HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

イカ釣りで邪魔なサバの丸飲みを防御する方法

2015年4月15日配信 【HOWTO】 【編集部】

スルメイカ、ヤリイカなどのイカ釣りで厄介なのが、イカ角に食いついてくるサバの存在だ。サバに飲み込まれてしまったイカヅノ(イカジグ、イカメタルなども)は食道や胃に引っ掛かって、そのまま引っ張ってもまず抜けない。頭を落とすか腹を開いて取り出さなければならないので、大幅な時間のロスになるばかりか、ツノを新しいものに交換しないとノリが悪くなることもある。

飲み込まれてしまった場合は、サバの頭を落として解剖してやるのが一番。ちゃんと切れるナイフや料理バサミ(100均商品でOK)を用意しておくといい

サバ対策としては、サバの群れのいるタナを素早く通過させるか、サバの食いにくいタイプのツノにしたり、サバを寄せる光り物を外したりする方法がある。また、イカヅノに装着することでサバがハリ掛かりすることを防ぐ「ツノヒゲ危機一髪」という商品があり、このアイテムを使えばサバを避けつつイカは乗せることができる。

ツノヒゲ危機一髪(数吉漁具)

【基本装着法】

【応用装着法】