HOWTO

色々な釣りの基本テクニックから裏技、おすすめアイテム、新製品など‥知っておくと得をする情報を集めたコンテンツです!

岩手沿岸釣行時に立ち寄れる日帰り温泉、温浴施設[釜石・山田・宮古]

2016年11月11日配信 【HOWTO】 【編集部】

岩手沿岸への釣行時、冷えた体を温めてくれる温泉、温浴施設をご紹介!岩手沿岸は高温で湧き出る温泉は無いものの、山田、宮古地区は鉱泉が豊富な地域です。

岩手沿岸南部(大船渡・陸前高田編)はこちら

JR東日本ホテルズ フォルクローロ三陸釜石(釜石市)

[画像:公式ページより]

釜石駅前にあるJR東日本系のビジネスホテル「ホテルフォルクローロ三陸釜石」。ここでは7階の大浴場で日帰り入浴が可能。内湯は人工温泉、展望露天風呂もあり。

■入浴料:500円(税込み)
※タオル販売あり
■営業時間:12時半~18時
■TEL:0193-38-5536
公式ページ

ホテルシーガリアマリン(釜石市)

[画像:公式ページより]

釜石ロックフィッシュ大会の本部会場がある平田地区近くの「ホテルシーガリアマリン」。ここではトロン温泉(人工温泉)を日帰りで利用可能。国道45号線沿いに立地し、沿岸の漁港、磯に釣りに行った帰りに立ち寄りやすい。

■入浴料:大人500円、小学生以下300円、幼児無料
■受付時間:10時~21時
■TEL:0193-26-5111
公式ページ

光山温泉・岳泉荘(山田町)

[画像:山田町観光協会より]

山田町の大沢地区から少し山側に入ったところにある鉱泉。泉質は天然ラドン温泉で、皮膚病などに効果がある。日帰り入浴と宿泊も可能。

■入浴料:大人480円、中学生430円、小学生220円
■受付時間:8時~21時
■TEL:0193-82-2314
山田町観光協会

嶋田鉱泉・ニュー嶋田荘(山田町)

[画像:山田町観光協会より]

山田町から宮古へ向かう途中の国道45号線沿いに看板がある鉱泉。宿泊、日帰り入浴ともに利用可能。弱酸性の冷泉を薪で沸かしていて、熱めのお湯は釣りで冷えた体に効き目抜群。

■入浴料:中学生以上470円、2歳~小学生260円
■TEL:0193-86-2355
山田町観光協会

旭湯(宮古市)

[画像:公式ページより]

1965年創業、宮古市街地の歴史ある銭湯。炭酸カルシウム温泉を導入している。炭酸カルシウム泉は皮膚病や肩こり、神経痛などに効能あり。

■入浴料:大人420円、中人150円、小人70円
■営業時間:午後1時~午後9時(月曜定休)
■TEL:0193-62-4668
公式ページ

横沢冷泉・静峰苑(宮古市)

[画像:かわい元気社サイトより]

国道106号線から早池峰山方面へ数分のところに立地し、閉伊川釣行や早池峰登山のついでに寄る人も多い冷泉。フッ素を含む泉質で、腰痛や関節痛などに効果を期待できる。

■入浴料:大人510円、小学生以下200円
■営業時間:午前10時~午後7時(火曜定休)
■TEL:0193-74-2444
かわい元気社

湯ったり館(宮古市)

[画像:宮古市サイトより]

閉伊川沿いの「リバーパークにいさと」に隣接する温浴施設。お風呂はヘルストン泉など5種類の湯とサウナが楽しめる。宿泊も可能。河川敷には「閉伊川オートキャンプ場」もあり、4~10月はキャンプもできる。

■入浴料:大人500円、小人100円、幼児無料
■TEL:0193-72-3800
宮古観光文化交流協会
宮古市サイト