イベント情報とお知らせ

役立つ情報が満載!!東北各地のお得な情報、釣り関連のイベントを網羅!

震災からちょうど半年を迎えた9月11日(日)、釣船再開イベント(6月1日開催)に続く形で、標記の復興チャリティーイベントが仙台湾大型魚礁一帯を会場に開催された。宮城県釣船業協同組合が中心となった今大会には、宮城県内をはじめ隣県、中には東京、静岡県といった遠方からの参加者も見受けられ、総勢89名が塩竈まがき港に集結した。

当日は組合所属の8隻の釣船に分乗し、漁場到着後競技開始。15cm以上のマガレイ5枚の総全長(同着の場合は高齢者優先)で順位が争われた。エリアは仙台湾真沖の45mライン。数、型ともに安定した釣果が望める有名なポイントで、選手たちの期待が膨らむ。しかし、当日の状況は風雨に加え白波が立ちウネリがあるタフコンディション。正確なタナ取りが明暗を分けた。納竿は12時。帰港後、湾内の船上にて全長計測。最後まで自分のリズムをキープし、寄せる誘いを入れた選手が良型をダブル、トリプルと連発し上位に食い込んだ。
 

110911karei01.JPG
漁場到着後の6時45分、合図とともに各船一斉に競技が開始された

 
110911karei02.JPG
大会風景。ウネリの厳しい状況下、白熱したバトルが繰り広げられた

 110911karei03.jpg
荒天の中、時合いに入ると強烈なアタリが。重量感のある引きをこらえつつダブルのヒット連発

110911karei04.JPG
外道でハナダイ、アジ、サバ、ホウボウなどが上がっていた

110911karei05.JPG
5枚の総全長で争われた今大会。船長立ち会いのもと、思い思いの良型を取り出し真剣に測る参加者達


【大会結果】

優勝/小平幸男 164.5cm
2位/富永浩 160.0cm
3位/佐藤馨 159.5cm
4位/大竹英次 154.0cm
5位/八重樫勝弘 153.0cm
レディース賞/千葉ひろみ 141.0cm
大物賞マコガレイ/佐藤清志 35.0cm
各船中トップ賞/遊佐亨、澤井利夫、菅原照之
 

110911karei06.JPG
宮城県釣船業協同組合理事長のえびす屋・伊藤栄明さんが今大会の総評を述べた

110911karei07a.JPG
上)左から大物賞の佐藤(清志)さん、レディース賞の千葉さん、準優勝の富永さん、優勝の小平さん、3位の佐藤(馨)さん、4位の大竹さん、5位の八重樫さん。下)上位入賞者。各船トップ賞を獲得した皆さんも加わりパチリ

110911karei09.JPG
上)激戦を制し3位入賞を果たしたシンカーロボ開発者の佐藤馨さん。下)Sinker-ROBO Flash(シンカーロボ・フラッシュ)はLEDの光で魚を寄せる、まったく新しい発想、技術のオモリ。光を利用して魚を呼び寄せる漁の方法は多くあるが、オモリそのものをLEDで発光させる新しい発想から生まれた。幾度ものテストを繰返し、魚の反応が一番良い明るさにLEDを設定。レンズの表面に無数の細かな溝を入れることで、指向性の高いLEDの光をレンズ全体に拡散させることに成功した。また、ステンレス製ボディを採用するなど、環境指向の高まりのなかで、環境に配慮した素材を選んで使用している。
※株式会リバスト(TEL:03-5952-9391)

110911karei08.JPG
表彰式終了後には、各メーカーからの協賛品、釣船優待券など豪華賞品が当たる抽選会が行われ会場は大盛り上がり

※取材協力/宮城県釣船業協同組合、釣船えびす屋、ほか


登録日:
2020年3月2日