級のシーバスを見事キャッチした

今季の石巻周辺のフラットフィッシュは6月頃から上向き始め前半好調も中盤ピタッと釣果が少なくなりポツポツ。取材時はやや低調なタイミングながら8目を釣り上げることができた。

この日はシャローをメインに回ったが、翌日はディープ寄りの魚もちょっと狙ってみることに(2日目の釣行記へ続く)

◆記事に書けない裏話や質問への回答は無料メルマガ(毎月25日発行)で配信中!

※取材協力/ベイトブレス

Bait Breath(ベイトブレス) ワーム T.T.SHAD 3.2インチ S353 KHクリアーオレンジ.
Bait Breath(ベイトブレス) ワーム エッグテールシャッド 3.4インチ 941 マジックシャッド

マジックシャッドはツートーンモデルです
 

関連記事

ベイトブレス「Gスティック」3インチが登場!

「Gスティック3"」(ベイトブレス) 竹Gプロデュース!カバー撃ち専用スティックベイト   竹内俊美プロ(竹G)の愛称からGの名を付けられたスティックベイト。従来の4イン...

E.T.シャッドとフィッシュテールリンガーにツートンカラーが登場

ベイトブレスのエッグテールシャッドとフィッシュテールリンガーに2トーンカラーが追加された。 エッグテールシャッド(E.T.SHAD)     石巻のレジェンド中村勝さんのこだわりが...

究極の虫系ワーム「ゲッターバグ2インチ」来春発売予定

「Getter Bug 2in(ゲッターバグ)」(ベイトブレス) 手足触覚パーツが絶妙な波動を発生     独自発想のワームを多数リリースしているベイトブレスより、長年の構想を商品...

ロックフェス雄勝波板優勝・バレーヒルチームが磯ロック&防波堤ロックを分かりやすく解説!

楽しいショアロックゲームを演出 Vol.2 2015年12月6日(日)に開催された「第1回 ロックフェスティバルin雄勝波板」の団体戦優勝チーム、バレーヒル・ベイトブレスチームのテ...

「エクスライダーシュリンプ」エビ類の後退動作を再現

  「エクスライダーシュリンプ」(ベイトブレス) 井上泰徳プロプロデュースのバックスライドワーム ベイトブレスのバックスライドワームの新製品「エクスライダーシュリンプ」。テナガエビ...

スイミング~着底後の動きにまでこだわった「エッグテールシャッド」

「EGG TAIL SHAD 2.8"(エッグテールシャッド)」(ベイトブレス) ラウリー中村さんプロデュース   ベイトブレスフィールドスタッフ中村勝さんプロデュースの...